2010/11/15  11:25

内モンゴル見聞録そのB  篆刻

さて、2日目は朝から「中国巴林石城」なる宝石市場に視察です。50m四方ほどのパティオのような中庭を宝石店がぐるりと囲むように軒を連ねています。その中庭では朝市のようなものが開かれており大小、種別様々な石が所狭しと陳列されており、日本人だと分かると人だかりが出来、あれ買えコレ買えと言って来るので煩わしいこと限りなしです。

クリックすると元のサイズで表示します
周りの宝石店はいわゆる高級印材や高価な巴林石彫刻工芸品を置く店。中庭の朝市では地元の人々がオークションで落としてきた品々を比較的廉価で売買しています。高級宝石店と朝市では同じものでも値段が十倍違いますw最初、現地案内役の方に、ココで買えと、ある宝石店を勧められましたが、今回は高級印材には用はないので早々に退散。

クリックすると元のサイズで表示します
巴林石のみの市場だと思いきや、中には青田石や寿山石、昌化系鶏血石など結構紛れ込んでいます。

クリックすると元のサイズで表示します
全ての石に無焙煎の白ごま油を綺麗に見えるように塗りたくっているため、石材の割れや傷などが見えにくく粗悪品を掴まされることもしばしばです。

クリックすると元のサイズで表示します
ここは鶏血石に特化した露店。血は入っているものの地の硬質な粗悪な昌化系鶏血。印材としては使い物にならないのですが驚くような高額を提示してきます。買う気もないのに、「高いよ高いよ」といっていると、十分の一位まで値下げしてくれますw
上にあるピンク色の凍石は、最近キョー和貿易(元アメミヤ)などでも販売している、割に等質な彫りやすいものですが、今までその素性が分からなかった物。最近遼寧省から産出される海岳石(ハイユェンシー)と言われるものだそうで、中でもこのピンク色のものは粉凍石という名称。

クリックすると元のサイズで表示します
むむむ!!最前列の自然石、手前左から三番目の芋羊羹のような色をした原石。どう見ても巴林石ぢゃない。かなり良質な青田封門青ではないか?露店のおばちゃんに幾らか問えば、30元、約五百円。即買いwいいものが手に入ったと喜んでいたら、赤峯空港の荷物検査で危険物として全て没収。未だに怒りが鎮まらない(怒)

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
石城の外にはトラックの荷台にドでかい原石を積んだトラックが。ここでも露店として売買しています。買って持って行きたいと思うものもあります。

クリックすると元のサイズで表示します
さて今回の主たる目的は、印材の仕入れではなく、日本の篆刻家、あるいは篆刻愛好家のために、あくまで廉価な良材を産地直送にて、出来るだけ中間マージンがかからない方法で輸入出来ないだろうか、それを確かめる為の視察。印材は見ているだけで楽しく、つい時間を忘れてしまいますが、巴林石城はそこそこに、ここ巴林右旗にある原石加工工場への視察に。詳しくは次回にw
5



2010/11/21  10:56

投稿者:希夷斎

荷物を出来るだけ少なくしたかったのでリュックだけで行ったんです。そしたら…

2010/11/20  22:59

投稿者:木の葉

危険物?石だから?それで、誰かを殴るとか?
預ける荷物に入れなかったの?
はて?

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ