2015/12/26

ED14(完)  

前回、必死でカプラー交換までして、大間違いをしていたED14.

今回新たなパーツを手に入れ、ついに完成。

クリックすると元のサイズで表示します


鉄コレのカプラー(アーノルド)は、カプラーポケットの形状により「大・中・小」と区別でき、さらにスペーサーを入れることにより、その長さが微妙に調整できる、という優れた点がある。

またスプリング式になっていないカプラーは、ステー長が2段階調整できるという点も、アーノルドにこだわる場合には、なかなか優れている。

ということで、ED14には、カプラーポケット「小」・ステー長「短」の組み合わせを利用。
アーノルドを飛び出させることなく、カプラー交換終了。

そしてもう一つのパーツとは、KATOのパンタ「PS14」。
本来ならTOMIXの正規品を利用するはずだったが、ホビーセンターKATO大阪のツイッターに、KATOのこのパンタでも、修正なしで取り付けられる、とあったので、やってみた。

クリックすると元のサイズで表示します

車体の取り付け穴の形状に、ぴったりと収まり、がたつきもない。

これはなかなかの優れもの。他車へ流用できるかどうかは、来年の課題。
こちら側はダミーカプラーの先頭側。アーノルドにした反対側は、
クリックすると元のサイズで表示します

わかりにくいが、カプラーのおさまりは結構いい感じ。

ただ新たな欠点も。
それはナンバープレートの取り付け。しかも付けたところの見栄えの悪さは、アーノルド以上。

少なくとも、車体側面だけは、印刷しておいてほしかった。

★今夜の古写真★
クリックすると元のサイズで表示します

特急の横に見えるキハは、今は無き加悦鉄道のキハ10。このころはまだ加悦駅横の側線が保存(?)車両置き場になっていた。このキハ10は、今もSL広場に保存されていた気がする。

加悦鉄道もなくなり、乗換駅だったこの『丹後山田』も改名されてしまった。
6




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ