2015/1/26

マイクロとGMと、、、  近鉄特急

今年の模型道の目標の一つに、近鉄特急車の充実、という怪しげな目標がある。

近鉄特急車自体の模型は、マイクロ・KATO・GM・TOMIXから出ているが、細部のつくり込などは各社まちまち、カプラーに至っては、TNが使えるか使えないかという大問題がある。

その結果、現実の世界ではいとも簡単に10100と12200が連結できるのに、模型の世界では、どうやったら連結できるネン?という摩訶不思議な世界が出現する。

いろいろあるが、最初はまず簡単に、マイクロの18400のバージョンアップをば。

クリックすると元のサイズで表示します

この184000の優れている点は、前面形状が「登場時」と「改造後」の2種類がセットの中に同居していること。

ただ動力は、「登場時」のほうに載っているので、使い分けするには一工夫が必要。
当然、前部・後部端になる方は、ダミーカプラー搭載。中間に入る方は、アーノルド標準装備。

まずは、トレーラー仕様の「改造後」2両にTNカプラーをつける。
クリックすると元のサイズで表示します

憎たらしいのは、TNを付けた後に、スカートが付けられる、という点。
また座席カバーの色差しがしている点も、感じがいい。

これは、当然こうするためにTN化したもの。
クリックすると元のサイズで表示します

TOMIXの30000系との併結。
行先表示をどうするか?という問題は残るが、30000系のどちら側に連結しても、この組成しかできないため、考えねばならない。

これをもう少し発展させると、
クリックすると元のサイズで表示します

18400+12200+30000の8連が出来上がる。
12200は、GM製。ところがこれのTN化が問題。18400ほど素直にいかない。

そのあたりは、この次に。

それ以上の大問題が、10100(KATO)。TOMIXレールとは相性が悪いのか?
この辺りも、また次に、、、。

★今夜の古写真★
クリックすると元のサイズで表示します

今でもとれるこのアングル。マルーン一色の8000系の貫通路渡り板が、当時の奈良線系統独特の形だったのが印象的。
5




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ