剣岳北方稜線  剣岳周辺

 北鎌尾根以来久しぶりにヘルメットをかぶって剣岳の北方稜線を登ってきました。

 北方稜線は概して、登攀技術よりルートファインディングの勘と体力勝負のコースと言っても過言ではないと思われます。

 小窓王〜旧鉱山道取り付き間及び長次郎の頭付近は踏跡が交錯して分かりにくくなっていたため、濃霧の際は細心の注意を払ってルートを追わないとザイルを出すハメになるでしょう

 私はクライムダウンがヘタなので池の平小屋から登りのルートをとりました。私と同様、体力が落ちた中高年登山者は池の平小屋利用が良いと思います

黒部第四ダム・スタート地点
クリックすると元のサイズで表示します

黒部川下ノ廊下水平道
クリックすると元のサイズで表示します
一部河原を歩く箇所があり、増水時には不向き

内蔵助平へ向かう登山道より丸山東壁
クリックすると元のサイズで表示します
増水により登山道の崩壊が進み、木の根、岩角をつかみながらの急登が内蔵助平手前まで続く

ハシゴ谷乗越より剣岳
クリックすると元のサイズで表示します
命名のごとく剣沢へ下降するとすぐに数段のハシゴが現れる

仙人新道より三ノ窓雪渓とチンネ
クリックすると元のサイズで表示します

池の平小屋より早朝の裏剣
クリックすると元のサイズで表示します
小屋手前から池ノ平山の尾根に沿って水平道の明瞭な踏跡が展望台まで続いている。

旧鉱山道より対岸の大滝
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
逆コースの場合、この滝が見えたら小窓雪渓左岸上部の鉱山道取付きへ!直進は危険だ

鉱山道取付き付近より小窓雪渓と小窓
クリックすると元のサイズで表示します
2008年の遭難事故発生から一般登山者が安易に入山しないように、旧鉱山道のトラロープはすべて撤去された。
逆コースの場合、雪渓左岸の湾曲した地形部分が旧鉱山道の取り付き点でペンキ印が4箇所記され、右岸の落差の大きな滝が目印となっている
朝は雪渓がアイスバーン状態となっているので、自信の無い人はアイゼン、ピッケル類を持参したほうが無難か?

小窓王へ急傾斜の草付き
クリックすると元のサイズで表示します
小窓からしばらくは草付きの中に踏跡を追えるが、途中から岩と草付きのミックスした登降は踏跡が交錯している。
登りは小窓王直下の大岩を目指して斜上し、大岩下の急なルンゼ状の雪渓を渡り、大岩を回り込み150メートル直上すると小窓王岩壁基部に達することができる

クライマーの憧憬・チンネ・ジャンダルム
クリックすると元のサイズで表示します
この景色を見るために是非、晴天の日を狙って挑むべきだ

小窓王南壁とバンド
クリックすると元のサイズで表示します
遠目では凄いバンドだが、壁伝いに下れば問題なく三ノ窓下へ固定ロープで降りられる

池ノ谷ガリー
クリックすると元のサイズで表示します
池ノ谷ガリーも左壁のホールドを利用して直上すれば、さほど苦労なく大岩下まで登ることができる。
大岩は左側から越えすぐに対岸の草付き方向を目指すと踏跡があり、池ノ谷乗越に到着する。

50mの緩い傾斜の岩壁
クリックすると元のサイズで表示します
中央の岩溝を登った。池ノ平小屋の主人の話によれば「あっても20m」と言われたのでザイルを出して測ってみた。誰しも勘違いはあるものだ

チンネと八ツ峰
クリックすると元のサイズで表示します
4年も待った甲斐があり待望の光景を目の当たりにできた

長次郎の頭と剣岳本峰
クリックすると元のサイズで表示します
長次郎のトラバースバンドまではほぼ稜線伝いにルートを自由にとれる

源次郎尾根と立山
クリックすると元のサイズで表示します
遠方に槍・穂高まで見えた

トラバースバンド
クリックすると元のサイズで表示します
もののガイドブックによれば「外傾しており、かなり緊張させられる」とのことだったのでザイルを念のため持参した。まあ、備えあれば・・・程度であった

トラバース
クリックすると元のサイズで表示します
バンドは広い箇所で幅1.5メートルほどあり残置ハーケンに補助ロープが掛けられ楽に通過できる

剣岳山頂
クリックすると元のサイズで表示します
長次郎の頭から左下へルンゼに入る。
このあたりも踏跡が交錯していた。
本峰へは左に回り込むように岩を攀じれば簡単に山頂に立つことができる

カニの横這い
クリックすると元のサイズで表示します
鎖がなければザイルを出したくなるような一般道。北方稜線より登攀グレードは高い

雲海
クリックすると元のサイズで表示します
汗を流して登った人だけが見られる
41

2016/10/10  15:27

伯耆大山・撮影登山  四国、九州

中国地方の最高峰・伯耆大山

 大山は角閃安山岩を構成地質とし非常に脆く、主峰の弥山は昭和39年に1713mあった標高が融凍期に激しい崩壊を繰り返し現在1709mとなっている。
 標高800mの麓近くまで道路が整備され、無雪期なら小学生でも登ることができる。

2016/10/9 自宅-羽田-出雲空港-大山バックパッカーズ(泊)
自炊用具もあり登山基地として利用価値がある
クリックすると元のサイズで表示します

2016/10/10 伯耆大山登山&撮影-米子(泊)
円錐形の伯耆富士
クリックすると元のサイズで表示します

日本海が見える行者道分岐上の見晴し

クリックすると元のサイズで表示します

木の間より大山北壁
クリックすると元のサイズで表示します

6合目避難小屋より大山北壁
クリックすると元のサイズで表示します

色づき始めたナナカマド
クリックすると元のサイズで表示します

9合目付近より弓ヶ浜
クリックすると元のサイズで表示します

ダイセンキャラボクの赤い実
クリックすると元のサイズで表示します
日本の特別天然記念物に指定されているダイセンキャラボクはイチイ科の植物で、木の高さは1〜2m。根本から幹と枝が横に広く張っており、秋には雌木に赤く丸い実をつけます。

弥山山頂より剣が峰方面
クリックすると元のサイズで表示します

山頂付近のダイセンキャラボク純林
クリックすると元のサイズで表示します

元谷小屋より三鈷峰
クリックすると元のサイズで表示します

元谷小屋前河原より大山北壁・大屏風岩
クリックすると元のサイズで表示します

大山寺脇の金門
クリックすると元のサイズで表示します

2016/10/11 (泊)-出雲空港-羽田・帰宅
宍道湖
クリックすると元のサイズで表示します

出雲空港にて
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
WEBサイトの写真を参考に拝借しました。

崩落により主峰から剣が峰を経由する縦走登山は立ち入り禁止の措置がとられているため、写真の「剣が峰から槍尾根(たぶん)」の撮影はできない
クリックすると元のサイズで表示します
0

2015/11/14  21:03

畦ヶ丸  ハイキング

【行程】
1日目 実働時間3時間20分
 小田急秦野駅集合(マイカー)丹沢湖ロッジ−小川谷出合(1:40)同角沢出(1:40)小川谷出合−丹沢湖ロッジ(宿泊)
2日目 実働時間5時間
 ロッジ−西丹沢(0:35)本棚(1:20)善六ノタワ(0:55)畦ヶ丸(1:25)本棚P(0:20)下棚(0:25)西丹沢−中川温泉−小田急秦野駅解散

【個人装備】
雨具、防寒着、水筒、非常食(以上、必須)、ヘッドランプ、寝袋、タオル、洗面用具、着替え、嗜好品

【共同装備】
大なべ、コッフェル、ガス、カートリッジ、包丁、細引き、食器、割り箸、ライター、金網

【献立】
1日目 昼 行動食
     (行きのコンビニで調達)
    夜 煮込みうどん鍋
     (シャウエッセン×2、味噌漬肉×5、うどん×3、椎茸、ごぼう、人参、牡蠣、白菜、泡盛他)
2日目 朝 お雑煮
     (餅、ほうれんそう、なめ茸、なると)
    昼 カップラーメン
     (行きのコンビニで調達) 

クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/12/14  21:01

物語山  関東周辺の山

下仁田駅より荒船山へ向かう途中、西上州西部に位置する洒落た山名の物語山は、我々たる巌を誇る妙義山や高岩のような岩場もなく、その山頂を踏むことができる

西上州・物語山へ
クリックすると元のサイズで表示します
山はクマの棲家、出没するのは人間。
食糧、残飯を捨てないのは当たり前。
是非とも遭遇することのないよう鈴やホイッスルを携行されたい。


メンベ岩
クリックすると元のサイズで表示します
西上州特有の針峰

荒船山
クリックすると元のサイズで表示します
荒船と命名した人は感性にあふれている
要所にはビンク色のテープがあり迷うことはない・・だろう


物語山山頂
クリックすると元のサイズで表示します
鎖場はなく格好のハイキングコース。登山口より荒れた林道を登ること1時間弱で左の山腹に取り付く道標があり、踏み跡を追えば山頂に至る。
山頂からは妙義山や浅間山の眺望を楽しめる


クリックすると元のサイズで表示します
0

2014/10/19  22:08

冬の到来  剣岳周辺

新雪の白馬三山
クリックすると元のサイズで表示します
不帰I峰、U峰
クリックすると元のサイズで表示します
五龍岳北面
クリックすると元のサイズで表示します
高妻山、乙妻山と戸隠山
クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ