こんにちは。こいでと申します。 急性リンパ性白血病で2010年の夏に骨髄移植をした夫の様子と、その嫁のつぶやき日記です。彼も病院のスタッフも精一杯頑張ってくれたのですが、2011年10月に力尽きました。 「死ぬのは怖くもないし、悲しくもないんだけど、ただシンプルに、残念だなあと思う。」忘れられない一言です。  → 闘病&その後は「お絵描き病院日記(〜2010)」+「ゆっくり歩く話」でどうぞ。
2013/11/23 | 投稿者: こいで

三回忌を済ませました お久しぶりです
早いものですね
あっという間に また雪の季節です

家に寄ってくださる方々は 必ず彼に声を掛けてくれるんです
気配はすっかり薄くなってしまったけれど
やっぱり居るんでしょうねえ

書籍も洋服も減らしてはいるのですが 思い出が濃いものはなかなか手放せないものです



お墓は結局保留したまま 若者1が家を離れる前の話し合いで
「俺が もう少しカタチになるまで待って」



私は彼と一緒なら 何でもいいんです
たとえお墓というカタチがなくても

ゆっくり3人歩いています
有り難いなと思う気持ちは全方向です
3

2012/8/12 | 投稿者: こいで

盆なので ご縁のあった方達がぽつりぽつりと来て下さってます


ありがとうございます
でも多分 多分ですが彼 オリンピックを見に行ってると思います
そして さらに多分 ですが サッカー会場にいるような

あのスタジアムに歩いていけるところに 昔住んでいたので そんな気がするんです



お向かいのおじいちゃんが
迎え火を焚かなくていいんだよと教えてくれました

家にいるだろ?って




お墓に入れるのは 若者1が成人したらにしようと思います
きっと彼だって 若者達を側で見ていたいと思うから

私もその方が安心





このブログを 今日をもって締めようと思います
時々管理には来ますので 何かありましたらコメントを残して下さい

ここでご縁のあった皆様
ありがとうございました
家族3人 これからも彼との思い出を毎日笑いながら話して
過ごしていこうと思っています 


皆様に これからもたくさんの喜びが訪れますように

管理人 こいで

8

2012/7/7 | 投稿者: こいで

7月ですね
今年は雨の少ない梅雨で終わってしまいそうな気配です
昨日今日は降りすぎて電車が止まったりしていますが
振れ幅いっぱいに行ったり来たりするような空模様


夏に彼のしのぶ会をやっていただけるようで 忙しい中で会を企画して下さっています
コメントを といっていただいていますが 
お礼の言葉で言い表せないほどの感謝の気持ちをどうすれば

ちっちゃい頭で考え中です


来ていただいた方に このブログを読んでいただくのもひとつの方法かな とも思ったり


今年の夏は去年の夏よりつらいです
去年はちょっと希望の持てた時期だったから
思い出しては 涙が止まらなくなります

バーベキュー用に買ったテントはたたんで物置にしまったまま
じりじりする日差しの中 テントの足場用にと ふたりで置いたブロックは庭に残されたまま

あんなに大きな人だったのに
こんな小さな木の箱にはいっちゃうんだもん
なんか ずるい

7

2012/6/18 | 投稿者: こいで

手作りなのかな?

義弟が預かってきた紙袋の中に入っていたのは メッセージとお菓子でした



彼とご縁のあった方のとても短いメッセージ それは

「私を信じてくれてありがとう」

というものでした


私は彼とその方の間に 何があったのか分からないけれど
彼のスタイルでその方に関わったに違いない事だけは 分かりました

ウソをついて誤魔化すことは絶対許されない
正直に話してくれたら それでいいんだ

これは彼がずっと柱にしていた 人との関わり方



誰かが彼のことを覚えて思っていてくれるのが嬉しい
だって彼は意外なほどの寂しがり屋だったから

寂しがり同士の夫婦だったから 我が家はお客様が多かったんだものね
ああでも今も 小さな仏壇の前のテーブルには たくさんのお友達がやって来てお喋りをしていきます
繋がりってありがたいよね
5

2012/5/22 | 投稿者: こいで

金環日食の写真をメールで届けてくれました
ありがとう


病室の彼は 星が大好きな人だったので 
私の友人ともすぐ仲良くなって
友人が帰郷したときには いつも3人でお茶を飲んでお喋りをしたものです

彼が居なくなった今も
友人は立ち寄ってお茶を飲んでお喋りをしていきます
小さな仏壇の前で



きっと朝からそわそわして
天体望遠鏡とカメラをセットしていたに違いない
それとも 職場でそこら辺を通ろうとした人達を捕まえて
強制観察会 かしら?


昨日はそんなことを若者達と話しながらの朝ご飯でした

丸いダイニングテーブルに映る欠けた太陽
ハムチーズトーストの乗ったお皿の横で 小さな穴を通した光でささやかな観察会
おおホントにTVで言ってたとおりだねえって


我が家でもちゃんと見てましたよ
貴方に解説してもらいながら 見たかったなんて ねえ?

クリックすると元のサイズで表示します
6

2012/5/14 | 投稿者: こいで

ここで日記を書かなくなってしまったのは 別の場所で別の日記を書いているからです
すみません
気になってはいるんです

ここの閉め時を



彼の話題が出ない日はありません

日に日に彼に似ていく若者達を見ているのは いいものです
ああ この子達は半分が彼なんだなあと嬉しい気持ちになるんです


ちょっと前に 

彼に注いだ愛を半分ずつ君たちに注いでも良いかな?とご飯を食べながら尋ねたら

遠慮します! と若者1が笑って
うーん 4分の1なら と若者2が小さな声で答えて


忘れるわけがないじゃありませんか
今でも我が家の中心人物なんですから



先日帰国した義弟が会議の帰りに立ち寄ってくれた時

彼を離したくないのよねえと言った私に
いいんじゃない?この家が兄さんの墓だと思えば 家が大好きだったんだし と

そんなわけで お墓の件はまだまだ悩み中です


今日の日中は半袖でも過ごせました
朝夕はまだ暖房が必要ですが

今年の10月までは 何か書けることがあれば書きたいなとは思っています



もう5月なんですね 一緒に写真を撮った公園の八重桜が満開です
4

2012/4/21 | 投稿者: こいで

暖かい日が続いています
4月は新しいスタートライン
3人でよーい どん!です

若者1も2も楽しそうに学校に出掛けていきます
玄関まで送っていく習慣は今もそのままです

少しずつ進んで行く季節に 貴方だけがいないんですね
いない 訳ではないけれど



お絵描きをまたはじめて 色鉛筆立てを移動させるたびに
貴方につくってもらった時のことを思い出します

こんな感じかな と私が絵を描いて
貴方がのこぎりと金づちを握って

ちゃんと使ってるよ
色鉛筆同士のぶつかる音が 心地良くて好きだよ

見えてるでしょ?
今日もこんな感じです
3




AutoPage最新お知らせ