AKIRA-NEWS 小説「ザ・ハングタン」はこちらから
blogram投票ボタン blogramランキング参加中!どうぞよろしく。 Instagram

2006/12/12

本当は怖い絵草子  必殺葉っぱぎ人

最近、江戸の街では絵草子の即売会が大人気。おえい(石川静)とおゆう(茂呂田かおる)は絵草子の売り上げで喧嘩していた。
版元になっていた九品仏の大吉(遠近孝一)から事情を聞いた藤田主水(一条和矢)はさっそく二人から事情を聞くことに。

ところがその二人を狙うあくどい版元の兼吉(茶風林)は絵師の息子である一旦斎こと昌吾(小泉豊)を使いおえいとおゆうの絵草子を勝手に改定してしまう。その絵草子はいわゆるえっちなのが入っていたのだ。

翌日、おえいとおゆうは逮捕される。ところがそこに謎の仕掛人が現れて二人を連れて逃げてしまった。
謎の仕掛人である瑞希(茶山莉子)はおえいとおゆうの知り合いらしい。そして摘発された絵草子のわいせつな絵が二人には描けないようなものであると指摘する。しかも春画というのはお上からいろいろとお触書が出ているはずで、それを公然と描けるのはこの世にただひとり。

一旦斎の絵はたちまち絵草子のキラーコンテンツ、つまり名物グラビアになった。しかし父の名前を騙って息子である昌吾が書いていることなど誰も知らない。
昌吾は父・一旦斎(浪川大輔)とは春画のことで喧嘩し、数年前に家を飛び出していたのだ。ところがその一旦斎が気づいてしまったのだ!!
すぐに一旦斎は兼吉のもとをたずねた。しかし昌吾のことは知らぬ存ぜぬの一点張り。これに怒った一旦斎は兼吉にノミを突きつけたが、逆に一旦斎が腹を刺された。

ある日鶴来屋に昌吾がやってくる。千鶴(根谷美智子)に相談があるというのだ。春画を描かされたのは去る大名家の重臣のため、という。兼吉は春画の版元としてトップクラスの売り上げを誇っており、春画の規制を目こぼしするためにありとあらゆる工作をしているらしい。
父はそんな悪に殺された。これは自分のせいだと自分を責める昌吾。そして千鶴を通じて主水たちが動き出した。

手筈ではこのみ(落合祐里香)と愛佳(力丸乃りこ)が昌吾の絵のモデルになり、その仕事中に襲撃するということになった。
このみと愛佳は河野鷹之助(福山潤)と手をつないで歩いていた。それを追いかける主水とあかり(川澄綾子)だったが、さらにその背後から瑞希が後をつけた。
昌吾は女が来ると知って有頂天になっていた。しかしその背後には鷹之助が…
「これでいいんだな。儲けた金はすべてわれわれがいただくが」
主水とあかりは酒を買って戻った兼吉に熊手で攻撃する。そして事件の黒幕が幕閣の阿部頼母であると言って息絶えた。
阿部頼母の屋敷に潜入した鷹之助。中間たちは昌吾の春画に見とれていた。これを見て行動しようとした鷹之助だったが、あとから入った瑞希が網杓子で阿部を絞殺してしまう。そして阿部と家臣の的場、版元の兼吉、絵師一旦斎こと昌吾の儲けた金は葉っぱぎ人との分け前になった。
昌吾はその後絵の修行のために京へ上った。おえいとおゆうは春画の件とは無関係ということで、また隣同士で絵草子合戦を再開、瑞希とあかりはもうあきれるしかなかった。
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ