2020/6/28

内装工事  HOナロー

 古典風味客車2両に続いて、残った2両の客車の内装工事がようやく終了。

キハ3両増備後も、客車列車専用(の予定)編成に使う客車は、
クリックすると元のサイズで表示します

43系客車のクロスシートを装備。

床はペイントマーカー仕様ではなく
クリックすると元のサイズで表示します

船の甲板などに使うこの木目シートを参考までに使用。
ただ思った以上に貼るのに苦戦し、ちょっと空気が入ったけど、、、。

当初は片側クロス、片側ロングの草軽電鉄仕様にするつもりだったが、結局、、、
クリックすると元のサイズで表示します

片側ロングにすると、ちょっと窮屈な感じになるので、4人席の向かいは立ち席スペースとして開けておくことに。

車端部は、2人用座席を片側に配置、クロスシートも昔の客車にあったように上半分が板、モケットは下半分のみというローカル仕様に。

そしてバス窓を持つ近代的な外観になった、少し小ぶりな客車は、その外観に合わせて内装も近代的なロングシート仕様。
クリックすると元のサイズで表示します

床も木目シートはやめて、ペイントマーカー仕様。本当なら灰色にしたかったが、それが無いので、茶系の2色塗。

そこに座席を配置すると、
クリックすると元のサイズで表示します

座席背もたれ部が窓ガラス位置にくるようにしたため、背もたれはかなり低い。

そして座席も緑に着色。
当初は車端部までロングにしようかと思ったが、前の客車に合わせてクロスシート仕様に。

背もたれが低すぎてクリームの整形色が見えたら嫌だったので、一応窓下には緑で着色。
クリックすると元のサイズで表示します


ただ車体をかぶせたら、ほとんど気にならないレベルだったけど。

3両のキハセットには、この客車が1両あるので、それもロング仕様に。

さて問題なのは、動力を組み込んだキハをどうするかだな。

なんとか、必殺に間に合った、、、。
8




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ