2017/12/26

落ち葉掃除  鎌倉

今日の鎌倉のお庭仕事は,今年最後の大掃除でした.
大掃除といっても,お庭なので降り積もった無限の落ち葉をひたすら掃き出すだけで精一杯でしたけど・・・

こういう作業に追われる日は,樹木のエネルギーを感じます.
今は眠っているけれど,これだけ多くの葉を枝の隅々まで着けて,その一枚一枚が樹木本体の命を支える光合成の舞台だったんだなぁ,すごいことだなぁ・・・ともみじもみじもみじ



落ち葉があると,花壇が汚い,という人がいます.

確かに完璧になくせたらさっぱりして良いなと思うのですが,鎌倉のお庭のように木々に囲まれている場所では至難の業です.

やまめの中では,落ちていても気にならないものと見苦しいなと思う葉っぱがあります.

嫌だなと思うのは,固くて大きなもの,白っぽくて煤けたように見えるもの,ふんわり積もっているのではなく,ぺたっと地面にへばりついてしまっているもの.
漂白されたような白っぽさで他の葉から浮きまくっている笹・竹の類,です.

冬も緑でいる植物の上に降り積もりすぎると,全体がぼやけて物寂しいような景色になってしまいます.
頑張って払拭することで芽が出かかっているスイセンやクリスマスロースが目立ってくるのです.

クリックすると元のサイズで表示します
花が咲きそうな気の早いクリスマスローズも発見



小さめの柔らかそうな葉は,少しだけビオラ達の根元にマルチングとして残しました.
暖かい日差しでビオラ達の花びらが透けていつもより一層美しく感じます.

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


夕方まで雲がほとんどないすっきりした空だったので,帰りに富士山のシルエットがくっきり見えました.
何か良いことがありそう・・・*^_^*

クリックすると元のサイズで表示します


新しい年もこんな景色が見られるように頑張ろう.


1
タグ: 古我邸



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ