2021/2/14

嗚呼、、、1か月  なんやかや・・・

気が付いたらはや2月も半ば。10日に1度くらいは更新しようと決めていたのに、丸々1か月空いてしまった。

この1か月でコロナは急速に減少傾向を示し始めているが、何となく中途半端な数字を示している。

そんな中、鉄道業界では早くも今年度最大の話題が。

そう、近鉄12200系スナックカーの引退がひっそりとおこなわれた。

2月12日の運用をもって、営業から退いたという。「ひのとり」デビュー時から、運用は今年3月までとは告知されていたけど、正式な引退日は全く告知されてこなかった。

昨今は電車が引退するだけで、阿鼻叫喚の阿保みたいな光景がネットやニュースで流されていただけに、この静かな引退は、大変素晴らしい。

12200系は、昨秋以降どんどんと勢力が減少しており、最終日を迎えた編成は3本だけだったか。

それでも最終日には1本が、あの副票付き京橿特急の運用に入っていたのは、持って瞑すべしか。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します


この12200系も、KATOのレジェンドコレクションで出してほしい一品。間違えても鉄コレでは出すなよ!

で、模型の方は1月は何もなかったが、2月に入ると、、、。

路線迷走状態の鉄コレが、ここにきてようやく原点回帰に気付いたとかで、ノスタルジックシリーズが登場。

ま、簡単に言えば「昭和時代に廃車になった車両達」シリーズという事か。

で、その第1弾が、2軸車シリーズ。

久しぶりに登場の「富井電鉄」の妄想車両群に、蓄電池機関車だったEB10と、自走式ワムだったキワ90のラインナップ。

このための専用動力を用意するとこは、いつもの鉄コレ仕様。

ただ、今更の2軸車、ましてやEB10とキワ90なんて、どう走らせる?

ま、第2弾以降に期待しよう。

そして鉄コレの迷路線状態を受け継いだのが、ナローの猫屋線。

電化区間に登場するのが、路面電気機関車???と言う機関車。

電気機関車はまぁいいとして、驚くのはそのスタイル。

客車は2軸単端の流用なのも???なのだが、機関車はそれよりはるかに近代的なスタイル。半世紀前にカツミあたりから出ていた、HOスターターセットのあったEB58のプラスチック版という風情。

軽便では電気機関車自体が珍しいため、妄想力を発揮したみたいだが、ちょっと斜め上のスタイルか。

HOナローはしばらく、レイアウト工事を続けよう。
クリックすると元のサイズで表示します

化け猫屋軽便鉄道は、現在配線見直し中。この後、さらに線路が外されて、、、。
8



2021/2/21  21:40

投稿者:あさぼん

おひさです。

>地味な引退でよかったなぁ〜と思ってます。

・・・全く同感です。ニュースネタになるような光景が見られなかっただけでも、いい形での引退だったと思います。

今しばらくの間は、タイトルバックの写真を12200系に限定して、忍びたいと思います。

2021/2/18  22:55

投稿者:つじぼん

まいど(^O^)/

12200系スナックカーが最終運行を終えたようで
ほぼ最終間際につく特急がスナックの運用で
名古屋駅や西大寺で多少のギャラリーが居てたぐらいらしいです。


ココ数年は乗るのも撮るのもせんかったけど、
愛着はあったからあの嫌な光景がなくてよかったし
今は看板特急を降りて
地味な運用を地味に支えた車両だけに
地味な引退でよかったなぁ〜と思ってます。

http://dstyle8128.cocolog-nifty.com/blog/


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ