ごみつ通信 

MOVIE LOVER'S DIARY

作品についている点数について

☆☆☆☆以上  最高!
☆☆☆★★★  上出来
☆☆☆★★   まずまず
☆☆☆★    普通 
☆☆☆     普通の下
☆☆★★★以下 蓼食う虫の部類かも。    

 

カレンダー

2022年
← July →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

アクセス

  • 本日のアクセス  
  • 昨日のアクセス  
  • 総アクセス数      

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
投稿者
メール

 
コメント
URL
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:ごみつ
rippletonefrench さん

おはよう〜。

早速「カポーティ」見たんですね!
ちょっと、冷たい雰囲気の映像が良かったと思わない?
私も「僕のマフラー、高級品」発言は、気に入ってます。(笑)クリス・クーパーが演じた警察の人は。小説ではかなりのメイン・キャラクターですよ。

それと「陸軍中野学校」見たんだ〜!うれしい!
モノクロだけど、なかなか良かったでしょ?
同じ増村監督作品で、唯一のリアルタイム現代劇の「ある殺し屋」っていう作品があるんだけど、これは超お勧めだよ。もし、レンタルであったら見てみて〜。

インコは、オスのチチがビビリなので、結構気を使います。菜っ葉食べないし、困ってるんだよ〜。
しかも早朝、起き抜けに2羽で「キャ〜」っと騒ぐので(遊んでるんだと思う)、良い目覚ましになっています。かわいいよ。

投稿者:rippletonefrench
ごみつ様

やっと観ました!!
もうなんていうか、やっぱりホフマンはすごい役者さんだと思いました。

私が個人的に好きなどうでもいいシーンは
マフラーを見せて「コレ、高級品。」という台詞です(笑)
しぐさとかもカポーティを研究したのでしょうか。
すごくおもしろかったです。
「冷血」読みたくなりました。

そうそう。市川雷蔵の「陸軍中野学校」も観ました。
素晴らしかったです。
なんていうか、自分の独白が入るとき、
すごく抑揚をこめたかんじで、かえって主人公の感じた不条理さ、悲しさが
感じられて感動しました。
顔もすごく素敵でした。
声もいいですよね。

こんなにいい映画が観れたのは、ホントにごみつ様のおかげです。
これからも色々紹介してくださいね!!

インコちゃん飼ったんですね!
慣れるとカワイイですよ〜小鳥さん。
昔、文鳥を飼ってましたが、やっぱりかわいかったです。
いろいろ個性もあるんですよね。
おもしろいエピソードあったらまた教えてくださいね〜♪

投稿者:ごみつ
Ripp 様

今晩は〜。
私もカポーティは、「冷血」がはじめてでしたが、文章がやっぱ素晴らしいんだわ・・。
スキャンダラスな面ばっかり、とりあげられちゃってたけど、才能あると思ったよ。
で、ベタですが「ティファニーで朝食を」を買ってきました〜。

本を読む前に、映画を見ても全然大丈夫だと思うよ。
映画は、カポーティの心象風景がテーマであって、「冷血」の作品そのものではないから・・。
シンパシーを感じる事が出来たら、本も読んでみても良いかもね。作品そのもは、結構きつい作品なんだよ。

「ローズ・イン・タイランド」私も絶対見るど〜。
投稿者:rippletonefrench
ごみつ様

こんばんわ〜

これ、気になってます。
でもまずは『冷血』を読んでから!と思いつつ、
準備万端的にようやく!DVDデッキを購入いたしました〜!!(関係ない 笑)
やっと我が家にデーヴイデー!!!
記念すべき初レンタルはテリー・ギリアムの
『ローズ・イン・タイドランド』です(これまた関係ない 笑)

カポーティは名前だけ知ってる状態に近いので、
この機にお勉強したいと思ってます。

投稿者:ごみつ
Satoma さん

コメント有り難う。
今度、是非見てみて下さい。
ニューヨークの社交界パーティーのシーンなども、なかなか興味深かったです。

これは「冷血」を読まずしては、語れない作品なので、
機会があったら是非読んでみて〜。かなり、重たいけどね。
私、昨日「ティファニーで朝食を」買ってきました。(笑)読むのが楽しみです。
投稿者:satoma
公開時に、見たい!と強烈に思って、なのに見れずじまい。冷血も読まなきゃと思ってて未購入のまんま。ごみつさんのブログで、あ〜、私これ見たかったんだ〜、と思い出しました。それと、アラバマ物語の最後の怪物との繋がりには、ビックリです!
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ