ごみつ通信 

MOVIE LOVER'S DIARY

作品についている点数について

☆☆☆☆以上  最高!
☆☆☆★★★  上出来
☆☆☆★★   まずまず
☆☆☆★    普通 
☆☆☆     普通の下
☆☆★★★以下 蓼食う虫の部類かも。    

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごみつ
ヌマンタ さん

今晩は。
紹介しておいて何ですが、私も洋書はほとんど読みません。(笑)だって、時間とられちゃうんだもの。読みたい本がたくさんあるのにムリです。翻訳で楽しめれば十分だと思います。

20代の頃は、私もタイム誌をしばらく定期購読などしてがんばっていたましたが、もうムリ。
私も脳みそはメルトダウンしてます。(笑)
投稿者:ヌマンタ
大学生の頃は、必死で英語の経済記事などを読む努力をしてましたが、今じゃもうダメ。脳みそがさび付いています。でも、たまに「スヌーピーとチャーリー・ブラウン」あたりは、原書で読むこともあります。ここらへんが、私の限界です(苦笑)。邦訳だよりも、本当は考えものなのですがね。たまに誤訳あるし。
投稿者:ごみつ
RICA さん

今晩は!

 > 「頭が良い人が書く本は違うなぁ」とつい感心してしまう私です。

そうそう、私がポピュラー・サイエンス物が好きなのもそれにつきるかも!(笑)
特に物理とか数学は、私はチンプンカンプンなので余計に作者を崇拝してしまいます。でも、それも楽しいんですよね。

私も経営なんて全然わかんないです。でも、経営哲学みたいな本はわりに好き。わからない世界って、とにかく魅力的ですよね。
投稿者:RICA
こんにちは。

経済書ではなのですが、先日経営学者の「飯田史彦」さんが書かれた「生きがいの創造」を読みました。

私は全く理数には縁が無く、はっきり言って経営とか分からないのですが、
これらの人達が書く本は理論的と言うか・・・1から分かりやすく「証明」してくれて、興味深いものがあるような気がします。
理数が得意な人にはつい「頭良いんだろうなぁ」と思ってしますので、
「頭が良い人が書く本は違うなぁ」とつい感心してしまう私です。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ