2009/9/25

平成21年9月13日 東鳳翩山  植物観察

平成21年9月13日 東鳳翩山

登山報告

 http://white.ap.teacup.com/yamanoko/31.html 参照

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマハギ   マメ科の落葉低木  「山萩」

自生のハギでは一番多い。 枝垂れていたら、ミヤギノハギ
秋の七草

クリックすると元のサイズで表示します

オミナエシ  オミナエシ科オミナエシ属 「女郎花」

オミナは女のこと、オミナメシ(女飯)が訛って、オミナエシ
オトコエシは白花、オミナエシは黄花。昔、男尊女卑の時代、男は、白米女は、粟の入った黄色い飯を食べていたので黄色い花をオミナエシ、白い花をオトコエシとした。

クリックすると元のサイズで表示します

ヤマジノホトトギス  ユリ科ホトトギス属  「山路の杜鵑」

ホトトギス類は、ホトトギス、ヤマホトトギス、トヤマジノホトトギスの三種で、山、とか、山路とかは意味がなく、区別する為の記号の様な物。
ホトトギスは白花に、紫紅色の斑点があるのを、鳥のホトトギスの胸の斑点に見立てたもの。

クリックすると元のサイズで表示します

ゲンノショウコ  フウロソウ科フウロソウ属  「現の証拠」

下痢、腹痛の薬として、薬効が直ぐに現れる事からこの名前が付いた。
咲きかけの花が、美しく、茎の産毛が可愛らしく撮れた。

クリックすると元のサイズで表示します

ミズヒキ  タデ科ミズヒキ属   「水引」
花の上は赤く、下は白い。普通たるいていると、赤い方だけしか見えないので、赤紐のように見える。ひっくり返して見ると、白紐に見える。

クリックすると元のサイズで表示します

ガンクビソウ キク科ヤブタバコ属  「雁首草」

煙管のタバコを詰める所の形が、水鳥の雁の首に似ているので、雁首と呼ばれる様になった。花を横から見ると、花頭から茎に掛けての形が、この雁首にそっくりなので付いた名前。

クリックすると元のサイズで表示します

フユイチゴ  バラ科キイチゴ属  「冬莓」

木莓の場合は、莓の字を使い、草苺の場合は苺の字を使う。
木莓のうちで、冬に実の成るのを冬莓と言う。
冬莓の蕾

クリックすると元のサイズで表示します

キンミズヒキ  バラ科キンミズヒキ属  「金水引」

タデ科の水引に花の付き方が煮ていて、花が黄色なので、金水引

クリックすると元のサイズで表示します

ササクサ  イネ科          「笹草」

文字通り笹に似た草 花穂が出だすと、笹で無いことが判る。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒヨドリバナ  キク科ヒヨドリバナ属  「火取花・鵯花」

花後の乾かした花柄で、火打石の火を取ったから火を取る花が訛った。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒガンバナ  ヒガンバナ科ヒガンバナ属  「彼岸花・曼珠沙華」

彼岸の頃に咲くから。
未だ彼岸まで少し早いのにヒガンバナガ一輪見事に咲いていた。

クリックすると元のサイズで表示します

ミゾソバの白花かと思ったら、花の付き方が全然違うようだ。周りの葉はミゾソバの様にも見えるのだが、何しろ花の付き方が違いすぎます。下のミゾソバと同じ所で撮ったのですが。

クリックすると元のサイズで表示します

ミゾソバ  タデ科イヌタデ属  「溝蕎麦」

溝のような湿った場所に群生し、花や葉が少し蕎麦に似る。

クリックすると元のサイズで表示します

マルバルコウソウ  ヒルガオ科   「丸葉縷紅草」

葉の丸い縷紅草の意味。

熱帯アメリカ原産の一年草

クリックすると元のサイズで表示します

駐車場の所に、ゲンノショウコの群生が在りました。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ