2019/3/1

貫通幌(2)  近鉄特急

先日、思い付きで付けてみた貫通幌、レイアウト上で試運転してみた。

試運転と言っても、カーブやポイントでの動きを見てみただけ。

クリックすると元のサイズで表示します

まずはこのカーブ。

このカーブが曲がれなければ、貫通幌をつけた意味がない。結果は、
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

カーブの真ん中と終わりでそれぞれ見たけど、幌が寸足らずだったおかげで相手車両に接触することなくクリア。

クリックすると元のサイズで表示します

しかし支線同士の分岐に当たるこのポイントでは、ダメだった。
クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

ポイントの先でカーブレールを使った結果、微妙にS字カーブとなってしまい、そこで幌が相手車両と接触、脱線させてしまうことが判明。

クリックすると元のサイズで表示します


クリックすると元のサイズで表示します

通常のポイントレイアウトならそうはならないため、この場所の配線見直ししないと・・・。

クリックすると元のサイズで表示します

最後に幌効果の有無。

手前の幌無しが、アーノルドがしっかり見え車間の隙間も気になるのに対し、奥の幌付きの方は、車間の広さもあまり気にならない。

ということで、この「なんちゃって幌」採用しよう。

ただ最大の問題が一つ。

カッターでカットするとき、意外にまっすぐ下までカットしずらい。このカット方法が問題だな。

クリックすると元のサイズで表示します

>ホームセンターでも店が違うと、サイズは同じでも商品が違う。これはコーナンとジュンテンドーの物。ただいくらスポンジとはいえ、9o車両で使うと伸縮性は期待できないので、要注意。
9




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ