ごみつ通信 

MOVIE LOVER'S DIARY

作品についている点数について

☆☆☆☆以上  最高!
☆☆☆★★★  上出来
☆☆☆★★   まずまず
☆☆☆★    普通 
☆☆☆     普通の下
☆☆★★★以下 蓼食う虫の部類かも。    

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごみつ
rippletonefrench さん

今晩は。

今回紹介の作品は、ちょっと古すぎるので、これから放映される作品を機会があったら見てみて〜。

Rippさん、時代劇が苦手なんだよね。黒澤作品は、でも傑作はほとんどが時代劇なのよね〜。(汗)
「天国と地獄」は現代劇の中では最高の作品だと思う。(私が見た範囲内では)

以降、現代劇だと、次回放映の「酔いどれ天使」は三船のデビュー作なんだけど、美青年ぶりにビックリの作品だよ。
あとは、旧ソ連で撮影した「デルス・ウザーラ」は最高!ただし、出演は全員ロシア人です。
それと新しめの作品だと「夢」って言うのが面白いよ。夏目漱石の「夢十夜」みたいに、黒澤監督が見た夢を映像化した作品。異色作ですよ。


投稿者:rippletonefrench
ごみつ様

黒澤映画は「天国と地獄」しか観たことがないのですが、
三船敏郎はじめ、登場人物の方々が
とてもりりしく美しかったです。
他の作品もゆっくり観てみようと
あらためて思いました。

投稿者:ごみつ
なつ さん

今晩は。
コメントもなくいきなりTB入れちゃってごめんなさい。こちらこそ有り難うございます。

「続・姿三四郎」では、三四郎をはじめとして四天王がいるんだけど、その一人が森雅之です。ひげもじゃだし、どれが彼なのかよくわかんないよ。アップのシーンもないし。この作品か、「虎の尾」が、森雅之の黒澤映画デビューみたいですね。

あ〜、早く「酔いどれ天使」見たいね!!

投稿者:なつ
ごみつさん、TBありがとうございます。こちらからも返させて頂きました。

>「姿三四郎」
初公開時、少年だった父も見に行ったらしいです。
以前のテレビの放送の時、「この後、三四郎が池に飛び込むよ」とかネタバレされました(笑)
藤田進の戦後黒澤作品では、「隠し砦」の敵方武将が一番見せ場あってかっこよかったですね。
「用心棒」の喧嘩の前に塀乗り越えて逃げていくインチキ用心棒もいい味出してました。

>「続・姿三四郎」
まだ見ていないのですが、森雅之の名前がありますね!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ