2009/9/23

平成21年9月17日 野呂山  野呂山

平成21年9月17日木  野呂山

ママコナ  ゴマノハグサ科ママコナ属  「継子菜・飯事菜」

先週書いたように、横からでは、二粒の米粒が見えないので、今日は正面から取った。ピントが今一だが、米粒は良く判る。

クリックすると元のサイズで表示します

ネナシカズラ  ヒルガオ科ネナシカズラ属  「根無葛」

種から根を出し、ツルを伸ばして、草木に巻きついて、寄生根を寄生した植物に刺して、水や養分を吸い取る。そうすると寄生根の少し下まで根とともに枯れてなくなり根無しになる。

クリックすると元のサイズで表示します

どんどんコースの岩海の上の方の所に、岩に絡んだツタに、何とも言えない花が付いている。葉っぱを捜しても見当たらない。ネナシカズラの花

クリックすると元のサイズで表示します

白花のゲンノショウコ  フウロソウ科フウロソウ属  「ゲンノショウコ」

白花は東日本に多いそうな。

クリックすると元のサイズで表示します

なにやら蕾が一杯付いたのがある。かなり群生している、草丈は五十センチ位か。

クリックすると元のサイズで表示します

一輪咲いていた。中々可愛い花だ。

クリックすると元のサイズで表示します

帰って図鑑を調べたら直ぐ判った。

アケボノソウ  リンドウ科センブリ属  「曙草」

花弁の先の紫黒色の斑点を星に見立てて花弁の中の方の白を夜明け明かりとした。

クリックすると元のサイズで表示します

Oさんが今年三十匹ものマムシを殺したので、マムシの供養をしたそうです。大滑岩の所に在ります。

クリックすると元のサイズで表示します

ツルニンジン  キキョウ科ツルニンジン属  「蔓人参」

クリックすると元のサイズで表示します

蔓人参の花 つる性で、根が高麗人参に似ているから付いた名前。

クリックすると元のサイズで表示します

ツリガネニンジン  キキョウ科ツリガネニンジン属  「釣鐘人参」

花がお寺の釣鐘に似て、根が高麗人参に似ている。

クリックすると元のサイズで表示します

写真では、キキョウの蕾のようにも見えるが、見た雰囲気は一寸違う。

クリックすると元のサイズで表示します

一週間後には花がなくなっていた。調べたが名前が判らない。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ