2008/5/31

うつわー22  うつわ

☆骨董のお皿ですが、盛岡で
 めぐりあいました〜

材木町という宮沢賢治の本を印刷していた
光原社があります
観光客も多い通りですが、かなり近代化
された感もします

その通りを少し歩いてみると
和骨董のお店がありました

通りの由来が書いてあります
チラッと見えるお店です
クリックすると元のサイズで表示します

こんな風に所狭しとお皿が置いてあります
ここは、ふだん使い風のお手頃コーナーです
クリックすると元のサイズで表示します

その中から、記念に求めました
どれかな?

割れても惜しくないお値段です
といえども大切にします(笑)
クリックすると元のサイズで表示します
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ