2019/2/18

ドレスアップ12200(2)  近鉄特急

行先表示白地化に失敗した鳥羽行き特急はほっといて、いよいよ今バージョンのドレスアップに。

クリックすると元のサイズで表示します

この型だが、さすがに正面中央にある行先表示は、このままでは不細工。

クリックすると元のサイズで表示します

こうやって白地化したところで、これだけだと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

せっかくこんなにステッカーがあるのだから、生かさないともったいない。

クリックすると元のサイズで表示します

ということで、号車番号とその上に、座席案内表示も。行先はもちろん『橿原神宮前』。
『1』号車は4両・6両編成でもちろん喫煙車。

これだけで終わらないのが、ドレスアップ。

『橿原神宮前』行きを作る以上、当然『吉野連絡』の副票は必需品。

ただこの副票、たんに車体に貼っても意味はない。

クリックすると元のサイズで表示します

で、役立ったのがこの「阪神標識板セット」。
いつ頃買ったのか忘却の彼方だが、本来の阪神電車には付けることなく、買ったままの状態で置いてあった。

先日、副票のベースに使えないかとダメもとで寸法合わせしてみたところ、、、あらま、ピッタリ。

クリックすると元のサイズで表示します

使う台座はやはり白地化。

そしてステッカーを貼ると、
クリックすると元のサイズで表示します

副票の出来上がり。

これを車体に付けるのだが、これがめんどくさい。
幸いなことに、車体には副票かけのステーが表現されているため、その右側にタミヤの接着剤を塗り、エイヤ!で位置決め兼ポン付け。
クリックすると元のサイズで表示します

この状態で20分ほど乾燥させた後、接合部にアロンアルファを流し込み完了。もちろんアロンアルファは、つまようじの先などに付けて接着させる。

クリックすると元のサイズで表示します

クリックすると元のサイズで表示します

後ろ側から見ると、副票が車体に密着していないのが分かる。

出来上がりを初期車と比べると、
クリックすると元のサイズで表示します

なかなかいい感じ。
いい感じついでに、屋根上もパーツ付。
クリックすると元のサイズで表示します

屋根色が変わっているのは気が付いていたが、パーツの整形色まで変わっているとは気づかなかった。ま、アクセントになって良いか、、、。

クリックすると元のサイズで表示します

でもこの副票、ちょっと大きい気もするけど、、、。
9




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ