AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2006/11/28

本当は怖い口入屋  必殺葉っぱぎ人

江戸の街に若い旗本をターゲットにした新しい口入屋が誕生した。

藤田主水(一条和矢)と河野鷹之助(福山潤)はその口入屋・鶴来屋に仕事を探しに行くことに。
そこで鶴来屋の娘・初音(野川さくら)と会った二人は、初音の身辺の手伝いをすることに。しかし主水の内儀であるあかり(川澄綾子)に見つかってしまい、主水は説教されてしまう。

数日後、口入屋の雇い人が同心を惨殺してしまう。それを河野家の居候であるこのみ(落合祐里香)が目撃する。
殺された同心の同僚だった向坂雄之助(鳥海浩輔)と姉の環(伊藤静)は同心の仇を討つために口入屋に乗り込んだが、剣の腕の立つ浪人に雄之助が肩口を斬られてしまった。
そこに小牧愛佳(力丸乃りこ)と由真(生天目仁美)がやってきて、雄之助の治療を行った。そして雄之助を斬った浪人をなんとかやっつけて欲しいと言うのだ。

環は鷹之助とこのみに口入屋の始末をお願いする。このみは姉と慕う環の頼みならということで、この仕事を了承する。しかし雄之助がいなくてはどうにもならない。そこで藤田主水夫婦の登場となる。二人は古くからの仕事人仲間志保(樋口智恵子)、葵(飯塚雅弓)とともに鷹之助の仕事を手伝うことに。

同心殺しの浪人二人は主水と鷹之助が(仲間の助けを借りながらも)討伐し、口入屋は環のアイアンクローで抹殺!こうしてまずは雄之助に傷を負わせた悪を退治。

しかし翌日、藤田主水に緊急の辞令が。なんと北町奉行所へ物書き同心として入ることになった。あかりは浮かれていたが、主水は心では泣いていた・・・
0



2006/11/29  9:40

投稿者:斉藤 晃

一応書き上げたのは9:00前でした。ちょっとフライング・・・

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ