2010/11/20  15:54

内モンゴル見聞録そのC  篆刻

クリックすると元のサイズで表示します
さてようやく、私にとっての当初からの目的であった、印材加工工場の視察です。モンゴル文字で書かれているためなにやらさっぱり分かりませんが、「巴林右旗芸美巴林石彫芸有限責任公司」という会社です。ここの社長の李成国氏はモンゴル族出身で、父親は満州時代、日本軍とも信仰があり、日本語も上手だったとの事です。李社長自身はモンゴル語とともに普段は中国語を話しています。

クリックすると元のサイズで表示します
右の大きな机前に座っているのが李社長。もともと巴林石は満州時代に日本軍がタルク原石鉱脈をこの巴林右旗に発見し坑道を開発したもので、当時それは「日本坑」と名付けられていたそうです。そして田中角栄元総理と周恩来首相による日中友好条約の会談時、周恩来首相はお土産として巴林鶏血石の玉品を田中角栄元総理に謹呈したという事です。

クリックすると元のサイズで表示します
工場の敷地内の駐車場には、いたるところに原石がゴロゴロと積まれています。理由は定かではありませんが、原石の上にはハクサイの残りかすのようなものがうち捨てられています。

クリックすると元のサイズで表示します
もともと巴林右旗には1976年に国営企業の石材加工工場が出来、李社長は当初その国営工場の社長でした。生産量も多く軌道に乗り出したので、2004年民間企業を設立し独立して本工場の社長として就任したとのこと。現在でも巴林石の加工工場はここと国営企業の二社のみだそうです。

クリックすると元のサイズで表示します
この旋盤ノコは1982年に日本から取り寄せた機械で、それまでは手引きのノコギリで引いていたそうです。最近は巴林石自体、非常に産出量が寡少になり、値段も高騰しているとのこと。安価で硬度も低いウィグル産や遼寧省産、外モンゴルや江西省産などに取って代わられているようで、多分日本で巴林石として販売しているものでも、ウイグルや遼寧省のものがかなり含まれているのではないかと思われます。

クリックすると元のサイズで表示します
原石の切り出しは石の粉が飛ばないようにと水を混ぜながら斬るので、床一面白い粘土のようなもので覆われていてウッカリ踏むと填ります。写真は旋盤を指差す李社長の奥様。

クリックすると元のサイズで表示します
さて、大きな原石を手ごろな大きさに斬り終えたものを今度は紐やその他工芸品に加工するわけですが、このの部屋では20代前後であろう若者達が、ロックミュージックなどをギンギンに掛けながらノリノリで楽しそうに作業をしています。皆歯科医の使うようなルーターで彫っています。机の真ん中に各テーブルに分岐する雨トイみたいなものは掃除機のような吸気管で、作業で出た石粉はココから吸い込まれ外に排気されます。

クリックすると元のサイズで表示します
この若者は、サンプルの写真を見ながら物凄い細かい彫刻を施しています。凄い技術に唖然とします。左手にはゴム球で出来たスポイト状のものを持ち、まぶされた石粉をコレで吹き払っています。

クリックすると元のサイズで表示します
う〜む…ここの若者達も、このトイレで顔をつき合わせてウ○コしてるんだろうか…
さて、次回は社内の貴重な印材ばかりを集めた印材美術館に潜入します。まだそれほど日本人は拝観していないとのこと。
0



2010/12/4  8:55

投稿者:希夷斎

>川越人さま
そのレアアースというものが何なのかわからんですが、内蒙古は鉱物資源の宝庫で、中国にとっては宝の山のようですね。

2010/12/3  23:18

投稿者:川越人

内モンゴルはレアアースの宝庫らしいですな!

儲かりまっか?(笑)

http://daishoya.blogzine.jp/dashoya_zakkichou/

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ