2020/2/9

アーバンライナープラス!  動画(写真)撮影

先月の24・31日に実施した「ありがとう喫煙車ツアー」の喫煙車以外の部分の動画(宇治山田や津での撮影分)編集がようやく完了。

あれもこれも入れていたら30分近くになりそうなので、断捨離編集を行い15分ほどまで短縮。残念だったのはアーバンライナー(甲特急)の車窓が大幅にカットせざるを得なかったこと。かろうじて八木通過の部分だけは入れたけど。

宇治山田に行くにも津に行くにも、運賃・特急料金面だけで見ると片道当たり100円ほど宇治山田行きが高いだけだったのにはビックリ。もう少し差が出るかと思っていたのに、、、。

それにしてもアーバンライナープラスは良かった。唯一の欠点が、各座席にコンセントがないという事か。リニューアルした時点ではそれでもよかったのかもしれないが、いかんせんスマホ普及があまりに急すぎた。

今や普通車の内装は22000更新車が一番かもしれないが、アーバンライナープラスのシックな雰囲気もなかなかいい。

面白いのは喫煙コーナー。
牢獄仕様とプチカフェ仕様を足して3で割ったような感じ。大きさ的には牢獄仕様だが、片側が壁の牢獄仕様とは異なり、両側に窓があるので明るく気分がいい。独特の2段窓もいい感じ。

また通路を挟んだ反対側は、ちょっとした立ち席スペース。便所帰りにちょっと立ち寄る分にはよさげだが、そんなことしている人はいなかったけど。

八木通過の甲特急は、なんか癖になりそう。アーバンライナーで残っているうちにまた乗りたいような、、、。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

背面テーブルがない分、座席裏側はすっきり。私はこれでも構わないけど。

ただコンセントの代わりに(?)付いているフットレストは、ちと使いずらい。

クリックすると元のサイズで表示します

前面展望派にはうってつけの仕切り窓。客室側は壁なので座席に座ったままでは見れないが、
あの座席を捨ててまでかぶりつきたいとも思わないけど。

https://youtu.be/RnNFzY8QfPM

なんとか麒麟に間に合った、、、。
9



2020/2/11  13:46

投稿者:あさぼん

こんにちは。

>DX車のみにコンセント…リニュアルされた時期が少し早かったために起こった悲劇でしょうね。

各座席にコンセント取り付けは、その配線や電源確保のこともあり結構手間暇がかかるんでしょうね。アーバンライナーの今後も目が離せませんな。

>DX車は車内販売準備室に改造…今回DXシートを避けたのも、実は喫煙コーナーまで遠いという理由もありました。

車内販売コーナーとしてもう使わないのなら、喫煙コーナーとして復活して欲しいですわ。

>アーバンライナーになったら困るんですよね〜〜
DX車に乗ってまうから出費増えるから(^◇^;)

…たぶん「ひのとり」がデビューするまでの話ですね。「ひのとり」がデビューしたら『もう、アーバンライナーなんか乗られへん』と言ってそうな気が、、、(^^;;

2020/2/10  23:22

投稿者:つじぼん

まいど(^O^)/

アーバンライナーはプラス、ネクスト両方とも
DX車のみにコンセントがあります。

70周年をやってた頃に1週間ほど各編成が休みの時があって
その時にDX車だけにつけたみたいです。

個人的には
予備車が少ないからレギュラー車までに設置工事をする期間が
取らへんかったとみてるんで
ひのとりで少し余裕が出るから
これを機にレギュラー車にも設置してほしいですね。


アーバンライナーの喫煙コーナーは紆余曲折がありまして…

実物を見てはるからわかると思いますが
現在フリースペースになってる側も喫煙できてましたが
両側ともドアはなくエアーカーテンで
煙が通路にダダ漏れでした(>_<)

その後はDX車は車内販売準備室に改造
→アーバンライナーは車内販売はやめるから今後はどうなるか不明

その他の喫煙コーナーは
ビニールの暖簾を追加した不細工な使用になってから
今みたいになる

という感じです。


>今や普通車の内装は22000更新車が一番かもしれない

同じ意見です(*^▽^*)
30発の名阪乙特急の1往復でもいいから置いといてほしいけど
ダイヤ改正後新設される名張始発の名阪乙特急以外は
すべてアーバンライナーになるんやろうなぁ〜とみてます。

アーバンライナーになったら困るんですよね〜〜
DX車に乗ってまうから出費増えるから(^◇^;)

http://dstyle8128.cocolog-nifty.com/blog/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ