2018/6/19  10:15

最期 (小杉健治著)  読書暦

人の罪で逮捕されたホームレスが無罪を主張。弁護にあたる鶴見は、被告の無実を信じ裁判に臨む。だが、裁判員のなかに、被告を知っていたという人物が現れ、身分詐称疑惑が浮上。不審を抱いた鶴見が調査を始めると…。 2018年5月刊行
1



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ