ごみつ通信 

MOVIE LOVER'S DIARY

作品についている点数について

☆☆☆☆以上  最高!
☆☆☆★★★  上出来
☆☆☆★★   まずまず
☆☆☆★    普通 
☆☆☆     普通の下
☆☆★★★以下 蓼食う虫の部類かも。    

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごみつ
kinkacho さん

二つもコメントありがとう!

晶はそれでも20代前半だから、まあロリだとは思わないけど、言葉使いを何とかして欲しいよ。(笑)
「この野郎」とか「やめろよ」とか、映像で美形な女優が演じてれば説得力持たせられるかもしれないけど、文章で読んでる限りでははてしなくダサいんだよね、彼女は。きびしいかしら・・、私。



投稿者:kinkacho
ごみつさん、こんにちは。
確かに晶の存在は理解不能です。鮫島の単なる好みなのかしら。ロリなのかしらねえ。結構疑惑のカップルですね。
投稿者:ごみつ
ヌマンタ さん

今晩は。

あ、やっぱり男性はそんなに彼女のキャラがイヤじゃないですか?
何となく、そんな気もしてたんですよね・・。
読み進めていくと彼女にももうちょっと愛着が湧いてくるかな。

中国人の抗争!怖い!「イヤー・オブ・ザ・ドラゴン」のシーンが脳裏に蘇ります。(汗)何事もなくてよかったですね・・。
投稿者:ヌマンタ
新宿鮫は2作目の「毒猿」が好きです。個人的に新宿で中国人同士の争いに巻き込まれたことがあるので、けっこうシンクロします。

あまり評判芳しからぬ鮫島の恋人ですが、まったくタイプも感性も異なる女性に牽かれる男の気持ちは、少し分ります。

ちなみに銀座の警察の管轄は築地署ですが、なぜか税務署は京橋署になります。ちと不思議。
投稿者:ごみつ
Tae さん

あ〜、良かった。やっぱり同じ感想ですか。
日本が舞台のハードボイルド系ミステリーは、女性色はなるべく排除した方が良いかもね。この手の作品に釣り合う女性像っていうのが、日本にはまだいないんだと思う。で、この作品も仕方なく若いロックミュージシャンにしてみたんじゃないかな。

あ、銀座署っていうのはないよ。築地署じゃない?(笑)築地警察のいなせな銀座熊。
投稿者:Tae
こんにちは。
私もあのシリーズは「新宿鮫」しか読んでいませんが、青木晶は「うざい!」と思いました。完全に鮫島の株を下げてます。もしかすると、日本のミステリの弱点はそのあたりにあるのかもしれません。ごみつさん、“ロマンス”の部分がかっこいい日本人作家のミステリがあったら、せひ教えてください。
ところで、銀座5丁目にある「銀座熊本館」の看板を見ると、「銀座熊・本館」と読みちがえた友人のことを思いだします。銀座署の熊谷ってことでしょうか?
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ