ごみつ通信 

MOVIE LOVER'S DIARY

作品についている点数について

☆☆☆☆以上  最高!
☆☆☆★★★  上出来
☆☆☆★★   まずまず
☆☆☆★    普通 
☆☆☆     普通の下
☆☆★★★以下 蓼食う虫の部類かも。    

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:fumie
「あなただけ今晩は」なのね。ありがとう。いつか観るわ!
投稿者:ごみつ
fumie さん

今晩は〜。
う〜ん、確かに子供っぽさが残っているから、つくれる作品もありますよね。もちろん才能は認めてるんだけど、やっぱ相性なんだろうね。

「それはまた別の話」っていうのは、ビリー・ワイルダーの「あなただけ今晩は」の中で、脇役のバーテンがしきりに使うセリフらしいですよ。それを、三谷監督が「王様のレストラン」で使ったみたい。この対談集、三谷監督が(また悪口でごめんね。)子供っぽくて、あまり深い談義にならないんですよ。(笑)
表紙のイラストは和田・三谷の合作。三谷監督が和田誠のタッチを真似て描いてるの。上手いよね!
投稿者:fumie
読んでないんです。前に手に取って「まぁいいや」と、やめた。
ごみつさんは「ラジオの時間」がダメだから基本的に三谷作品はあわないんだと思う。私は舞台もTVも追いかけてるファンだからかばっちゃうけど。
でも子供っぽいとは思うよ。そこが許せるかが分かれ目かも。スピルバーグにも通じると言うか、大人になると捨てるものにものすごく執着できるのも才能というか。
「コロンボ」に執着して「古畑」と書いたり、子供の頃からファンの和田誠や市川監督と仕事、果てはビリー・ワイルダーにインタビューに行ってたからね。
同世代としては憎いくらいだね。

ところで「それはまた別の話」って何の映画のセリフだっけ?「王様のレストラン」(三谷TVドラマ)にも出てきたけど。
投稿者:ごみつ
Fumie さん

 < 市川監督の最後の仕事は三谷幸喜の最新作への出演なんだよね。

へ〜、そうなんだ。だから三谷監督自身も「犬神」にカメオしたのかな?

三谷幸喜本人は嫌いじゃないんだけど、作品がね。と言っても「ラジオの時間」で辟易として以来ほとんど見てないからな〜。「12人の優しい日本人」は良かったけどね。

でも、和田誠との対談集「それはまた別の話」っていうの読みました?あれ読んだら、彼があまりに子供っぽいのでまたちょっと嫌いになった。(笑)
投稿者:fumie
そういえば、ごみつさんは三谷幸喜好きじゃなかったね。旅館の主人は確かにうざかった。横溝さんよりはセリフが言えるせいか一言くらいセリフが多くなってました。しかし、市川監督の最後の仕事は三谷幸喜の最新作への出演なんだよね。仲良かったみたいね。


投稿者:ごみつ
fumie さん

今晩は〜。三谷幸喜といえば、オリジナルで横溝正史がやってた旅館の親父の役をやってましたね・・。
何となく、うざったかった。(笑)

私、島田陽子は良かったと思ったよ。やっぱ美人だし、何だかよくわかんない雰囲気がよく出てたじゃない?

菜々子はデカイだけじゃなくて、この役になりきってないのもダメ。遺言のシーンで何で不適な笑みを浮かべてたのかわかんないし、ラストでやけにハッピーな雰囲気になっちゃてるのも軽い感じがしたな〜。完全に浮いちゃってるんだよね、彼女は。


投稿者:fumie
そうそう。
三谷幸喜が朝日新聞にエッセイで書いてたんだけど、市川監督は横溝作品を三谷脚本で新作作る計画があったんだって。もう全然形にならずに終わってしまったんだけど、そっち作って欲しかったよね。

松子と佐清は実際似てるから、静馬になってお母さんにどなるシーンはちょっとドキドキしました。
松島はでかすぎて奥菜恵を頭一つ分見下ろしてましたね。でも島田陽子はどうなのさ、というのもある。
たまよさんはいつもきれいだけどつまらない人なんだよね。

投稿者:ごみつ
kinkacho 様

あ、そうか、松子・佐清親子は実生活でも親子なんだっけ。そう言う目で見ると、又違って見えますね。

今回、私が一番気になったのは、やっぱり俳優達の老齢化が著しいっていうところ。何だかさ〜、とっても気の毒じゃないですか・・。

これを作り直してる、時間とエネルギーを他の作品にそそいでもらいたかったですよね。
投稿者:kinkacho
ごみつさん、こんにちは。

そうですよ、佐兵衛翁のあの野々宮家との因縁の映像はカットしてはいけません。
松島菜々子がでかすぎるのは、建具や家具と比較してもわかってしまうのはちょっとねえ…巨匠だけに建具もやや大きめにしてみるとか細部にこだわってほしかったなあ。
今回の松子さまは実生活でも佐清と親子だから、母親としての要素が強くて、佐兵衛の意図に操られて感が低くなってしまいましたね。

名作は撮り直してはいけませんという例です。
投稿者:ごみつ
fumie さん

連チャンで「犬神」見たんですね。(笑)

作品が似すぎてて、ちょっと辛かったんじゃないですか? 
そうですよね、もう確実に旧作の方が怖いですよね。
だから犬神佐兵衛のシーンをカットしちゃったのが大きな失敗原因なんですよ。

盲目のお琴の先生も岸田今日子の方が、絶対に怖いし。(笑)
尾上菊之助は、まあまあでしたよね。上手かった。


1|2
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ