2020/8/30

客車(2)  HOナロー

客車改造第2弾は、以前最初に客室を作った2重屋根客車。

最初の客室は、0,2oのプラバンで床板を作ったため、ペイントマーカーで塗って乾かすと床板が反って来た。

0,4oのプラバンなら塗っても反らないため、床板を作り直すとともに、座席も一新。
クリックすると元のサイズで表示します

これが改造前。床板は塗料のせいで波打っている。

クリックすると元のサイズで表示します

これが再改造後の元貴賓車内部。
キロ28の席を片側に4つ。

ここにきて車両の位置づけが変わり、元来賓車というよりは、「ひまわり号」改造のための試作車の意味合いを持たすことに。

クリックすると元のサイズで表示します

一応車内も窓ガラスが外せるので、塗ってみた。

車内塗装は、尾小家モデルでもやりたかったが、あちらは窓ガラスが外れなかったので、後回し。

下段の茶色一色の方は、普通列車用としての木の内装をイメージして。
上段は、「ひまわり号試作車」としての内装。
クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

「ひまわり号」試作車の方の塗装は、なんちゃらシートを利用して「ひまわり号」と同じ赤系に変えてみた。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

カプラーは両側ともKATO・Nカプラー。

これ「ひまわり号」に入れて3両編成にしてみると、、、悪くない、、、。

けれどそうすると、ひまわり号を動力化する一方、ひまわり号牽引車が、、、。

また車種構成に悩みそう、、、。
8




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ