こんにちは。こいでと申します。 急性リンパ性白血病で2010年の夏に骨髄移植をした夫の様子と、その嫁のつぶやき日記です。彼も病院のスタッフも精一杯頑張ってくれたのですが、2011年10月に力尽きました。 「死ぬのは怖くもないし、悲しくもないんだけど、ただシンプルに、残念だなあと思う。」忘れられない一言です。  → 闘病&その後は「お絵描き病院日記(〜2010)」+「ゆっくり歩く話」でどうぞ。
Main | 初 »

今年

2013/11/23 | 投稿者: こいで

三回忌を済ませました お久しぶりです
早いものですね
あっという間に また雪の季節です

家に寄ってくださる方々は 必ず彼に声を掛けてくれるんです
気配はすっかり薄くなってしまったけれど
やっぱり居るんでしょうねえ

書籍も洋服も減らしてはいるのですが 思い出が濃いものはなかなか手放せないものです



お墓は結局保留したまま 若者1が家を離れる前の話し合いで
「俺が もう少しカタチになるまで待って」



私は彼と一緒なら 何でもいいんです
たとえお墓というカタチがなくても

ゆっくり3人歩いています
有り難いなと思う気持ちは全方向です
3




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。
コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ