ごみつ通信 

MOVIE LOVER'S DIARY

作品についている点数について

☆☆☆☆以上  最高!
☆☆☆★★★  上出来
☆☆☆★★   まずまず
☆☆☆★    普通 
☆☆☆     普通の下
☆☆★★★以下 蓼食う虫の部類かも。    

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごみつ
RICA さん

コメント有り難うございます!
やっぱり、そちらで生活していると肌で感じる事っていっぱいあるでしょうね。日本ていう国も外から客観的に見れますよね。

早速「大統領選」の記事読ませていただきました。そうなんですよ、日本って市民自らが自由を勝ち取った事が歴史的にないんですよね。以前、アメリカの人類学者の女性が書いた「菊と刀」っていう本を読んだんですが、日本人という民族は、基本的に「右に習え」、「長いものには巻かれろ」的な民族で、それはそれなりにどんな環境にも適応してしまって混乱は生じないんだけど(大戦敗戦後を見ればわかりますよね。)結局市民が立ち上がるという事はまず無い・・なんて事が書かれてました。

国っていうのは歴史があって、背景に色々あって、何時の間にかそれぞれの特色を持ち合わせてしまうものなんだな・・って感じています。

また、色々と教えて下さいね。とっても刺激になります。

あと、この本は、怒るっていうより、途中でやめちゃうんじゃないかな。(笑)中味ないから。
投稿者:RICA
こんな題名の本、見つけたらすぐ買ってたと思う。
で、きっと文句タラタラ3ヶ月は言いそうな私です。

でも、そうなんだよね。
植民地になったこと無い国って少ない。
で、私は思う。
日本は植民地になったことが無い。だから自由はいつでもそこにある。
って、ことは、自由を勝ち取る努力をした事の無い人種。
http://diary.jp.aol.com/applet/tazxuskdhgeg/173/f67e4a0d/trackback
上記に私の日本に対する気持ちが書いてあります。
良かったら読んでみて下さい。
ちょっと植民地から外れてるけど。

http://diary.jp.aol.com/applet/tazxuskdhgeg/
投稿者:ごみつ
rippletonefrench 様

今晩は。この本さ〜、ホント騙されたよ。(笑)今、結構売れてるみたいだよね。売場で山積み陳列されてます。もっと、内容考えてくれよ、講談社!

まあ、ただ「植民地」云々に関する個所は、私なりに色々と考えさせてはもらえました。すぐに、世の中が変わるなんて事は絶対にないけど、大勢の人がほんの少しでも意識をあらためられれば、ちょっとづつでも世の中が良い方向へ向かっていかないかな・・なんて思ったりしてます。温暖化問題なんかもそうだしね。

投稿者:rippletonefrench
ごみつ様

確かにこの本はレコードでいう「ジャケ買い」をしてしまいそうなタイトルですね。

歴史に本気で弱い私ですが、「マスターズ・カントリー」はどこ?と聞かれるという件にはビックリしました。
植民地になってるの前提で聞かれていることがコワいです。

欧米の政策には学ぶところもすごく大きいですが…。

日本人として、自国をきちんと愛せないというのは
欧米に対する気後れのようなものがあるのでしょうか。

>どの国にも一長一短があり、どの国がベストだみたいな事は決して言えない。同じ人間が営む国家なのだから、問題があるとしたら、歴史がひきずってきた様々な負荷故なのだろうと思う。

私もそう思います。
完璧な国家など、存在するわけではないですもんね。

オツムの弱いワタクシですが、こういった問題も
考えなくてはなりませんね。。。。

teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ