ごみつ通信 

MOVIE LOVER'S DIARY

作品についている点数について

☆☆☆☆以上  最高!
☆☆☆★★★  上出来
☆☆☆★★   まずまず
☆☆☆★    普通 
☆☆☆     普通の下
☆☆★★★以下 蓼食う虫の部類かも。    

 

カレンダー

2022年
← June →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごみつ
rippletonefrench 様

ま〜、古い記事を覚えててくれたんですね!
嬉しい!コメント有り難う〜。

私も素学に関する部分は、まったくチンプンカンプンです。もう、とにかくムリ!(笑)です。

ただ。数学者達のドラマが興味深くて、それにとても感動しました。
興味もてそうなとこだけ拾い読みでも良いんじゃない?

投稿者:rippletonefrench
こんばんわ

無謀にも今「フェルマーの最終定理」読むのに挑戦中です。
ドキュメンタリーなタッチで読みやすくなってますが、
完全についていけてないですw

しかも夜読むと枕の隣にこの本が…
いつもこの本読むと寝てしまうようです
いや、でもがんばって読む!です!
√とか真面目に忘れてますwアーレーエ!


投稿者:ごみつ
Ripp さん

早速ありがとう!
どっちにしようか、迷うな〜。
今度、是非読んでみようと思います。

そしたらまた感想お聞かせしますね!!

投稿者:rippletonefrench
ごみつ様

森博嗣は「すべてがFになる」(講談社)
がおもしろかったです。

数学にオンチなワタクシにも楽しめましたので、
ごみつ様なら軽く読めますよ!
主人公、犀川助教授が真相に気づく場面は
ハラハラドキドキです。

理系の人が真相に行き着く瞬間って、こんなに
スリリングなんだ!と思いました。

あと「スカイクロラ」(中公文庫)の孤独さ、
たまらなかったです。これも森博嗣です。
投稿者:ごみつ
ふる さん!

コメント有り難うございます。

アインシュタインと言えば「相対性理論」について説明したどんなビギナー向けの本を読んでも全く理解できません・・。この頭の悪さ、何とかならないでしょうか・・。

「ゲーデル、エッシャー、バッハ」読まれたんですね。
凄いチャレンジャーですね。
ゲーデルもこの本に登場しましたが、かなりの人嫌いだった様です。
何を研究していたのかは、すみません、さっぱり分かりませんでした。(涙)

投稿者:ふる
>rippletonefrenchさん、ごみつさん

アインシュタインが言ったのは(おぼろげな記憶ですが)
「全ての物理学の法則はこどもにでも説明できるようなもんでないといけない」
というようなことだったと薄く記憶しています。

E=MC2 などシンプルで美しい方程式ですしね。

と言いつつ、フェルマーの定理はさっぱりちんぷんかんぷんですが(苦笑)

追伸:エッシャーの話が出てましたが、
「ゲーデル、エッシャー、バッハ」と言う分厚い本をだいぶ昔に読んで、頭痛がしたのを思い出しました。



http://blog.goo.ne.jp/full-chin
投稿者:ごみつ
くりすけ 様

大丈夫ですか〜?ムリしないでね。
このところ忙しかったから疲れもたまってたんでしょうね・・。
私も足をひっぱらない様にがんばりますので、よろしくお願いいたします。

私も数学的脳はカラッポです。
この本は基本的に数学者のドラマなので、読めたのです。
「フェルマーの定理」は、ここでは説明しませんが(ま、出来ないんです。汗) ある数の2乗 と ある数の2乗 の合計が、ある数の2乗 になる事はあるけれど3乗以上になると回答は無いっていう事です。

簡単な様だけど、3以上の数というのは無限にあるので証明するのはスーパー難しいっていう問題です。

こういう証明されても訳に立たない数字だけの問題を
数論 Number Theory というそうですよ。

てな程度には勉強になりましたぁ〜。

はぁ〜、これだけで疲れたよ、私は。

投稿者:くりすけ
この間はいろいろお気遣いありがとうございました。
無事に土曜日は復帰いたしました(>_<)
が、カウンターから外してもらうなどの配慮をしていただいて、ホントに感謝、感謝です。
まだ咳が取れませんが、みなさんにうつさないよう気をつけます〜!(^^)!

『Xn + Yn = Zn 
この方程式はnが2より大きい場合には整解数をもたない』

まったく何を言ってるのか、わ〜か〜り〜ませ〜ん(^^ゞ

数学的脳が、ほとんど欠如している私には、なんのこっちゃです。
多分、頭の中で最初から「わかんないからスルー」って組み込まれてるのかも。

こういう本を買っていかれる人、特に原書で買っていく人は本当に尊敬します。
すごいよ〜

投稿者:ごみつ
rippletonefrench さん

ありがと〜。
あれこれ興味は湧くんだけど、うわっつらだけかじって
何も理解出来てないのが、私の哀しいところです。
そんなわたしですが、おつきあい下さいね。

> 「すべては美しくなければならない」って言葉は
アインシュタインでしたっけ?

何だか言ってそうだよね〜。この本の中でも、数学者の
人たちは一様に「数学の証明は美しくなくてはならない」ってのたまっておりましたよ。

あと、今度私も森博嗣読んでみようかな。何がお勧めですかニャ?
投稿者:rippletonefrench
「すべては美しくなければならない」って言葉は
アインシュタインでしたっけ?(嘘かも 笑)
詰め込み式の学校教育ではわからない、
数学のおもしろさ、
まだまだたくさんありそうですよね。
エッシャーも数学だったのですね!!!
すごいな〜。
それにしてもフェルマーさんは
「じらしテク」が達者なようですね(笑)
数学って本当はおもしろいのかも…。
ちょっとジェラシー。(誰に? 笑)

私の好きな森博嗣のミステリィは数学的(力学的?)
で、とてもおもしろいです。
理系の頭で推理する、この緊張感がたまらないです!

それにしてもごみつ様は興味のジャンルが
幅広くって、「ごみつ通信」、
いつもすごく楽しいです。
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ