2016/11/17

フル導入で迷惑イベント化…? ぐんまマラソンを考える  トレーニング日誌

衝撃的なタイトルですが…

先日前身の「ぐんま県民マラソン」の発祥にも携わった知人から
以下のご指摘をいただきました

自身がフル化を推奨していた身として…
そして前身の「県民マラソン」に参加したことをキッカケに
大袈裟ではなく人生を変えた身として…

ここ数日は身が引き裂かれるような思いでした

------- 以下引用 -------

昨年に引き続き、今年も「ぐんまマラソン」に対する苦情、不満が聞こえてきました。

昨年からフルマラソンを導入したため、ルート設定に関係する市街地が広がりました。

交通規制の対象となる市街地エリアも拡大したわけですが、そこに住む方々にとっては、非常に行動しにくい結果となりました。

〜 中略 〜

ぐんまマラソンは元々、「ぐんま県民マラソン」という名称でスタートし、四半世紀の歴史を刻んで来ました。

大会の趣旨はその名前にも表れているように、「県民」の健康増進の一環です。

25年目に当たる昨年からフルマラソンを導入し、今年は名称も「ぐんまマラソン」に改めました。

県内外問わず、ランナーがより参加しやすい環境に、ということのようですが、その結果、県民のためという趣旨は脇へ追いやられることとなりました。



全文はこちらから ⇒ http://blog.gotoarata.jp/?p=7540

この記事に対するfacebookの反応は

歩いている人のための交通規制にうんざり…
午前中は開店休業状態…

などなど…

一部の声だと思う方も居るでしょう…

ですが…

その陰には多数の無言の声があるように思えてなりません
「マラソンなんて自分には何のメリットもない… 迷惑だッ!」

悲しいことです…

でも何のメリットもないのでしょうか?

ボクはそうは思っていません

フルマラソンに挑戦するには
それなりにトレーニングを積まなければなりません

空いた時間をトレーニングに充てるだけでは間に合わなくなります
そこで日常の移動も歩いたり、走ったり、自転車に乗ったり…

人力で移動することによって、まちに交流が生まれます
人力で移動する人が増えることで、歩いて暮らしやすいまちが作られます
人力で移動する人が増えることで、道路が傷まず
その維持に係る費用が浮き
その分を障がい者や高齢者などの交通弱者の支援に充てることができます

個人的に「スポーツと健康」を関連付けるのは好みませんが…
人力で移動する人が増えることで、生活習慣病が減り医療費の削減につながります!?

長〜い目で見れば
きっとフルマラソンをやるメリットはその地域にあるのです

ですが…
多くの方にとっては雲を掴むような話であり
"今"には全く関係のないことです

でもそのメリットがあると信じるからこそ
ボクを成長させてくれた大好きなマラソン大会だからこそ

参加者だけではなく
地域の皆さまとともに愛されるマラソン大会であり続けて欲しいのです


さて、やっと本題
なぜ、苦情の声が増えてしまったのでしょう…?

そのひとつの原因がコース設定なのではないかと思います

これについてはボク自身コースが決まった時点で危惧していました
(http://green.ap.teacup.com/training/1943.html)

新前橋駅から南方に拡がる
21km〜35km地点に囲まれた地域(黄色く示したエリア)
クリックすると元のサイズで表示します
35km地点の交通規制開始が10:35(先頭が通過)
21km地点の交通規制解除が12:20(最後尾が通過)

ってことは
約2時間に渡り
このコース上はランナーが数珠繋ぎ…

まさに陸の孤島と化すわけです

さらには最後尾のランナーが通過するまで交通規制は続きます…

実際、ボクもこのコース上を走っている祭
交通整理員と口論する方を目にしました

そもそも市民マラソンの関係者なら誰もがわかることなのに
なぜ誰も気付かなかったのか?

なぜ広く意見を求めなかったのか…?

色々と疑問はあるものの
コースを大幅に変更となると
またまたコストが嵩みますし
ボクのような立場ではどうすることもできません

でも黙って指を咥えているわけにも行きません

そこでひとつの提案

上の黄色いエリアの周辺の皆さまにサンクスレター(ハガキ)を送付してみてはいかがでしょう?

もちろん全ての住民に送るのは現実味がありませんから
住民自治の拠点「公民館」宛に…

文例として

○○公民館長殿

先日「ぐんまマラソン」に参加させていただいた者です。
周辺住民の皆さまには、絶好の行楽日和の中、たいへんなご不便をお掛けしました。
皆さまのご協力のもと、自分なりに納得の走りでゴールすることができました。
この機会をいただきましたことに心より感謝いたします。
ご協力いただいた地域の皆さまにも、よろしくお伝えくださいませ

で、走っている姿の画像を添付したり…

ちなみにフルマラソン定員が5,000人
その1%でも50人
このエリアに隣接する公民館は高崎4件、前橋1件の計5件

ってことは1件当たり10通は届くわけで…

それがどうした…?
と思われる方も居られるとは思いますが

同じフルを走ったボクの知人の女性が
応援の方々に、ずぅ〜ッと「ありがとう!」と言いながら走っていました
感動しました!

みんな、感謝している(と信じたい!)

その声を応援している方にだけじゃなく
広くご協力いただいた地域の皆さまに伝えてもいいんじゃないかな?

ランナーの皆さん、どうでしょう…?


さらには「指導者」(個人的に好まない呼称ですが…)的な立場として…
恐らく、フルを走った方の中には
ボクのようなスポーツ等の指導に携わる方も居られることでしょう

そのような皆さんへの提案です
「ぐんまマラソンご協力感謝〇〇教室」なんて開催してみては如何でしょう?
もちろん無料で…

まずは自らね…

『沿線住民の皆さまへ
 先日の"ぐんまマラソン"では
 長時間に渡りご協力いただき、ありがとうございました

 一参加者として
 僅かばかりではありますが
 皆さまのご協力に恩返しさせていただきたいと願っています

 ボクは日頃、「ウォーキング」「ダンベル体操」の指導に携わって居ります
 住民の皆さまにご要望がありましたら、是非ともお声掛けくださいませ
 感謝の気持ちを込めて無料で伺わせていただきます』


どうでしょう…?
ご用命の方あ居りましたらお気軽にお声掛けください

拙い提案まこしれませんが
まずは自らの立場でできることを

走った方も、走らなかった方も
みんながに嬉しいマラソン大会であり続けることを願って…


とりあえず今日はここまでね…

早出が続きサボりがちの朝ランは寝坊で30分
でも一歩踏み出せたことに満足満足!

毎週木曜午前は"リバーフロントランニング"
画像は拠点の前橋南町公園
秋ですねぇ〜♪
クリックすると元のサイズで表示します


今朝のトレーニングメニュー
 ・体幹トレーニング (2種目 各12回×1)

 ・30分ジョグ
   広瀬川河川敷コース(竜宮橋〜栄橋)1周+α(5.5km) 31分08秒
    周回コースまでの500m:2分56秒 (5分52秒/km)
    周回コース:25分32秒 (5分38秒/km)
    周回コースからの500m:2分41秒 (5分22秒/km)


◇◆◇ 11月の累計走行距離 75.5km ◇◆◇

1



2017/10/20  20:57

投稿者:ひらりん

県民の一人さん

コメントありがとうございます
該当地域に住まわれている方のご協力、心より感謝いたします

フルマラソン導入、コースが決まってから
ずっと危惧していました

"ぐんま"マラソンなのですから
前橋、高崎に拘る必要ないんですョね
赤城の山麓巡るとか…

ただ悲しいかな
ボクにはなんの影響力もありません…

ただただ、地域に住まわれている方々の多大なるご協力のもとで開催されているということを
多くの方に発信して行くことしかできません

すみません…
こんなことしかできなくて…

2017/10/13  14:20

投稿者:県民の一人

15:00迄規制なんて長過ぎる。朝迄ならまだ我慢出来たが。もっと田舎でやって欲しい。引越ししてしまいたい。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ