2020/1/23

阪堺電車  動画(写真)撮影

1年ぶりに、阪堺電車に行ってきた。

大体正月には行っていたのだが、それ以外の時期はなんだかんだで見落とし。

ただ今回は、ネットニュースであの「恵美須町」駅が移転するとの記事を見つけて突然行く気になった。

そのニュースによると、おととしの台風で駅舎などに被害が出たため、現在地より100m手前に移動するという。しかも新駅開業は2月1日。今まで全く知らなかった。

いろいろ考えて、浜寺公園から乗ることにした。

そこへ行くには、阪和線東羽衣から南海本線に乗り換えて、一駅のルート。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

阪和線東羽衣と南海羽衣の間には、ペデストリアンデッキが出現、両駅間の移動はわかりやすくなったようで、それはあくまで新駅舎になった南海和歌山方面へ行く場合。旧駅舎の難波方面へは、上がったり下がったりを繰り返すため、素直に地べたから踏切渡っていくのが、いいみたい。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今やここから出るのは、天王寺行きばかり。恵美須町に行くには、我孫子道〜住吉の間で乗り換えねばならない。
それにしても運転本数が結構ある。12分に1本という、南海本線や阪和線などより1時間当たり1本は多いのは大したもの。多分、恵美須町発よりは倍ぐらい本数が違うはず。

住吉で乗り換えるとして、その一駅手前の細井川まで乗ることに。



クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

このどぶみたいなのが、細井川。『川』の風情なんかみじんも感じられない。
クリックすると元のサイズで表示します

掲示されていた『移転の案内』。

クリックすると元のサイズで表示します

駅から通りに出て右を見ると、少し先には住吉大社前の併用軌道が見える。

細井川から、住吉鳥居前、住吉間で、しばしの撮影タイム。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

正月3が日は、住吉鳥居前と住吉の電停が合体し1つになるのも、この距離を見たらうなずける。
住吉の待合所は、超骨とう品。いつの間にか自販機が占領しているけど、この佇まいは捨てがたい。

住吉〜我孫子道間は、天王寺往復が6分毎の高頻度運転なのに対し、恵美須町往復は2,30分毎の運転と都心部としては信じられないような閑散運転。

だから、恵美須町行きに乗ると、途中下車なぞ考えずに終点まで一直線。新今宮で下車する人より、終点まで行く人が多かったのにはびっくり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

今や2本ある線のうち右側の線路は使われておらず(というか、使えない)、ホーム上屋には台風で破壊された跡がくっきり。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

新駅は、線路1本つぶしてその上に。確か昔は、駅へ入る両渡りのポイントがあったあたり。

この新駅への出入り口の状態はまだよくわからないけど、そのうち形になるんだろうな。

クリックすると元のサイズで表示します

ホーム端にあるこの詰め所もよく見ると、台風被害なのか単なる老朽化なのかわからない傷跡が、、、。


クリックすると元のサイズで表示します

駅は移動しても、手前の喫茶店は残るのが、唯一の救いか。
8




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ