仏ヶ浦事件の真相  親兄姉・親戚

キヨ子の孫娘・奈緒よりメールがきたので そのまま転載しちゃうわネ

       ============================

で、久々に狆のページも見てみたけど、仏ヶ浦事件で多少補足しますわ。

フェリーの乗換えをしたりしてやっと仏ヶ浦に到着。
伯母(由利子の姉・真利子)さんに
「あんた親孝行だねぇ。親にくっついて旅行するなんて。」と言われ、
『へ?何で??法事だし、旅費は払っていないし、暇なだけだし。』と思っていた。
と、由利子が
「こんな僻地でなんかあっても後から骨を拾いにくるのも大変だから、一緒にくっついて回っていた方が間違いないね。」なんて言って笑っていた。

親父(としお)は地元の人が売っていたアイスを食べながらデジカメでの撮影に夢中。
私は岩の上に上り、景色を見ていると、母と伯母も岩に上がってあーだこーだと。
そこで「じいさん、アイス食べているところ(岩をバックに)撮ってあげるよ!」というと、私達3人は同じ岩に上っていたから「じゃ、そこで3人で撮るから、もっとこっち(奈緒のいるところ)寄って。」
というと、由利子はいつものように即動き始めた。そしたら・・・・


おっとっとっとぉ〜と 足が止まらずに岩を下って私の前を通り過ぎ、また上り岩の反対側に下る感じでどこまでも進んでいく。
「アハハハハハ」と面白い姿にみんな大笑い。
岩の裏側に行くとまた下りなもんで、前傾姿勢で右手、左足をついて倒れこんだときに、相当勢いが付いていたのか頭も勢いよく地面に着地!
ゴンッ!!!
音にびっくりして『何してんだ?ババア??』という笑いも、
前のめりだったから ヤバい!! に変わって駆け下りた。
動かない・・・。
『え?まさか頭を打ってそのまま・・・。え?まさか死んだ??
と、抱え起こそうとしたら自力で頭を起き上がらせてきた。
『血だらけで見るも無残な顔なのでは?』と思ったら、その地面はちょうど丸い洗面器ぐらいの水溜りで、ぬぼ〜っと顔面を上げた第一声
「鞄(かばん)。」
倒れこんでいる体の左側面に別の水溜りに鞄が着水していた。
びしょぬれの鞄を引き上げ、自分の鞄からタオルを探していると伯母さんと父も到着。
タオルを差し出した頃にはすっかり体を起こした由利子はTシャツもびしょぬれ。。
でも、その洗面器のような水溜りから顔を上げたというだけで無傷。
勢い余っていたから頭も半分ぐらい浸かっていたようだが、なんともなさそう。だけど、手と足は血だらけ。。。
ペットボトルの水でタオルを濡らして傷口の手当をして、2枚しか持ち合わせていなかった絆創膏を酷い所にだけ貼った。
自分が仏になるところだった。(爆笑)」
などなど、あーだこーだと話しながら一応それでもその転んだ岩をバックに写真を撮り、上陸時間は30分しかないもんだから、そのままフェリーに向かって歩いていたら、ふと気づいて由利子はTシャツをめくってみたら、胃の辺りに、映らないチャンネルの砂嵐のように縦に擦り傷が!
腹もスゴいが、傷もスゴい。
フェリーに乗って救急箱があったから応急手当をしてなんとか帰ってきた。

定刻のP.M.2:50に青森港に戻ると竹内夫妻(キヨ子の長男・繁明夫婦)と安藤の伯父さん(真利子の夫)が待っていた。
一部始終を伯母さんに話すと
いや〜、なんでそんだところで転んだんだべか? 何かに呼ばれたんだべか?」というから
キヨ子が来ていたのか?」と言ったりして、みんな爆笑だったが、
竹内の伯父さん(繁明)は「バカが・・・」という面持で妹を見ていた。

実際、法事だったし、ばあちゃんが来ていて、せめてもの救助であの水溜りに誘導したのかもしれない?というぐらい偶然過ぎるし、しかもちょうどいい大きさの水溜りだった。
あの手前でも、その先でも、もちろん岩の途中でおっとっとっと〜と転んだとしても、
あの体型で前傾で転んだら間違いなく頭は打っていたし、顔はズル剥けのはずなのに、
運が良いのか悪いのか無事だった。

結局後日談として、あの「ゴンッ!!!」はペットボトルやビールの入ったバックが、転んだ時に岩に当たっての音だったのでは?ということになり、フェリーに置いて行けと言ったのに、年寄りは無駄に荷物を肌身離さず持っているもんだから・・・。

私はタオルを洗いに走ったりで、水溜りを振り返るのも現場を撮影することも忘れていたが、本人の由利子は
写真に撮った?あんな面白い姿は滅多にないのに何してんだ!」と言う始末。
洗面器にしては深さもあってちょうどいい大きさの水溜りだったらしい。

クリックすると元のサイズで表示しますまだまだ50代、キヨ子ばあちゃんは元気に孫達を拳骨で威圧していたというのに、
私はこんな情けない親(由利子)の姿を見て、『嫁に行きはぐったか・・・?』なんて、年老いた親のせいにしたりして。。。
あの情けない姿を見て親父(としお)は
嗚呼、介護生活が始まったか・・・・」と思ったのか、「先を越された!!」と思ったのか、
この先、己に降りかかってくる一筋の光も見えないお先真っ暗な残りの人生に不安を抱いたのか、口数少なく帰路に着いたのでした。。。
                                           
                 完 


           =========================

  奈緒ちゃん、詳細な説明ありがと!  
友人が私にTELをしてきて
「変人はあんただけかと思ってたら 親戚皆、隠れ変人なんだね・・・」
「あったり〜〜 普通じゃつまらんワイ! 褒めていただきアリガトウ」
こう言ったかどうかは・・忘れたとです

1



2005/9/15  16:47

投稿者:ナナのママ

イトーヨーカドー錦町店 の ペットのKに今年の4月生まれの狆ちゃんが居ました。
動画を見ると、昔のぷーちゃん いや あんみつ姫 顔負けの 元気な狆ちゃん!

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL





AutoPage最新お知らせ