2009/9/23

平成21年9月5日 野呂山  野呂山

野呂山へ登った。

どんどんコースを十文字ロータリーまで行く予定だ。どんどんコース別れまでのハス畑の付近にツリガネニンジンがあった.

ツリガネニンジン  キキョウ科ツリカ゜ネニンジン属  釣鐘人参

花がお寺の梵鐘に似ている。 昔は、お寺の鐘は時を告げる為に決まった時間にも鳴っていた。それだけ一般の人には身近な存在だったと思われる。身近にこの花を見れば釣鐘を連想したに違いない。

人参は、朝鮮(高麗)人参で、命に係わる病気の万能薬的存在で有った様で、ツリガネニンジンの根が、朝鮮人参によく似ていることから、この名前になった。

釣鐘人参の根にそっくりな、中国の薬に、沙参(しやじん)という生薬が在り、ツリガネニンジンに似た花にシャジンの名を付けた。

クリックすると元のサイズで表示します

カタバミ  カタバミ科スイモノグサ属  「傍食」(スイモノグサ)

日が陰ったり、夜になったりすると、ハート型の葉が折り畳んだ様になり、半分無くなった様になる。半分食べられたようになるので、傍食(かたばみ)の名が付く。

クリックすると元のサイズで表示します

アリさんが、花の蜜を狙っているのでしょうか?

キツネノマゴ  キツネノマコ科キツネノマゴ属  狐の孫

花穂が出来て、一輪か二輪づつ咲く。花穂の姿が、狐の立てた尻尾に似るが、余りにも小さいので、小さい事の代表として、孫にした。

クリックすると元のサイズで表示します
 
ヒヨドリバナ キク科ヒヨドリバナ属  「火取り花・鵯花」

鵯(ひよどり)が鳴く頃に咲く花と言うのが一般的だが、花後に綿毛が出来るので、枯れたものは火が着き易い。火打石の火を取るのに使われた事で、火を取り花が訛ってヒヨトリバナになった。

クリックすると元のサイズで表示します

ママコナ ゴマノハグサ科ママコナ属  「飯子菜・飯事菜」

クリックすると元のサイズで表示します

ツルリンドウ  リンドウ科ツルリンドウ属  「蔓竜胆」

秋に赤い実がなるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

センニンソウ  キンポウゲ科センニンソウ属 「仙人草」

ボタンズルだった。

クリックすると元のサイズで表示します

或いは 

ボタンヅル キンポウゲ科センニンソウ属 「牡丹蔓」 か?

12月一日にこの記事を見直していたら、この,ドッチ?を見つけて、早速調べなおして見た。写真を見ると、葉は全縁つまり鋸歯が無い葉の三小葉がセンニンソウ。この写真は切れ込みが在り、鋸歯もある。ボタンヅルだ。

クリックすると元のサイズで表示します

ベニバナボロギク  キク科ベニバナボロギク属 「紅花襤褸菊」

花が終わったら、総苞(花を包む細い葉状)が開き白い毛が丸い玉になる此れを襤褸(ぼろ)と言った。

クリックすると元のサイズで表示します

ネジバナ  ラン科ネジバナ属 「捩花」別名モジズリ「捩摺」
時にねじれず真っ直ぐのものも在るらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ラクウショウ スギ科ヌマスギ属  「落羽松」

実が沢山成っていました。

クリックすると元のサイズで表示します

球果は檜の球果に似ています。

クリックすると元のサイズで表示します

キキョウ  キキョウ科キキョウ属  「桔梗」
漢名の桔梗を使った。和名は色々古い時代からあったようだが、漢名の漢字を使ったら、キチコウが、訛って、キキョウになって定着した。

秋の七草の一つだが、万葉集では、ききょうと言わずにアサガオと言っているらしい。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒヨドリバナにそっくりな蕾が付いている。葉が斑入りになるのは、別種にしないようだから、ヒヨドリバナの斑入りかも知れない。斑入りと言うより、葉脈が白色化しているようだ。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ