2018/3/31

充実というのか  
 早咲きの満開の桜…お花見も特になく、昨日は稽古休みに、別の朗読劇の顔合わせ。今日は午前中からの稽古に、夕方から演出者協会の会議。未だ、確定申告も出来ず…。なんだろう、この時間の無さ。今夜は満月!と思いきや、正確には明日だった。
「手紙」文学座の得丸さんのホンは、予習しているうちに涙が止まらず、、いかん、泣いてる場合じゃない、と自分を諌める。「しあわせの雨傘2018」と「手紙」四月の後半まで。しかし、課題が目の前にある幸せを、噛みしめる。 
0

2018/3/3

大家さんのこと  
 春が近づいていた。Next Generation in Asia三年目の本番を週末に控えたとき、突然の訃報が入る。間違いではないかと疑った。青年座の大家仁志さんが亡くなったというのだ。だってついこの前まで舞台に立っていたのだから。最後の舞台は行かれなかったが、12月「断罪」もその前の新国立での「ブンナ」も観ていた。ブンナの時舞台裏でお客様と面会中の大家さんに久しぶりに会い、言葉を交わした。その時とても痩せていたので、心配すると、「もう大丈夫。山上はどお、元気か、気をつけてな。」と言われた。あの時相当きつかったのだろうなと察する。
 2006年の秋から大家さんは一年パリに来た。私の住んでいた19区のアパートに彼が入り、私は4区にある小さなステュディオに移った。週末の蚤の市に衣裳を探しに一緒に行ったり、私のアパートに来てささやかな夕食を共にすることもあった。母の危篤の知らせが入り、急にフライトを予約して発つ時、玄関のドアのところで靴を履きかけの私に、裸の20ユーロ札を握らせ、「弁当でも買って」だったか、「何かの足しにしろ」だったか、下さった。お兄さんのようだった。2007年の春ビザの更新に失敗して一時帰国するまで、大家さんとはよく会っていた。
 ロンシャン競馬場も一緒に行った。日本人騎手の竹豊が乗る凱旋門賞の時だった。大晦日のエッフェル塔近くの花火大会も確か二人で行った。ワインを大家さんのリュックに忍ばせて会場に行くと、ガラスの瓶は持ち込み禁止だったので、近くのキオスクでエヴィアンの1リットルを買い、水を捨ててペットボトルにワインを移し替えて持ち込み、場内で飲んだ。高いシャンパンを何杯も買って飲めないからだ。クラウンの発表があるから何か派手なもの無いかと聞かれ、私の色々柄の長靴下を貸したりもした。それは今も持っている。大家さんが履いた靴下だ、と見るたびに思い出す。
 大家さんは、長野県松本市の出身だった。私が母の郷里で飯田高校に通った頃、ほぼ時を同じくして大家さんは松本県ヶ丘高校にいたことになる。ご縁があって松本を含む中信地区の高校演劇に関わり、まつもと芸術館に昨年まで毎年通った。現在の芸術館の敷地内に大家さんの御実家の酒屋さんがあったと伺った。大家さんの母校、県ヶ丘高校の生徒たちと毎年交流があったのもただの偶然と思えない。
 柩の中の大家さんは髭が少し生えていて、ハンサムだった。代々幡斎場でお別れをする時、「優、がんばれよ。」という声が聞えた気がした。サヨウナラ。とても悲しいけれど、もうすこし頑張る私をどうか見守っていてください。ありがとうございました。クリックすると元のサイズで表示します
3

2017/11/2

横浜共立学園演劇部高校二年生の皆さんへ  
横浜市高校演劇発表会中央大会での、優秀賞、審査員特別賞の受賞おめでとうございます。激戦区神奈川県の地区大会での皆さんの成果は、立派なものでした。
私の高校演劇は未だ続き、今、長野県大会の審査に向かう新幹線の中です。
2015年の3月にまだ中二だった皆さんと出会ってから、コーチとして、どんな風に部活に参加できるだろうかと、模索しながら通っていました。今年学校としては久々に地区(ブロック)大会に出場したいと言った皆さんの決意に、私のスイッチが入りました。夏、乙女坂の階段がきつくて息切れしつつ登ったこと、時間が1分でも惜しくて、焦ったこと、往復3時間かけても皆さんとやる1時間半の部活が宝のようでした。私の時にやや独断的なコーチングにも皆さんはグイグイと近づいて来て下さり、手ごたえを感じていました。遠距離恋愛の逢瀬のように⁈大切な時間でしたね。
ブロック大会の結果をセルビアで聞いた時、嬉しくて、ツアーの面々に話しました。本番を見られなかった事だけが心残りでした。
中央大会の結果を、自分の本番中の楽屋で受け取った時は県大会に進めなかった悔しさがありました。時間が経つにつれ、自分の責任も感じていました。中央大会の客席で走らせたダメ出しのメモを持て余しながら、前のブロック大会を見ていたら、この講評を事前に伝える事が出来たのに、と。
しかし、振り返ってみれば、あなたたち四人の勇気があってここまで来られたと実感しています。今回の成果は、これからの君たちの人生に、いつも自信と勇気を思い起こさせてくれる経験になったと思います。皆さんが、輝いていて、素敵でした。そしてそんな素敵な君たちと同じ時間が過ごせたことを感謝します。今日までの二年半、ありがとう。
後輩の方たちも、きっと君たちの雄姿を目に焼き付けている事でしょう。

コーチより
3

2016/10/8

高校生ざんまい  
 都立総合芸術高校二年生前期成果発表「わが町」を11時から観劇。大雨。舞台稽古を先日見ていたけれど、矢張り本番を見たいと思い、完全雨支度で出かける。その純粋さに、若さに、一生懸命さに感動し水分の多くなった目を瞬きしないようにしながら学校を後にする。副都心線に乗り換えて今度は横浜へ。横浜共立学園秋桜祭。演劇部コーチに呼ばれたのが2015年3月、そのとき中2と中1しかおらず、昨年度も新入部員はいなかった。今年は、あのとき中2生だった彼らが高校生に、一年生も入って部員が増えた。来年は高校の地区大会に出場したいと言ってきた。なんだか、うれしい。文化祭の演目は「耳をすませば」ジブリ映画をもとにした台本。先月末から4回コーチングしかできなかったが、行けば行くほど愛情が湧いてしまう。
 彼らの作った小道具、バロンとヴァイオリン。いいぞ、なんかいいぞ。はまりそうだ。クリックすると元のサイズで表示します
2

2016/1/22

初悪夢…!?  
一幕が終わると、急に客電が上がり、安いちょんまげカツラに三度笠を携えた旅姿の男が、舞台に登場し演歌を歌いだした。な、な、なにぃ!!今回の芝居休憩は無いはずじゃないか、というより何事だ!フランス喜劇よ、この芝居。余興?演出の私が聞いてないじゃないか。走る、制作を探しに。控室にいた制作のO氏何かもごもご言っている。ワカコー(演出助手)と叫ぶ。「なんだよコレ!聞いてないじゃん、あり得ない!!」激怒する私。当然だろう。「優さん、落ち着いてください」って、落ち着いていられるわけないでしょ、そんな。すると、顔に隈取りをしたような隈のある強面の男が、「てめぇの芝居なんか見てらんねぇんだよ」と言いながらトイレから出てきた。「ワカコ、誰あのやくざ?」と言うとなぜか突然の便意。激怒したためか、しかし人前で脱糞するわけにはいかないとトイレに駆け込み用を足していると、また突然トイレの壁が消え、しゃがんだままの私がむき出しに。しかも、男性トイレだった。どうなっているんだ、ワカコー。すると舞台上には今度は、若い男女が15,6人歌って踊っている。「〇〇養成所の若手の方々です」とワカコ。知らんよ。聞いてないよ。言うなり演助に馬乗りになりボコボコにしている自分。そして、泣いているワカコを抱きしめ、「あなたに言っても仕方ないのか…しかしじゃぁ、誰に言えというんだ!」と私も泣いている。あああっ。と声が出て目が覚めた。時計は4時40分を指していた。
 昨日はスピードランの稽古。光明が見えてきたと胸をなで下ろしていたのに…。しかし私の頭の中はどうなっているのだろう!客席が薄かったらどうしようという過度の強迫性障害か。。。クリックすると元のサイズで表示しますたくさんのお客様にご来場いただけますように…!

2

2016/1/4

月曜日  
 ニュースでは三月から四月の気温とか言っている。滞在中の山中も、初めて雪のない年末年始だとか。無くてよかったけど。東南の部屋になってから元気になってきた、矢張りお天道様は大事だ。蒲団を干したりするだけで幸せ。昨日から回復食が始まり、発酵玄米の美味しさに感動する。初めは具のない味噌汁からだが、この味噌が古代味噌で加熱してからの甘味が何とも言えない。二食目からは具も。野菜はもちろん無農薬有機野菜、家では再現不可能。今日夜の四食目で発酵玄米八分粥に味噌汁とこぶ煮だけだが、オリジナルの梅干しをおねだりした。この満足度はいったいなんだろう、日ごろの食生活を思うに恐ろしい。昨日は車を持っている人に便乗して、天然温泉へ。すごい種類のお湯があったが、じっとがまんして腰湯までで出る。痩せる目的ではないが、十数年ぶり!?の数字をマークし感動する。直ぐ戻るんだろうなぁ。林の中のけもの道で体操する。散歩に行く前に話し掛けてきたのは秋田から来ている神学生、語る語る。私が日曜日の礼拝にでていたから話したかったらしい。昨日大阪に帰った宝塚受験に失敗した女子も、演劇の話で盛り上がる。人との出会いは考えもしていなかった。バスを途中で降りて、国道153号線まで歩くと途中に山の上の小学校。昭和の姿の学校。登り綱に触れてみる。そして帰り道、惹きつけられたあの二本杉のところへ今日も立ち寄る。私のことを待っててくれてありがとう、などど言いながら。明日は最後の回復食に、お粥でない玄米飯が出る、これが食べたくてここへ来る人もいるという。合点。今夜も星は満天に。
1

2016/1/2

jeûner  
 沈むように深く寝て、朝のハーブほうじ茶を頂きに行く。甘味はステビアというハーブから出ているらしい。滞在者が円陣になっての健康チェックは、自分の状態を言い合う時間、孤独にならない交流の意味もある。実際、此処に着いて一週間誰とも話さないのかと、不安だった。三日経ち、慣れてきて、人と散歩コースの情報交換なども。元日は、送迎バスの中から見て既に目星をつけていた神社へ一応、初詣。五反田の大杉(夫婦杉)という名木で600年超えとの石碑が。パワーあるだろうなと期待して抱き着いておく。今日は入浴の送迎バスに便乗して里へ下り、そこから紅葉で名高い香嵐渓へ歩く。川のせせらぎが耳に優しい。バスが出るまでに戻らなければ置いて行かれるのでゆっくりはできない。汗ばみながら坂を登る。今朝、向かいの東南向きの部屋に替えてもらったので、日没まで陽が入り快適だ、ふとんも干した。前の部屋は三畳半くらいしかなかったから独房!?のようだった。今夜も快適に眠れそう。時間がたんまりあるからと持参した仕事の物たちには、手がつかない。クリックすると元のサイズで表示しますクリックすると元のサイズで表示します

1

2015/12/31

2015の終わり方  
 12月28日で年内の稽古を修了。29日は恒例横浜へ墓参に行く。西口から東口に店舗が移動したいつもの花やさんに白いダリアが出ていた。お店の人が、白ばかりがいいの?ならダリアになさい、白はめずらしいのよと勧めてくれた。紫かかったアネモネもあった。私の好きな花、これはお友達のために。帰るとお掃除の続きをして、軽い夕食。翌日からの断食にそなえる。30日は朝から支度をして、ギュウ詰めの新幹線で豊橋へ。名鉄線とバスを乗り継ぎ夕方に目的地に着く。愛知県豊田市、海抜700メートルの山中。今日は散歩に出た。関係者以外は通れない林道を登って行く。木、木しかない。ただ林があるだけである。午後から送迎のある入浴施設へ。湯船にはつからないという規則。断食中は危険ということで。途中新聞のTV欄をみると、5時からこまつ座『きらめく星座』の舞台が放映とわかり、楽しみに帰る。シャワーだけなのに(ひそかに足湯だけはした。)思いのほか、入浴で体力が奪われているのを感じる。酵素水を喉に流し込む。舞台中継が終わって8時になるので、星を見に外に出た。施設の周りは電燈があるので、すこし林道を登って行くとよく見えますよと言われた。真っ暗な道を登って行く。目が暗順応した頃空を見上げると、降らんばかりの数の星…。井上ひさしさんのラストのセリフのように、私も一つの奇跡、なのだろうか、と考える。2000年という年が大きな節目だった、それ以来の節目のような気がする。そして年末年始山籠もりという選択。クリックすると元のサイズで表示します
1

2015/12/6

next generation program  
10か国26人のアジア人による、ネクスト・ジェネレーションプログラムtokyo終了。正直、最年長だったと思うけど、参加できてよかった。幾つもの美しいシーンが見られた。正味3.5日ほどのクリエーションで発表をした。刺激的な五日間だった。若いアーティストとの交流は楽しい。同時期にパリにいたseikoとも一緒にやることができた、よかった。
 それにしても、怪我はなかなか良くならない。齢とると、治癒能力が衰える。
0

2015/11/28

想うこと  
 次回演出作『TOC TOC』の台本が製本された。校正に入魂を極め過ぎ、製本された美しい台本はあまりめくらず、表を眺めてばかりいる。3月『ミントティー、それともレモン…?』も長いこと企画をあたためてからの実現だった。今度の作品も、大切な作品だ。台本が上がって、スタッフさんとの打ち合わせも始まっているが、どうも調子がすぐれない。3月からこっち、まあなんというか、忙し過ぎた。公演後、緊張性頭痛に苦しむが、4月から5月公演の稽古と静岡spacのワークショップ、5月は雑遊にて本番。6月12日マンダラでオペラ、悲劇アルミード抜粋、の演出をお手伝いして6月半ばから7月はパリ。帰国すると月末から沖縄の演劇祭、帰京翌日から8月直也の会番外公演の稽古に合流、二週間で初日を開けて翌日からピエール・ノットとの仕事、まずはワークショップ。直ぐに『私も、カトリーヌ・ドヌーヴ』稽古突入。3週間で初日を開けて、松本の高校演劇発表会へ。翌週にパリへ帰るピエールを見送って、やっとTOC TOCの翻訳開始!10月の半ばには第一稿訳了するも、打ち込みと校正に時間がかかる。この頃にはとっくに翻訳は終わっているだろうと見込んで入れていた仕事が進行を更に遅らせた…。しかも翻訳しながら、8日間のクラウンワークショップ、列挙しても無謀だと今感じる…。
 そんな頃、友人ががんの再発で再入院した連絡がくる。たった2年前、一緒に芝居を作った古くからの女優仲間…。笑顔で握手する彼女に会った帰り、心が泣いていた。それでも仕事はしなければならない…。都立高校の後期の授業がまとまって入っていた。もう一度病院に行きたいと気に掛かっている最中の11月10日に訃報が入る。翌日台本校正完了印刷へ。13日にやり切れない想いで小岩の斎場でのお通夜に向かう。柩の中のあの人は見ないと決めていたが、相棒の坂本さんが立ちすくんでいたので、側へ行った。何て早いさよなら。人生て悲しいと心から泣けてくる。落ち込んでばかりいてはいけない、と翌朝は早朝からの仕事に出ると、出先でパリが大変なことになっている、と知らされる。
 一月のテロをパリで経験したばかり。とても他人事には思えない。直ちにメールの安否確認、やりとり。私の所在を心配してくれる人々もいた。同じ日、以前の事務所の先輩、阿藤快さんが他界されたことを知る。呑みにも、ご飯にも幾度も連れて行ってくださった…。またもやのお別れ。重ねて友人関係で不信の出来事…。11月三週目位から、身体が変になってきた、胸の辺りの神経痛、突然咳が止まらない、脅迫的な夢…。
 区役所から区民健康診断を忘れていませんか。という葉書が届く。忘れてはいませんが、今すぐ考えられません…。でも受けなければ。
 稽古初日まであと二週間。あまり弱音を吐かない自分だけれど、正直弱っている。リカバーして、戦闘態勢に入らなければ…ガンバレ自分!クリックすると元のサイズで表示します

1


teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ