2017/2/26

クリスマスローズ♪  植物

17日,クリスマスローズ展の初日に見学に行ってきました.

ナーセリーさん別にイチオシや新品種や珍しい花形,葉色などの株紹介コーナーがあったり,原種コーナー,新花コンテストや個人育種家の自慢の一鉢・・・というコーナーもありました.

何となく思ったのは,今年の流行のひとつは超・多弁花なのかな・・・ということ.

それと,微妙なフリルや大型化,良い香り,今までのクリスマスローズらしさとは何か違う方向性.

育種家の夢がどんな花を生み出すのか,楽しみです.


たくさんクリスマスローズを見たせいか,今が花盛りのせいか,庭のクリスマスローズが気になりだし,じっくり眺めなきゃ・・・という気になりました.

年に1回の記録です.

クリスマスローズ展の影響その1.門扉横にクリスマスローズコーナーを作りました.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します
アイボリーのダブル,小輪多花.

クリックすると元のサイズで表示します
真っ白のシングル.

クリックすると元のサイズで表示します
バイカラーダブル,小輪多花.

影響その2

翌日に「ベイン」が欲しくなって買ってしまいました.
うすいピンクの線が走っています.
ピンクのスポットも.

値札の説明には普通花の特徴が書いてあるものですが,この花はただ一言「カワイイピンク」とだけ.

クリックすると元のサイズで表示します
「かわいい」という表現に惹かれて手にしてしまいました汗


庭の鉢植えたちも満開です.

クリックすると元のサイズで表示します
最年長です.15年以上・・・かな.今年は花数少なめです.

クリックすると元のサイズで表示します
きれいなピンク.この時期だけ目立つ場所.


クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
原種のオドルス.一番に咲いて,ずっと咲き続けます.

クリックすると元のサイズで表示します
この,濃いピンクの差し方,好きです.お気に入りのシングル

クリックすると元のサイズで表示します
マットなピンクパープルのバイカラースポットセミダブル.

いつも下を向いているのでなかなか見ることがない花の表情.

ちゃんと見て,「今年も咲いてくれてありがとう」と声を掛けました*^_^*





0

2017/2/22

ひっそりと  鎌倉

ふきのとう.
先日,全く開いていないつぼみを天ぷらで食べたばかりですが,鎌倉のお庭ではもう,やや花の盛りを過ぎたようです.

クリックすると元のサイズで表示します


あちこちに落ち葉がたまっているので,手で掻き出してあげるとそこには小さな花たちが春を告げるように咲いていました.

クリックすると元のサイズで表示します
タチツボスミレ

クリックすると元のサイズで表示します

キランソウ

クリックすると元のサイズで表示します

ノシランの実

そして,一番日当たりの良い芝生広場の法面では

クリックすると元のサイズで表示します

星の形のイフェイオン

カラスノエンドウの中で群生しています.

今日はブルー系の花や実が目につく日でした.
1
タグ: 古我邸

2017/2/21

花たちの饗宴  イベント

先日,ファンケル銀座スクエア10Fロイヤルルームで開催中の花の饗宴を楽しんできました.

ビルの10Fという空中庭園で,綾園芸さんのラナンキュラスや全国各地の個人育種家さん達が作出した素敵なパンジー・ビオラたちが出迎えてくれました.

森の中を迷い,ウサギやリスたちに導かれて行くと,ギリシャ神話の神々が花の姿を借りて集い,春を満喫しているところに出会った・・・・そんな様子をイメージしたそうです.

クリックすると元のサイズで表示します


森の動物たちも集まって・・・

クリックすると元のサイズで表示します


妖精も住んでいそうな小さな家.
手作りだそうです!!!

クリックすると元のサイズで表示します


ゴージャスなラナンキュラスの寄せ植え.
迫力ありますね.

クリックすると元のサイズで表示します


こんな感じで遊んでもいいんだなって思う.自由な雰囲気の寄せ植え.

クリックすると元のサイズで表示します


本物のマメをドライにした絵本・・・だと思います.

boxには更に小さな妖精達の世界.

こんなかわいい動物や妖精の世界を通り抜けて空中庭園に出ると,ラナンキュラスとパンジー・ビオラの饗宴で,育種家産別に展示されていました.

第一人者の川越ROKA氏をはじめとして,コオロギノブコ氏,「横浜セレクション」笈川勝之氏ヌーベルヴァーグやドラキュラのサトウ園芸等々,10人の育種家さんの代表作が一同に集まっています.

クリックすると元のサイズで表示します



実はやまめも個人的に好きな育種家さん達の苗.
園芸店で選り好んで,毎年お世話になっています.

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


久し振りに制作過程での熱意も伝わるような手作りの世界を見せてもらいました.

今週の金曜まで開催されています.

ご興味のある方は,是非(^-^)/
0

2017/2/20

春の味  グルメ・雑貨

今日の晩ご飯のおかずのテーマは「春を味わう」.

ということで,天ぷら作りました.

クリックすると元のサイズで表示します


こごみ,ふきのとう,つぼみな(初めて食べました.ブロッコリーに似ていました.),タラの芽,行者ニンニク,キス,いんげん,丹波のしめじ.

菜の花の芥子和え.

ふきのとう,ころっとした形のまま揚げてしまいましたが,ひとつだけ油の中で花が開いたようになって,苦みが少なくなりました.

もしかして全部事前に開いておくべきだったかも・・・・

yadoroku氏は,おいしいおいしいと言って食べていたのですが,やまめには苦かったなぁ×o×

春らしい味ですね.

1

2017/2/12

マーガレットアイビー  植物

先日,住宅街を歩いていたら,あるお宅の玄関先のブロック塀にマーガレットの花が咲いていました.

クリックすると元のサイズで表示します


ん?

でも,アイビーの間から?

何だかマーガレットにしては空中から花が飛び出ているようだし・・・???

???と思って近づいてよく見ると,アイビーからマーガレットの花が出ているのでした.

クリックすると元のサイズで表示します


アイビーでもマーガレットでもない!◎o◎

調べてみたら流通名はそのものズバリ,「マーガレットアイビー」

葉にワックスのような光沢があるためワックスアイビーとも言うようですが,アイビーはウコギ科なのに対し,こちらはキク科.

確かにキク科の花ですものね.




ワックスアイビー

キク科セネキオ属

学名:Senecio macroglossus

常緑性ツル性植物

花期:12月〜2月

別名:ケープアイビー,セネキオ・マクログロッスス

原産地:南アフリカ共和国





耐寒性がやや弱いらしいのですが,この家の這わせ方をみると,横浜あたりでは普通に冬越し出来るのかも.

乾燥に強く,過湿に弱いので,多肉植物と同じような条件が好みのようです.

ウコギ科のアイビーほど強くはなさそう・・・

売っているのは今まで見たことがないですが,霜に当てなければ育てたり増やしたりしやすそうな植物です.



1

2017/2/11

冬と春  鎌倉

今日は寒い一日でした.

ちょっとかじかみながら,鎌倉で庭仕事.

時々降ってくる何かをあまり気にしないで植え替えなどしていたのですが,急に白いものがたくさん降ってきたのでビックリしました.

ウッドデッキはみるみる白い粒で埋め尽くされそうに・・・

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


粒を触ってみると周りのふわっとしたところはすぐ溶けて,固い氷の粒になりました.

霰と雪のハーフ?

まだまだ冬なんだなぁ・・・と思ったら,法面にはタンポポたちが大きな花をちらほら咲かせて春の景色を作り始めています.

中には珍しいシロバナタンポポも.

クリックすると元のサイズで表示します


今週亡くなった専門学校時代の担任の先生が,一年の授業で西洋タンポポと日本のタンポポの違いについて教えてくれたことを思いだしました.

ここには先生が好きだったカラムシもたっくさん生えてきます.

先生の思い出はどれも植物とつながって,ずっと心に残っています.


1
タグ: 古我邸



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ