屋久島生命研究所

世界自然遺産に登録された屋久島から 世界に向けて 人類の未来社会を創造する情報を発信して行く為に 作成しました。

 
青い海に囲まれ 美しい緑の山岳と清い水と風の島。其の島から人類が幸福に成る情報を発信します。

カレンダー

2020年
← December →
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

掲示板

カウンター

本日のアクセス
昨日のアクセス
総アクセス数

ブログサービス

Powered by

teacup.ブログ
RSS
この記事にはコメントを投稿できません
コメントは新しいものから表示されます。
コメント本文中とURL欄にURLを記入すると、自動的にリンクされます。
投稿者:船橋
初に投稿致します。

まずは素晴らしい構想の研究所設立、おめでとうございます。
屋久島の自然から我々が学ぶべきことは、本当に汲めども尽きない水のように湧いていると思います。それらを学術研究と言う形で発信して行くことは、まさに今時代が求めていることだと確信します。

私は現在、生物学、物理学、環境科学、経済学 などを統合した複雑系科学という分野の研究をしているのですが、工業化を急ぎすぎた人間社会が、豊かさを失うこと無く自然と共生して行くには、屋久島のような原始の豊かさを備えた生態系から学ぶべきことが重要であると痛感しています。

例えば、森と海が水の大きな循環によってつながっていて、そのどちらが破壊されても全体が損なわれるという事実は、自然の中で暮らしている人には当然のこととして実感されても、都市計画を行う者が自覚しているとは限らないことは歴史が物語っていると思います。
しかし、何らかの形で自然に働きかけなければ人間社会は存続していけませんから、都市計画を行う側に「森と海をつなぐ水の循環」という自然の理が意識されなければなりません。そのような研究はまだまだ端緒についたばかりで、屋久島のようなフィールドから出てくる研究が非常に重要になると思います。
更には名も無き虫や草花が織りなす無限の豊かな共生の在り方は、人類が自然と共生するヒントを必ずや与えてくれるでしょう。

研究所設立理念の志の高さに感動し、思わず書き込んでしまいました。
貴研究所の発展とご活躍を祈っています。

敬具
teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ