2021/3/31

31日  動画

気が付いたら3月がもう終わり。

昨夜気づいたのだが、12200系の惜別シリーズがいきなり中断しかかっているので、取り急ぎ第2弾。

もうパソコンの能力不足が顕著になっており、下手したらエクセルですらまともに起動できないときもあり、動画編集のソフトはいいのだが、それをまともに動かすことがだんだん至難の業に。

第2弾は、あの近鉄フリーパスの記録から、12200以外の旧塗装、旧塗装同士の混結編成、そして新塗装初の記録をまとめてみた。本当はもう少し長くと思ったけど、パソコンの能力の限界だったので、これだけに。

クリックすると元のサイズで表示します

https://youtu.be/EI-7sBTwpHA
7
タグ: Youtube

2021/3/30

ついつい、、、  なんやかや・・・

忘れてしまう、パスワード。

IEからEdgeに替えてから、ブログ(管理画面)に入ろうとするとパスワードをワードを聞かれることが多くなった。

Edgeの前に、クロームを短期間使っていた時には、最初にパスワードを入力すると2回目以降は聞かれなかったのに、Edgeの場合は、何回入力しても少し間を置くと(10日ぐらい)また聞いてくる。

また最近では、パソコンの容量不足か動画編集が思うようにできなくなってきた。10分を越える動画を作ろうものなら、再起動の嵐。

巷では、桜が満開、コロナも3分咲きからじわじわ満開に近づいているようで、対策等も半年前から進歩なし。

クリックすると元のサイズで表示します

丹波の桜も、今頃は満開でしょうな。

で、2週間ほど前のJRのダイヤ改正。
コロナの影響の減便ダイヤは少し手を変え継続中。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します
一番の問題は、定期から不定期(臨時)運転になった『こうのとり』が出現したことで、時刻表を見るのが、ややこしくなった。

で、それ以上の問題が、自由席車の削減(指定席化)。
クリックすると元のサイズで表示します

HPでは、「一部の列車が」になっていたが、ふたを開けると全列車やないかい。

基本自由席は、4号車のみの1両になったが、4両編成はまだしも、朝夕の7両編成で1両はキツイ。たしかこの7両編成は自由席が5両あったはずだから、それが、、、。

ま、それだけコロナショックが大きいのかもしれないけど。
続きを読む
1

2021/3/14

惜別ビデオ  動画(写真)撮影

 近鉄12200系が引退してはや1ヶ月。

ただ定期特急からの運用離脱なので、臨時で走ることもあるし、一部は「あおぞらU」へ転用されるとかで、しばらくは形式消滅にはならない感じ(ただ廃車が進んでいることは事実)。

というわけで、今までビデオで撮りためた12200系と、それより早く消滅した旧塗装特急をようやくまとめることに。

最も京橿特急を撮りまわったのは2018年後半から2019年にかけての1年半ほどなので、記録と言うほどの物でもないけど、、、。

1回10分程度にしようかと思っているので、何回続くか。
クリックすると元のサイズで表示します

一応、12200とそれ以外の混結(混色)編成を中心にする予定だが、、、。

https://youtu.be/m7cJ6kDYMdM
7

2021/2/27

丹波近況  なんやかや・・・

コロナさんがひどくなった昨年3月以降、丹波より大阪にいる方がめっきり多くなった。

ただ同時に外出も控えているので、ビデオ撮りはさっぱり、丹波に居ないのでナローレイアウトの方もさっぱり、逆に増えたのが、大阪でのテレビ録画。

丹波の方はBSアンテナが壊れているのでBS受信が出来ず、wowowが見れない。

で、いつ頃からか(と言っても昨年4月以降だが)大阪の方でもそれまでのDVDプレーヤーからレコーダーに替えて、丹波では見れなくなったBS中心に録画の沼に。

クリックすると元のサイズで表示します

少し前の録画機の中身。

先日wowowで放送された「カルメン 故郷の帰る」が、なかなかの拾い物。
なんたって、あの草軽電鉄が映画フィルムに残ってる。
その最初のシーンが、
クリックすると元のサイズで表示します

この2人、てっきり無蓋貨車(トラ)にでも乗っているのか(後ろのヘッドライトが機関車、さらにその後ろが客車)と思っていたら、
クリックすると元のサイズで表示します

なんとカブトムシと言われた機関車のボンネットに乗っていた。

クリックすると元のサイズで表示します

このころは、無蓋貨車にひとを載せるなんて地方私鉄では当たり前だったようで、大変羨ましい。

とどめは、
クリックすると元のサイズで表示します
ほんのワンショットとはいえ、列車全景が写っている!

こんな形でも軽便の記録が残っているのは嬉しい。

で、この草軽シーンだけが残ったこの映画、所要時間4分にまで短縮出来ました。
続きを読む
8

2021/2/18

休眠中、、、  HOナロー

まだ春にはなってないけど、この冬は寒かった。と言うより寒いときの冷え込み方が、半端なく冷たかった。

それでも大阪にいるときは、ちょっと冷たいと感じる程度だが、丹波に戻ると途方もなく冷たい。

ストーブをつけても、その前面半径1mぐらいまでは暖かいが、2mも離れると、寒い、、、。

こんな状態だから「化け猫屋鉄道」の手入れも、冬眠中。

とは言っても、日が差し込む午後のひと時だけは、レイアウトチェック。

「走らせる車両だけ、線路に載せる。」「留置線や車庫等は極力作らないようにする(H0ナローの場合)」の掟に従い、ちょこっと配線変更工事を実施。
クリックすると元のサイズで表示します
一旦完成したはずのレイアウトから留置線を一部撤去。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

まず、貨車を止めていた線路と、機関車車庫を作る予定だった引き込み線を撤去。

水で薄めて使ったボンド水溶液が、意外にしっかりついていることにビックリ。

続きを読む
8

2021/2/14

嗚呼、、、1か月  なんやかや・・・

気が付いたらはや2月も半ば。10日に1度くらいは更新しようと決めていたのに、丸々1か月空いてしまった。

この1か月でコロナは急速に減少傾向を示し始めているが、何となく中途半端な数字を示している。

そんな中、鉄道業界では早くも今年度最大の話題が。

そう、近鉄12200系スナックカーの引退がひっそりとおこなわれた。

2月12日の運用をもって、営業から退いたという。「ひのとり」デビュー時から、運用は今年3月までとは告知されていたけど、正式な引退日は全く告知されてこなかった。

昨今は電車が引退するだけで、阿鼻叫喚の阿保みたいな光景がネットやニュースで流されていただけに、この静かな引退は、大変素晴らしい。

12200系は、昨秋以降どんどんと勢力が減少しており、最終日を迎えた編成は3本だけだったか。

それでも最終日には1本が、あの副票付き京橿特急の運用に入っていたのは、持って瞑すべしか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


この12200系も、KATOのレジェンドコレクションで出してほしい一品。間違えても鉄コレでは出すなよ!
続きを読む
8

2021/1/6

事始めは物欲初め  グッズ

年末までにあと1本、と思っていたら年を越してしまった。

コロナ禍に見舞われたこの正月、あちこちで例年とは違う風景が見られたようだが、その例年とは違う風景を、実家近所の神社で発見。

住吉大社が屋台を禁止するとは年末には聞いていたが、そのせいか、例年屋台も出ず、参拝者もまばらなはずの地域の小さな神社に、屋台出現。

参道自体が短いため(20mほどか)、屋台の数自体は住吉大社とは比べものにならないが、その参道を埋めるだけの屋台が出ている。その屋台の雰囲気を味わうためか、昨年までは見たことなかった家族連れの多いこと。

まさかこんなに身近で正月気分を味わえるとは思わなかった。

そして4日に、新年初乗り?を兼ねて難波の旭屋まで。

旭屋に行くことは、今年の初の物欲は本(雑誌)の類という事。

で買ったのが、この3冊。
クリックすると元のサイズで表示します

近鉄電車写真集の6、高性能通勤車(非冷房車編)。

800系以降の、非冷房で製造された通勤車グループの写真がずらり。
非冷房で新造が前提なので、最新の中古車シリーズ21などは入っていない。

それでも新しい写真には、はかるくんや、鮮魚専用に魚ラッピングをしたあの1両(2410系)なども収録、さらには走行写真と合わせて車体の機器写真なども収録されており、なかなかボリュームがある。

そして2のビスタカーは、1の10000,10100に続くもので、30000と、20100、そしてつい最近リニューアルを受けた20000系楽のリニューアル前の姿を特集したもの。
2年前の発売だが、ついつい買いそびれ、今回も、もう無いだろうと思っていたところ、意外に残っていたので、予定していた近鉄特急サイドビュー写真集を買わずに、ビスタV世をお買い上げ。

出版社が、宇治の城陽のリトル出版という非常にマイナーな出版社で、他しか模型屋と兼業しているとか。
故に流通経路が非常に細く、大阪での取り扱いは、なんばシティにある旭屋のみ。

ビスタカーが出たころには、あまり続かないだろうと思っていたのだが、どうやら半年に1回のペースで出している模様。
ビスタカー以外に、エース・新エースカー、奈良・吉野特急、旧型電車と出ているが、スナックカーやサニーカー、アーバンライナーにシリーズ21など出てない方がはるかに多いので、半年先に何が出るか、楽しみ。

軽便賛歌は、軽便鉄道模型祭の記念講演をまとめたもので、載っている写真は驚愕もの。

続きを読む
8



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ