2009/10/18

平成21年9月24日  野呂山  アケボノソウ  野呂山

平成21年9月24日 駐車場に09:05に着く。駐車している車で、木曜登山の皆さん登っている様だ。

今日はかぶと岩コースを登る。

キツネノマゴの白花があった。

クリックすると元のサイズで表示します

ママコナは夏の花だが、まだまだ元気に咲いている。

クリックすると元のサイズで表示します

カゼクサ  イネ科スズヌガヤ属  「風草」 別名 道芝 力草

凪いで居る時でも、少しの風でも揺れるので、風と判るから。

クリックすると元のサイズで表示します

こっちも姿が同じだが、白色だ。白花は区別しないのと一緒で、やはり風草か?

クリックすると元のサイズで表示します

名前が判らない。

クリックすると元のサイズで表示します

ツリガネニンジン  キキョウ科ツリガネニンジン属 「釣鐘人参」

花はお寺の釣鐘に似ている。根が朝鮮人参の根に似ているから。朝鮮人参は、昔高価な漢方薬で、庶民にとっては高嶺の花だったので、少しでも似ていれば、名前にしたのだろう。

クリックすると元のサイズで表示します

マルバハギ   マメ科ハギ属   「丸葉萩」

葉が丸いから。

クリックすると元のサイズで表示します

チヂミザサ  イネ科チヂミザサ属  「縮み笹」

すべての葉に、横に波を打った様な"しわ"が在る。この"しわ"を織物の"縮み織"に例えて、縮み笹とした。

クリックすると元のサイズで表示します

ヒヨドリバナの変種 葉の葉脈が黄白色になっている。

クリックすると元のサイズで表示します

未だ蕾だが、オヤマボクチか、ハバヤマボクチだと思う。

クリックすると元のサイズで表示します

もう少ししたら花が出てくるようだ。

クリックすると元のサイズで表示します

アケボノソウ  リンドウ科センブリ属  「曙草」

暗闇の中に、アケボノソウが浮き上がって見える。

花弁の先の紫黒点を星にし、緑の二つの斑点を山に見立て、底の白を夜明けに例えた。

クリックすると元のサイズで表示します

アケビ  アケビ科アケビ属  「木通、通草」

アケビが実る時期になりました。

クリックすると元のサイズで表示します

センブリ リンドウ科センブリ属  「千振」

乾燥させて、布袋に入れて湯に入れ袋を振って、薬用分を出す。非常に苦い薬で、千回湯を変えて振り出しても苦いので、千振の名になった。

クリックすると元のサイズで表示します

ツルニンジン キキョウ科ツルニンジン属 「蔓人参」

つる性で、根が朝鮮人参の根によく似ている。

クリックすると元のサイズで表示します

リンドウ リンドウ科リンドウ属   「龍胆・竜胆」

中国から来たリンドウの生薬が、龍胆という漢字が使われていた。此れを訓読みでリュウタンと言ったのが、訛って、リンドウになった。

クリックすると元のサイズで表示します

イワガラミのその後 すっかり枯れていたが、装飾花はついているた。

つる性落葉樹

クリックすると元のサイズで表示します

ゲンノショウコ  フウロソウ科フウロソウ属

クリックすると元のサイズで表示します

星降る展望台への分岐付近に、ゲンノショウコの群生が在った。

クリックすると元のサイズで表示します



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ