〜自転車と旅行とラジオと…

これも時代の流れか...

2021/9/1 | 投稿者: abechan

時刻表

これはボクにとってただ時刻を調べるだけではなく
数字(時刻)を追って頭の中で日本全国旅してる気分になれる
”本”なのだ

ボクは...
世間一般で言う”鉄ちゃん”と言うレベルではないけれど
鉄道は見るのも、もちろん乗るのも好き
そして鉄道で旅することもこれまた好き
小さい時から...ここはみんな当てはまるんじゃないかな

そうそう...
そう言う前置きをして先日...ってか8月も中旬頃だったと思う
ふと「この夏に何の本を読もうかなぁ〜」と
本屋さんへ立ち寄るとふと目に止まった

時刻表

表紙にこう書いてある

「長い間ご愛読いただき、ありがとうございました。」と

「え?」って思った
「んなこたぁ〜ないだろう」とも思った
でもそれが現実だった

クリックすると元のサイズで表示します

「何てことだ!」と残り少なく積み重なっている時刻表を迷わず購入

国鉄からJRへ
そして民間に移ってからは容赦無く赤字路線は
第3セクターや廃止で減り続けるこの時代
そしてインターネットやスマホの普及で
わざわざ時刻表を購入しなくても
簡単に調べられる...こう言うことが
時刻表に終止符をうったんだろうな...

ページをめくると
簡単ではあるが発行してからの60年を振り返る
ページがすぐに目に入る

クリックすると元のサイズで表示します
60年をめっちゃ簡略化...それもちと寂しい

とは言うものの終止符を打つのは
「全国小型版」の時刻表である
ポケットサイズや大きめのサイズは引き続き継続している

でも時刻表というブックサイズは将来的には
無くなっていく序調なのか...

今あるものを無くすことは簡単だが
無くしたものを全く同じ状態で蘇させることは不可能に近いでしょ
時刻表に限らずいろんなものにも当てはまる
要は不便なものは無くして便利がいいものを残す

世界遺産に力を入れるくらいなら
このようなものを”残す努力”もして欲しいものだ
歴史ある国では”残す”事に力を入れているのだ
我が国も世界に負けない歴史ある国でしょ...

また一つ、昭和世代の”宝物”が無くなっていく...
1



コメントを書く

名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ