2018/11/11  16:35

賀状用干支印(亥)セール!  篆刻

賀状用干支印(亥)SAIL!

クリックすると元のサイズで表示します

今年も残すところあと一ヶ月余りとなりました。毎年恒例の干支印(亥)のSAILを行わさせて頂きます送料込み袴無しで2500円均一!!


詳しくはこちら→希夷斎遊印販売賀状用干支印

4
タグ: 干支印 亥の印

2018/11/1  18:51

千字文全文印  篆刻

成功!

クリックすると元のサイズで表示します
釈文として千字文全文と落款を入れました。こちらは下書きも布字もせずどしどし彫っていくので二日間で完了。
クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず成功いたしました。粗彫のとき気付けばよかったのですが、「知」字の左右が逆になっていました。まぁ篆書だと左文として偏旁の位置が逆だったり上下だったりする例もあったりするので、ご愛敬ということで許していただきましょう(;^ω^)

クリックすると元のサイズで表示します

とりあえず大きな失敗なく粗彫りが完了いたしました。ここまでは単に記号としての文字を彫り残しただけ。ここから千文字を書に起ち上げていかなくてなりません。これまでの数倍時間も労力もかかりますが何とか完成まで漕ぎ着けたいです。何せこのサイズは全人未踏ですのでどうなることやら…

クリックすると元のサイズで表示します
以前のエントリーでも書きましたが、千字文全文印に挑戦しています。
これが多分私の多字数印の最後の作品になると思います。眼と身体が効くうちに何とか仕上げたく思っているところです。友人に頼んで中国は杭州かわざわざ運んできてもらった、12cm角の青田石の砂釘の全く入っていない特級品に、約一週間かけて布字が済みました。帳尻が合わず何度もやり直しましたがようやく千字がなんとか入りました。あとは彫りですが。。。どうなることやら
31

2018/10/30  10:10

刻字第34作  刻字

クリックすると元のサイズで表示します

私の育った隣町にお住まいの宇野雪村門下、奎星会の駒井光明先生からご依頼頂いた刻字作品。
最初玉作拝見したとき、宇野先生の書かとはっとしました。似ているとかそっくりとか言うより放つオーラがそのもののような気がしました。快作也!と。
60cm四方の大判の桧の厚板。なかなかこのサイズ板取が出来る材は少なく、相当高額だったと思います。5割は渇筆で構成されているため筆の毛先の跡を一本一本を刻さねばならず大変な作業となりましたがようやく完成。久しぶりの刻字のお仕事を頂き木に対する勘が少し戻ってまいりました。
さて一体何という字でしょう?

6



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ