さあ,いっしょにサラダをつくろう

2009/2/27

久々  ▼そんな日常

うーん、ブログを久く放置していた

とりあえず、名前でも変えて心機一転でもはかろうか…(また?
0

2007/11/15


ということで、引越したいと思います
どこかに

え、いつそんな話に
ああ…はりっきって起死回生プロジェクトを立ち上げてみたものの
やはり、ハイテンションでないと書けない、という状況は
『継続性』を低下させるということが判明しました
ということで、ローテンションでも気軽に更新できる気軽BLOGを目指すことにします
(今まで何回そういうこと言ってるんだー
で、利用規約ですが、いろんなところのを見ているとツッコミどころ満載で結構おもしろかったです
が、その興味も短期間しか続かず、要するに飽きた

でも、引越しはすることにしました
お部屋は探し中です

0

2007/11/7

STEP2 引越し先を選ぶ  起死回生プロジェクト


▼STEP2「引越し先を選ぶ」

方向性が決まったところで次に決めることはこれ
@このままteacupを使い続けるのか引越しするのか
A引越しするならどのブログをつかうのか


teacupを使い始めたのは、「ブログ 無料」で検索したら上のほうに出てきたから。で、そのまま数ヶ月つかってみて、そのうち気になることを耳にした。
「自分の書いた文章が、ブログのサービス提供者のものになってしまう」
2004年あたりにlivedoor著作権問題というのがあったらしい。うたたねの記さんにそのあたりが詳しく書かれている。
ブログ提供会社には利用規約があり、ほとんどの場合、そこにブログで作成した文章や画像の著作権についての規定がのっている。
livedoorは、その利用規約を改正する際、「利用者が書いた文章も画像もlivedoorが使い放題なんだぜ」といった内容を追加したらしい。で、利用者からの反発をくらい修正案を出した、というのが一連の流れのよう。
情報に間違いがあればすみません。

そこでもうちょっと「ブログ 著作権」で検索してみると、そういった問題に関心を持つ方はけっこう多いようだ。著作権にやたら詳しいネット人がたくさん見つかる。知的財産権のエキスパートである弁理士は、なるのも難しくけっこう重宝されるそうだから、きっと奥の深い世界にちがいない。ちなみに著作権とは一言でいえば「あたいの作品を勝手にコピーするんじゃねーぜ(不法な複製copyを禁ずる)」という権利です。たぶん(弱気)。

で、おもしろいページを見つけました→絵文録ことのはさん。たくさんあるブログの利用規約(著作権に関するもの)を比較検討している。2004年くらいの情報なので若干変更もあるようだけど、ためになった。
総務省によると平成18年3月の時点でブログは868もあるらしい。すごいな。で、全部の利用規約をしらべていると肩がもげるので(肩こりで)、日本ブログ協会のリンク集を利用して、自分でもいくつか調べてみました。というか、日本ブログ協会て(今は活動停止してるらしいけど)。

絵文録ことのはさんを見ると、利用者が作成したブログ内コンテンツに関する著作権の規定はおおむね4つに分類できるようだ。
1.著作権は全て利用者のもの
2.原則として著作権は利用者のものだが、条件によりサービス提供者が勝手に使える
3.著作権はほとんどサービス提供者のものといってもいい感じ
4.著作権に関して明記してない

ざっと10こくらいブログを見たけれど、「条件により利用者が作成したブログ内のコンテンツをサービス提供者が勝手につかえる」パターンが一番多い。たとえばドリコムブログの場合。
-----------------------
ドリコムブログ(ドリコムアカウント)
第13条(著作権等)
サービス上で会員が作成したコンテンツの著作権、商標権、サービスマークに関する権利、特許権、またはその他の所有権は会員に帰属します。ただし、当社グループはサービスの宣伝または広告、利用促進等を目的として、会員の承諾を得ることなく、会員著作物の情報を自由に利用することができるものとします。
-----------------------
→翻訳 by sadko
「おまえが作ったものはおまえのものだけど、俺が必要だなーと思ったときはいつでも俺が勝手に使えるんだぜ」
ちょっと優しいジャイアンみたいなものでしょうか。

でも、「条件によっては勝手につかえます」というのは、「著作権はサービス提供者にあります」とほぼ同義のような気がするんですが、それは素人の冷や水というやつなんでしょうか。
その昔、予備校でバイトをしていたのですが、自社出版の参考書には必ず「無断転載・無断引用を禁ずる」と書いてありした。情報が他者の手によって別の場所でつかわれる、というのは、情報提供をメシの種にしている業界には致命的だからです。情報は、誰が、どこで、どう使うのか、がとても大事だと考えると、条件つければサービス提供者もつかえるんだよーというのは、「おまえのものは俺のもの」とほとんど同じことだと思うのですがどうなんですか先生!本当に自信がない!がんばれ!(自分を激励

 
続く
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ