ごみつ通信 

MOVIE LOVER'S DIARY

作品についている点数について

☆☆☆☆以上  最高!
☆☆☆★★★  上出来
☆☆☆★★   まずまず
☆☆☆★    普通 
☆☆☆     普通の下
☆☆★★★以下 蓼食う虫の部類かも。    

 

カレンダー

2022年
← May →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごみつ
なつ さん

今晩は。
今、なつさんのところにもおじゃましてきました。
私も早速TBさせていただきました。有り難うございます。

「酔いどれ天使」とか「静かなる決闘」で、若い三船はもうちょい楽しめますよね。ホント、楽しみだな〜。

「ルードヴィッヒ」真っ青のシーンは(笑)、皆さんそれぞれだと思うんだけど、私にとっては、志村喬が入院した病院のシーンなんです。
明け方近くに淡路恵子が訪ねてきた時に、彼女を見上げた時の表情!「この男のために私は死ねるな・・」と思っちゃいました。(爆)

映画って楽しいね。
投稿者:ごみつ
Fumie さん

今晩は!「野良犬」見たんですね!良かったでしょ〜。

録音状態に関しては、この作品は戦後なんでまだ良い方ですよ。(汗)戦中以前のはホント、聞き取るのが大変で字幕入れて欲しいです。ていうか、フィルムが残ってたらラッキーな位なんですよね。昔の日本はフィルムの保存がなってなかったんですよね。戦争で消失したのもいっぱいあるみたいです。
外国の映画は、そのへんは完璧でどんなに古くても音声はバッチリです。字幕だから聞こえなくてもOKだし。(笑)

東京のシーンは、なつさんがブログで書いてらしたけど、助監督の本多猪四郎が、外に出て撮影してきたものみたいですよ。それを役者の演じるシーンとあわせたんじゃないかな?

そうそう木村功も良かったですね。出てくるのはラストだけだけど、強烈な印象を残しますよね。
あ〜。やっぱ昔の役者さんって良いな〜。


投稿者:なつ
ごみつさん、こんばんは!
私もBlogで感想文書いたので、TBさせて頂きました。よろしくお願いします。

>、「ルードヴィッヒ」のヘルムート・バーガーも真っ青だよ!っていう位の美しい表情のシーンがあったんですが、さてどこでしょうね〜。(笑) 
そもそも美青年ぶり絶好調の時期だから、どのシーンでも美しいけど、えーそれどこですかー?
私は志村喬が千石規子を取り調べているところで、はじっこにいる三船の顔ばかり見ています(笑)Blogにもそのシーンでの三船さんの画像貼りました。

>fumieさん、こんばんは。先日はありがとうございました。
木村功もほんとうにいいですね。彼と三船は、一人の男−戦争から帰ってきた若者の二つの面として描かれていますよね。
でも、木村功が「七人の侍」で純情な若侍演じたのは、この何年も後というのは、驚き。
投稿者:fumie
こんばんは。「野良犬」わたし初見でした。コメントさせていただきます。
まず古い映画を観るといつも録音の悪さに悩まされます。やはり映画はその時代の人のものかな、と思うくらい。でも映画は後世の人のためにもある!と確信できたのは、この映画セリフが半分くらいしか聞き取れないというのに文句なく面白いのですね。前半の戦後の日本のシーンにセリフがないのも助かったけれが、とにかく引き込まれます。闇市のシーンはセットだと思いますが、野球場のシーンはどうなのでしょう?川上、とか出てましたよね、顔見えないけど。
三船の美青年ぶりはもちろんラストの方で出てくる木村功もよかった!「天国と地獄」の山崎努もそうだけど、あれだけで注目集まるでしょうね。
投稿者:ごみつ
ヌマンタ さん

今晩は。
我が家の周辺も、私が小さい頃はアスファルト舗装もされてなく、都電が走っていました。高い建物がほとんどなく、空がよく見えました。
個人商店もたくさんあって活気がありました。
懐かしいですね。

あんまり「昔は良かった」みたいな事言いたくないんですけどね。(笑)

「キャロットタワー」って何だかしゃらくさいですね。(笑)今はもうしゃらくさい物に溢れ返っていて、うんざりします。
投稿者:ヌマンタ
私が高校卒業まで過ごした街、三軒茶屋も戦後のドヤ街の名残が色濃く残るところでした。蛇崩れ川の周辺なんざ、貧民街でしたし、韓国人居住区もあり、雑多な街でしたよ。でもバブル期に皆一掃されて、つまらない街になりました。幼馴染は皆都落ち。キャロットタワーなんぞ建てやがって、もう他人の町です。あな寂し。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ