AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2006/11/29

本当は怖い男狩り、女豹狩り  必殺葉っぱぎ人

元彦根藩隠密別働隊の千尋(夏樹リオ)は「流宇子」と名を変えて江戸の街で誘惑稼業を行っていた。
ある日、紫色の一枚布で大店の若旦那を誘惑する。ところがその若旦那は朝になって服毒死。当然北町奉行所が行動を起こして千尋を捕縛するのだ。
しかし何者かの手によって千尋は突然保釈されてしまった。それに不満を覚えた藤田主水(一条和矢)と河野鷹之助(福山潤)は奉行の山岡三四郎(井上和彦)に直談判する。
当然筆頭同心の佐藤主税(保志総一郎)は止めに入るが、犯罪者が突然無罪になったということは当然それなりの騒ぎにもなる。

千尋の釈放を知った一色(田中涼子)は千尋を罠に掛けようとあの事件を仕組んだ張本人である。
千尋は先年の桜田門外の変で戦闘に加担しなかった。その結果一色の夫も死に追いやられたのである。つまり裏切り者であり、夫の敵でもある。
運よく連れ込み宿に千尋が飛び込んだのをいいことに、一色は千尋を毒殺しようと考えたのだが、間違えて若旦那が酒を飲んでしまったのである。
もう一度一色は千尋を狙うはずだ。主水は志保(樋口智恵子)と葵(飯塚雅弓)に、鷹之助は愛佳(力丸乃りこ)に千尋のマークをお願いすることに。これで一色にたどりつくことができる。

志保の気配に気づいた千尋は胸に仕込んだボウガンで志保を射ようとする。しかしそこを葵が止めに入る。
葵は自分は味方だと言うが、千尋は桜田門で仲間を失った身であり、もう何も信じることができなかった。もはや信ずるものは己の身体のみ、そして今の誘惑屋稼業になったというのだ。

主水の家にひとまずお預けになった千尋。あかり(川澄綾子)は千尋とともに主水と添い寝する。ところが明け方になって藤田家の門をたたく音が。
大井屋が若旦那が消えたということで奉行所の同心に訴えていたのだった。そこで花中島の喜助(うえだゆうじ)を通じて藤田主水に依頼したのである。
しかしもう遅かった。志保が大川で大井屋の若旦那の水死体を発見したのだ。畜生とやけになる主水と喜助だったが、これは大井屋の怨恨ではなく千尋の事件との絡みで起こったものと断定する。

ついに主水と鷹之助、喜助により一色を始末することとなった。しかし一色の背後には元彦根藩家臣がついていた・・・
喜助のロープ締め、葵の空手、由真の暗殺なぎなた、志保の半紙焼き、鷹之助の斬りが次々と決まる。そして主水の一撃と言うときに千尋が火のついたボウガンを背後から撃ってきた。一色は即死だった。
燃え盛るアジトを見た千尋は、裏世界に戻ることを宣言した。これにより、葉っぱぎ人は新たな局面を迎える。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ