隠居の独り言

 
行く川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。淀みに浮ぶうたかたは、かつ消え、かつ結びて、久しくとどまりたる例(ためし)なし。世の中にある人と栖(すみか)と、またかくの如し。玉敷の都の内に棟を並べ甍(いらか)を争へる、高きいやしき人の住まひは世々を経て尽きせぬものなれど、これをまことかと尋ぬれば、昔ありし家は稀(まれ)なり。或は去年(こぞ)破れ「焼け」て今年は造り、或いは大家(おほいへ)ほろびて小家(こいへ)となる。住む人もこれに同じ。所も変わらず、人も多かれど、いにしへ見し人は、二三十人が中(うち)に、わづかにひとりふたりなり。朝(あした)に死し、夕(ゆふべ)に生るるならひ、ただ水の泡にぞ似たりける。知らず、生れ死ぬる人、何方(いずかた)より来りて、何方へか去る。又知らず、仮の宿り、誰がために心を悩まし、何によりてか目を喜ばしむる。その主(あるじ)と栖(すみか)と、無常を争ひ去るさま、いはば朝顏の露に異ならず。或は露落ちて花残れり。残るといへども朝日に枯れぬ。或は花はしぼみて、露なほ消えず。消えずといへども、夕(ゆうべ)を待つことなし。     『方丈記より抜粋』  

カレンダー

2016年
← September →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

過去ログ

QRコード

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
1 2 3 4 5 | 《前のページ | 次のページ》
/60 
 
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ