AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2019/11/3

高校サッカー岩手県大会  SOCCER

小原さんおめでとう!
というわけで、決勝戦が終わりました。

高校総体と同じカードでしたが、果たして…と見てました。

ところが、盛岡商業FW羽田が足を痛めるアクシデント!わずか15分で交代となりました。
しかしここで瀧澤ではなく戸来にスイッチ、というのはどうだったのか。僕なら山田を1トップにして4−5(2-3)−1としたと思います。

そこで専北はFW岡本のゴールで先制。高校総体決勝は開始早々に1点を決めた「専北のルカク」がこの試合でも見せてくれました。

その後もチャンスを作るのは専北のほう。なかなか枠をとらえることはできませんでしたが、デュエルでの(つまりボールを挟んでの1対1の)強さ、ボールへの集中力は盛商を上回っていました。

そして岡本がゴール前抜け出しPKをゲット!あそこはファールで止めるしかなかったんでしょうか?その前に岡本を止める(または岡本にパスを出させない)策はあったはずです。
このPKを決め、専北2−0で前半を折り返しました。

後半、専北は岡本から千田にFWの交代(これは予想通り)。盛商は戸来から佐々木に交代しました。
その千田が後半10分に3点目!結果で起用に応えます。盛商としては痛恨の3失点です。

その2分後、盛商DF村上が専北MF菊池と激突。菊池に警告、村上は負傷退場(佐藤慎一郎に交代)となりました。盛商、主力の相次ぐ負傷退場で追い込まれました。

それでもMF林下の突破でPKを得た盛商、自ら蹴ったPKは専北GK高橋にはじかれますが、セカンドボールを収めた佐々木がシュート。これが決まって一矢報いました。

しかし盛商の反撃はこの1点にとどまりました。全体的に押されていた印象が強く、ゲームを支配される展開。何より主力の負傷退場という「想定外」「不運」みたいなところもあったと思いますが、洋介君も今回の試合でまた何か経験を積んだでしょうね。

3−1で専大北上が悲願の全国大会初出場、夏秋二冠達成です。
夏は全国1勝(2回戦は京都橘相手にPK負け)、冬はそれ以上を目指して頑張ってください。

簡単・即金なら「GetMoney!」
0
タグ: サッカー



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ