合計:無料カウンター 本日:出会い系サイト 昨日:無料・出会い 出会いセフレ出会い系ライブチャット・比較裏dvd
デジカメのプリントは      オンラインラボ
温泉に入って心のリフレッシュ宿・ホテル予約ならじゃらんnet
ポチとよろしくお願いします! ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキングへ 拍手する

2009/6/16

東北フィッシングパークへ行って来ました!  Flyfishing
管理釣り場である東北フィッシングパークへ行って来ました。

東北フィッシングパークのサイト → http://www.tohokufp.jp/

9:00〜13:00の4時間で2,500円。平日割引。

平日、暇なのは私くらいで客は私一人。
誰に気兼ねする事もなく釣りをする事が出来ました。

タックル
ロッド  :HARDY Deluxe Classsic #6 9'00
リール  :J. Ryall Fly #6
ライン  :WF-6-F シンキングTYPET
リーダー :9ft 4X 
ティペット:5X

東北フィッシングパークにはポンドが2つあり、
1号池は、面積約5000u。水深は2〜4m
2号池は、面積約4000u。水深は2.5〜3.5m


先ずは1号池。水面近くに魚は見えるのでラインをウェイトフォワードにし、
ウィリーバガーのオリーブを付けて水面直下をリトリーブ。
しかし、フライに全く反応しない。
ここの魚は相当擦れているのだろうか?
もう少し深場を狙うためラインをシンキングに代えてみると、30p弱のニジマスが一発目で釣れた。(狙っているのは、このサイズではなく、もっと大物だ。)
でも、これ以降全く反応がない。
フライを変えたり、ルースニングにしたりとあれこれやってみたが全く反応がない。
自分の釣りのレベルが低いのかと考えてしまう。

水面下を狙っても反応がないので、ライズはないけどドライでやってみた。
そしたら反応があった。
大物が突然ドライにアタックしてきた。簡単にフライを持って行かれ、リーダとティペットの接続部で簡単に切れてしまった。

結局、釣りあげたのは30pクラスのニジマス3匹。大物はゼロ。

自分の釣りの下手さ加減にほどほど呆れてしまった。


今回の反省点
日頃、渓流で20pクラスのヤマメ、イワナしか狙っていないので、大物クラスの対応が出来ていない。ラインの接続部で切れてしまうなんて初歩的なミスだ。
それに、渓流のようなラインが短くてもよいような場合ではダブルフォルトもそれなりにできるが、ラインが長いとダブルフォルトが出来ない。
もっと、キャスティングの練習をしないと駄目だという事が分かった。

渓流ばかりではなく、たまには管理釣り場へも通わないと釣りのレベルを上げる事はできないという事も分かった。
渓流で釣っていればいいっていうのは、釣りのキャパシティを狭くしてしまっている。

3

2009/6/14

プレザント・ストライカー考察  Flyfishing
ドライフィッシングがメインの私にとって、今までニンフフィッシングはあまり興味がなかった。
だから、必然的にニンフフィッシングに対しての知識も興味はなかった。

でも、良く考えると釣りというものは、如何にして魚と対面出来るかという事だ。
そのためには釣り方の様々な方法を知識として習得していなければならない。
虫も飛んでいない時や渓魚が水面に全く興味がない時にドライフライを流しても魚と対面する事は難しい。それに釣り場の状況は刻一刻と変化する中ドライフライだけにに拘っていると釣果は上がらない。
釣りというものは、魚との知恵比べであり、今魚が何を考えているか状況を分析して、それに対応する釣り方をしなければならない。それが、釣りの本来の楽しみ方でないのか。
ということは、ドライフィッシングだけに拘ってはいられないと最近考えるようになった。
で、ニンフフィッシングの勉強をしていたら、プレザント・ストライカーなるものにであった。
これは、ハエ浮きのようなものをマーカーとするもので杉坂研二氏が考案したものらしい。
http://homepage.mac.com/kencube/kencube02/striker/top01.html

前に管理釣り場で丸ウキを付けて釣りをしている人に出会った事があるが、その時は邪道だと思いながらも、そういう発想もあるのかとある意味関心したところもあった。
釣り方は十人十色だし、その人なりに釣り方を考え、型にはまらず考案していくのは決して悪いことではない。
このプレザント・ストライカーなるものは、ある意味画期的な発想ではないかと思う。特に管理釣り場では有効ではないかと思う。(杉坂氏も管理釣り場用と言っている)
私はへら釣りもしたことがあるが、へらウキは当たりを敏感に捉えることができる。このプレザント・ストライカーも立ちウキなので当たりを敏感に捉える事ができると思う。この当たりを敏感に捉えるという事は、水面下での魚も動きをウキの動きによって知ることができるという事だ。
へら鮒釣りとは違うが、ウキの動きを見る釣りは止水の管理釣り場は楽しさを増してくれるかもしれない。

今度、管理釣り場でプレザント・ストライカーなるものを試してみようと思う。
1

2009/4/13

MTBでロングライドを目撃  自転車
今日、釣りの帰りに農道を通っていると、
サイクルジャージ、サイクルパンツ、サイクルヘルメット
そして、タイヤサイズは38以上あるMTBでロングライドを楽しむサイクリストに出会った。
この農道は、意外と勾配があるため、MTBではキツイような気がするが
清々しい顔で自転車を漕いでいた。
私の感覚では、
「やっぱりロードバイクでないと」
ロングライドは無理じゃないかと思うけど、
MTBでも格好をそれなりにして走っていれば何の違和感もなかった。

今月になって釣りばかりで自転車にも乗っていないので、
何かMTBのサイクリストをみたら
新鮮で、
花粉の問題を除けば、今はサイクリストにはイイ季節なのだろうなと思い、
そして自分では未だ持っていないサイクルジャージとサイクルパンツは必須アイテムだなと痛感させられた。
でも、ジャージとパンツを購入できずにいる自分がちょっと悲しい。

ポチとよろしくお願いします!
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ にほんブログ村 自転車ブログ クロスバイクへ 人気ブログランキングへ 拍手する
1

2009/4/13

2009/04/13釣行 ポケットとカガミ狙い  釣行記
天気は曇り空から快晴へ。気温22℃。水温10.5℃。

いつもの川に着いたのが午前10時ちょっと前、
今日は、いつもより上流である発電所の所から釣りを始めた。
この辺りから大石が並び、如何にも山岳渓流の雰囲気を漂わせてくれる渓相である。
ヤマメというよりはイワナが居そうなポイントである。

愛用の自作バンブーロッドにティペット6X、ブラックパラシュートを付けて釣り始めた。
今日の狙いは、「イワナ狙いでポケット」と「ヤマメ狙いでカガミ
今日は、ポケットのイワナ狙いでは全然駄目だったが、カガミ狙いは功を奏したようだ。
一発ではやはり出なかったが、何度かポイントにフライを流すと一度底石の影からアタックして来たヤマメでも釣り上げる事が出来た。
流れが複雑なのでフライをドラッグフリーで流すのは難しい。
自分でドラッグは掛かっていないと思っていても、渓魚側からみればドラッグが掛かり異物と思っているのだろう。しかし、何度か流しているとドラッグが掛からずに流れる場合がある。その時、やっぱり渓魚は出てきた。

クリックすると元のサイズで表示します
1匹目のヤマメ

クリックすると元のサイズで表示します
2匹目のヤマメ(22p)

クリックすると元のサイズで表示します
3匹目のヤマメ

クリックすると元のサイズで表示します
4匹目のヤマメ

クリックすると元のサイズで表示します
5匹目のヤマメ

クリックすると元のサイズで表示します
6匹目のヤマメ

クリックすると元のサイズで表示します
7匹目のヤマメ


この川で釣り上げる渓魚はほとんどが20p以下、それが標準サイズである。
20pを超えると大きさを感じる。
多分、この川は渓魚はいるが、
他の川に比べると堰堤が多いため、渓魚の行動範囲が狭く限られた範囲でした餌を捕食できないという事と
他の川に比べて水生昆虫が少ないというのが、
渓魚を大きくしない原因ではないかと思う。
とは言っても、尺ヤマメ、尺イワナがいない訳ではない。

ポチとよろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ 人気ブログランキングへ 拍手する
2

2009/4/13

オリエント・ハイブリット(ユリ)の芽が出てきました!  ガーデニング
昨年、鉢に植え替え及び植え付けを行ったオリエント・ハイブリット(ユリ)の芽が発芽しました。


コブラ           
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します

ティアラ          
クリックすると元のサイズで表示します


コブラとティアラを去年の植え付け記事




去年咲いたヤマユリとカサブランカの球根の植え替えをしたものも発芽しました。

クリックすると元のサイズで表示します
カサブランカ(木子繁殖)


クリックすると元のサイズで表示します
去年4輪の花を咲かせたヤマユリの球根
クリックすると元のサイズで表示します
上の球根の木子を鉢植えしたもの


中々芽が出なくて全て今年はダメかな、と思ったのですが、
発芽してくれました。
さて、今年は花をどのくらい咲かしてくれるでしょうか。
1
タグ: 山野草 樹木 自然

2009/4/12

2009年春を告げる花々  ガーデニング
毎年の事ですが、庭の木々が芽吹き、花々が咲き出すと春の到来を告げてくれます。
クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
イカリソウ           シャクナゲ

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
スイセン

クリックすると元のサイズで表示します クリックすると元のサイズで表示します
スノーフリーク        チューリップ


庭の土に栄養がないのか?自宅の庭の草花の咲くのが他の家より遅い。

ポチとよろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ 人気ブログランキングへ 拍手する



コメリのブロックで花壇作り
1
タグ: 山野草 樹木 自然

2009/4/10

2009/04/10釣行 流芯から出てきたヤマメ  釣行記
天気は快晴。気温18℃、水温10℃。
気温は釣り始めた時18℃であったが、釣りを終了した時はどんどん上昇し26℃まで上がっていた。
水温も10℃になり、渓魚達の活性も上がり始めているに違いない。
狙うポイントも今までとはちょっと変えなくてはいけないかもしれない。
先ずは、今までと同じ様な堰堤下を16番のパラダンで狙っている。
クリックすると元のサイズで表示します
反応はあるが、チビヤマメばかりでフッキングに至らない。
チビヤマメには16番はちょっと大きい様である。ちょっと大きいサイズを狙ってニンフを試してみるが、これは全く反応がなかった。

次に、フライを18番のブラックパラシュートに変更して、上の写真の堰堤の上を狙う。
クリックすると元のサイズで表示します

写真ではちょっと分かりにくいが、真ん中辺りに流芯があり、その脇にフライを落とし流してみる。
反応はある。しかし、フッキングする事ができない。
汗ばむきらい気温も上がっているので、もう一度水温を計ってみたら10.5℃だった。もしかしたら流芯にでているかもしれない。
流芯にフライを流してみたら、ヤマメが飛びついて来た。
クリックすると元のサイズで表示します

狙いを流芯に絞り、少し上流を狙う。
クリックすると元のサイズで表示します

その流芯から15p強のヤマメが飛び付いて来た。
クリックすると元のサイズで表示します



クリックすると元のサイズで表示します

白泡の際の流芯から出てきたヤマメ。
クリックすると元のサイズで表示します


風が出て来て、フライを思うポイントに落とせなくなったので今日は終了。
因みにこんな渓相である。
クリックすると元のサイズで表示します



今日の釣果はチビヤマメを含めてヤマメ5匹。
緩流帯ではなく、全て流芯で釣り上げた。


ポチとよろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ 人気ブログランキングへ 拍手する

GOLDWIN WEB STORE
アウトドア&フィッシング ナチュラム
1

2009/4/8

2009/04/08釣行 3時間でヤマメを7匹  釣行記
天気は快晴。気温18℃。水温9℃。

入渓する前にライズを探したが、ライズらしきものを見つける事もできなかったので
渓魚が溜まっていそうな落ち込みのプールに先ず入った。
クリックすると元のサイズで表示します
フライを何度か流していると、波と波との間にティンプル・ライズが確認できた。
盛期時のような二つの流れの交わるポイントで、注意して観察しなければ見落としそうなくらい小さいライズである。

クリックすると元のサイズで表示します
多分、ライズしていた渓魚だろう。先ず17p弱のヤマメをゲット。

2匹目を狙おうとまた同じポイントにフライを流したが、釣りあげたヤマメがライズしていたのだろうか。反応は全くなくなってしまった。
白泡の際にフライを落とし流れに任せ、フライが流芯に運ばれユラユラと波に乗って上下運動を繰り返しながれていると小さな魚体が現れた。
クリックすると元のサイズで表示します
2匹目ゲット。その後、上記写真のもっと左側の落ち込みでチビヤマメを2匹ゲット。

場所を移動。如何にもヤマメがいそうなポイントを狙いながら釣り上がって行く。
クリックすると元のサイズで表示します
この流れの真ん中辺りでこの日5匹目のヤマメをゲット。
クリックすると元のサイズで表示します


また、違う堰堤の落ち込みにたどり着き、しばらくライズがあるかどうかを確認していると2箇所でライズがあった。逸る気持ちを抑えて、フライを流す。しかし、何度流してもフライには反応しない。フライに見向きもせず違う所でライズを繰り返す。こちらも意地になってフライも変えずに流し続ける。すると、ライズが止まってしまった。
場を落ち着かせるために、岸部の切り株に腰を降ろして休憩する事にした。
腰を降ろして水面に目を凝らしライズを待っていると、眼の端に淡い紫が入って来た。
カタクリが春の陽射しを浴びて一輪咲いているではないか。
クリックすると元のサイズで表示します
本来、カタクリは半日蔭に咲くのものだと思っていたが、陽射しを遮るものもなく春の直射日光を浴びて元気に咲いている。思わず近寄ってカメラに収めた。
また、ライズが散発的に始まった。フライを流したが結局ヒット出来ず、場を変える事にした。

釣り上がって行くと、また堰堤である。
クリックすると元のサイズで表示します
ここでは、ポイリング・ライズとスプラッシング・ライズを繰り返す渓魚がいた。それ程大きくはないがヤマメのようだ。逸る気持ちを抑えて、ポイリング・ライズのあった場所の上流にフライを落とし、フライを流れに任せて流す、ヤマメがフライを食わえた。
クリックすると元のサイズで表示します

17〜18p程であるが、丸々と太っている。何にライズしていたのかを知りたくてストマックしてみた。
クリックすると元のサイズで表示します
フックサイズでいうと16番くらいのマダラカゲロウのダンとニンフ、それにマルツツトビケラのラーバを捕食していた。どうも、マダラカゲロウのダンにライズしていたようである。
フライをマダラの16番に変え、今度はスプラッシング・ライズしている方へフライを流した。ドラッグが掛かっているのか、どうもフライを見切って、もてあそんでいるのかフライを尾で跳ね飛ばすような行動をとっている。諦めずに何度かトライしていたらライズしていたのと違うチビヤマメがフッキングした。
クリックすると元のサイズで表示します


今日の釣果は、ヤマメ 7匹。
釣行時間3時間で7匹。まあまあの釣果である。


ポチとよろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ 人気ブログランキングへ 拍手する
1

2009/4/6

バンブーロッドとカーボンロッド  Flyfishing
私は自作の4番のバンブーロッド(トンキンケーン)と真竹のバンブーロッドを持っている事は前に書いた
あと、3番のカーボンロッドを2本持っている。
バンブーロッドを持っていない時はカーボンロッドを使用していたが、バンブーロッドを持つようになってバンブーロッドの使用頻度が多くなり、カーボンロッドはあまり使用しなくなった。
ところが、今年になってバンブーロッドを使っていると、2〜3時間していると肩の辺りに疲労感を感じるようになった。
年のせいなのか
それともキャスティングの仕方が悪いのか
どちらだか分からないが、
去年までは、バンブーロッドを使用しても5〜6時間キャスティングしていても疲労感など感じた事がなかったのに今年は違う。

確かにバンブーロッドとカーボンロッドを比較すると、バンブーロッドの方が重量はある。
重量も要因の一つではあると思う。

悲しいかな この状況だと、
これからはフィールドに持って行くロッドはカーボンになりそうである。


ポチとよろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ 人気ブログランキングへ 拍手する
1

2009/4/6

2009/04/06 釣行 カゲロウがハッチしているにも関わらず  釣行記
午前10時に釣り場へ到着。
天気は快晴。気温12℃。水温8℃。
平日という事もあって、フィールドに釣り人は私一人。
4番7ftのバンブーロッドに3番のフライラインをセット。
ティペットの先には16番のブラウンパラシュート。

先ず、今シーズン最初(4月1日)に入渓した場所に降り立った。
天気もよく、気温も高いため、前回(4月1日)に来た時と違って
水面上にはマダラカゲロウ、トビケラが僅かではあるが飛翔している。

流れの筋の緩流帯にポイントを絞り、フライを流していると、反応があった。
しかし、フッキングが浅かったのだろうかバラシてしまった。
別の同じような場所でもフッキングしたが、これもバラシ。
二度もバラシをしてしまった。
それ以降、フライを流しても全く反応がない。
水生昆虫も飛翔しているので、ライズがあるはずと思い。
休憩を兼ねて岸部の石に腰を降ろしてライズを待った。
暫くすると、カゲロウがハッチし出し、上下に飛翔している。
産卵活動だろうか、水面に近付いたかと思うと、また上昇し出す。
水面でもダンらしきものが数は少ないが確認できる。

クリックすると元のサイズで表示します
水面を飛翔している所をランディングネットで採取した
マダラカゲロウ



しかし、
水温が低いせいなのか
渓魚が水面の流下物ではなく水中のニンフを捕食しているのか
ハッチしているにも関わらず、ライズが全くない。

フライを何度か流したら、しばらくライズ待ちをし、またフライを流す。
これを何度か繰り返してみたが、依然としてライズはなく、反応もない。
一発で出てきそうな場所でも反応がない。
どうもドラッグが掛かっているようだ。
同じポイントを立つ位置を変えて、ドラッグが掛からないようにフライを流してみるが
やはり反応がない。
まだ、カゲロウのハッチは続いている。

大石の脇にフライを落とし、フライが流れに乗って流下してくれた。
これは出るだろうと思った瞬間、川底のヤマメが出て、フライを食わえた。

クリックすると元のサイズで表示します
23pのヤマメ


今シーズン初めての20pを超えるヤマメである。
このヤマメをストマックしてみたが、胃に捕食物は何もなかった。

フライフィッシングは、やはり難しい。
このカゲロウがハッチしている状況化で、本来ならばカゲロウのダンを捕食するだろうと思うが、渓魚は何も捕食していない。
(ライズもしていないのだから、ダンを捕食はしていないということか)
じゃ、ニンフを捕食しているかと思えば、それすら捕食していない。
このヤマメが、ただ単に捕食出来なかっただけなのかもしれないが、
渓魚の捕食状況が把握できない。

クリックすると元のサイズで表示します
2匹目に釣り上げた20p以下のチビヤマメ



今日の釣果は、ヤマメ2匹。
今日は頭を悩まされた、難しい釣りだった。



ポチとよろしくお願いします!
にほんブログ村 釣りブログ フライフィッシングへ 人気ブログランキングへ 拍手する
1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ