2017/4/21  0:20

刻字扁額  刻字

丸二日続けて作業したので、早めに仕上がりました。
柿渋に少し朱墨を多めに混ぜて茶色を強くし、うずくりで磨きました。
後はひたすら金箔置き。わりに渋めに落ち着いた表情になったと思います。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
彫りの深さは1cm弱。

クリックすると元のサイズで表示します
基底部の浚いは平鑿でなるべく平らかに凹凸を出さぬようにしたつもりですが、
それでも磨くと鑿痕が尻労出ますね。

クリックすると元のサイズで表示します
落ち着いた小篆体の場合には、粗いい斫りは合わないと私は思います。
私は斫りはあまり巧くないので書の雰囲気をなるべく壊さぬようにしています。
印部分は朱色のカシューの生塗り。

クリックすると元のサイズで表示します

文字の打ち込みは前回の金文同様、平鑿でなくあくまで丸鑿で当てています。
初世、二世蘭臺や関野香雲、松丸東魚の鑿痕も皆丸鑿で当てているのは、
線の含みやあや、深みが格段に上がるからでしょう。
ただし、丸鑿はランダムに適当に当てると線の骨を途端に壊してしまいます。
とくに「壽」字の右肩部の頂点の一鑿などは角度や入れる深さなど細心の注意を払わないと、
文字を脆弱にしてしまいがちです。
篆刻における浙派の刀痕が刻字をやるようになって今更ながら大変参考になるのです。
クリックすると元のサイズで表示します

小篆にて「延寿萬歳常與天久長」
制作開始から一月。桂材凸彫の半切扁額です。まだ途中の粗彫り状態ですが、これからさらにバリ取り、柿渋入れ三回に磨き、金箔置きを施してあと一週間ほど完成です。
やはり大物の凸彫りは彫る面積が広いので時間がかかりますね。彫りだけで4日かかりました。
線と線の間、底面の浚いと均しは気長にやるしかありません。仕事や他作品と同時並行して制作しているのでなかなか思ったようなスピードでは刻しきれません。途中経過としてupいたします。
8



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ