2020/7/12

ようやく、、、  HOナロー

 『ぼったくり急行』用気動車のトレーラーが完成。

ただ当初の予定とは大幅に異なり、気動車と言っても自走はできない、いわゆる『キクハ』的存在。

クリックすると元のサイズで表示します

先日の3両セットから、キハと同じ車体を持つ客車の端面部を、赤いキハの片側と交換。

これで赤いキハ(ぼったくり編成)の2両固定化を図るとともに、客車を気動車化。ぼったくり編成の動力とすることに。

ただ、

クリックすると元のサイズで表示します

窓周りの白塗装部の色が違うことは、付けてみるまで気づかなかった、、、。

この白塗装部の違いをどうするかは置いといて、お化粧直し。
クリックすると元のサイズで表示します

化粧直しと言っても塗装のお供はこのシート(左側の赤)。

クリックすると元のサイズで表示します


屋根部を黒塗装するためだけにマスキング。

そして出来上がりは、
クリックすると元のサイズで表示します

やけくその赤一色。妻面の上昇窓の部分と中央部だけ窓部分をくりぬき、ちょっと異様な端面になってしまった。

上からシートを貼っただけなので、粗が目立つ感じだが、2両編成の連結面と割り切れば許容の範囲か。

そして前面。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

ワイパーを付け、『ぼったくり編成』を強調するヘッドマークを付けることに。

初めはこの貨車用後部標識板をベースに、車体に付けるつもりだったが、付ける予定のヘッドマークの方が大きかったため、車体に直接貼ることに。

クリックすると元のサイズで表示します

車体番号を隠すように、台紙もろとも貼り付けた。

妻面も赤一色では寂しいので、警戒色を兼ね1本ラインを入れてみた。
クリックすると元のサイズで表示します


最後にカプラー。
ぼったくり編成は2両とも動力なしのため、必ず動力車がいる編成になる。その動力車との連結を、このカプラーでやってみることにした。
クリックすると元のサイズで表示します

グリーンマックスのドローバー。

グリーンマックスのセットを買うと、まずついてくるパーツ。ただ現実はあまり使われていない気がするパーツでもある。

しかしHOナローで使う分には、あまり違和感は感じないはず。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


車体ではなく、前面パーツ部の下に付けているため、前面パーツが車体にしっかりついている必要があるが、台車マウントのアーノルドや朝顔形に比べて、見た目は遜色ない。

今までこの編成のことを『ぼったくり急行』と呼んでいたけど、ほぼ客車化したため今後は『ぼったくり用グレードアップ編成【ひまわり号】』と呼ぼうか。

さて、動力車をどうするかだな。

あ〜近鉄特急乗りたい、、、。
9




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ