『みんなで共に。みんなで支援を。〜We will never walk alone〜』

2008/11/11  16:09

横浜FC戦イベントレポート  レポート

11月9日(日)に行われたホームゲーム・横浜FC戦は「1万人の秋まつり」と題して、長良川競技場内やその周辺でさまざまなイベントが行われました。

クリックすると元のサイズで表示します

開場前の11時よりサンサンデッキ上にて屋台村「楽市楽座」が開催されました。先日のホームゲーム・モンテディオ山形戦よりチケットエリア外で屋台村が開かれ、サッカー観戦以外の人達も食料を購入することが可能になり、サンサンデッキ上は大賑わい。早い段階で食べ物が売り切れるなど出店者のみなさんは嬉しい悲鳴をあげていました。

クリックすると元のサイズで表示します
開場直前のメインスタンド入場口付近の様子。今までにFC岐阜のホームゲーム会場でこの様な長蛇の列ができたことはあったでしょうか?(笑)2月のプレシーズンマッチ・名古屋グランパス戦に匹敵する長蛇の列。サンサンデッキ横のスロープを先頭に広場内をつづら折れて野球場付近まで列が伸びていたのは圧巻。450部用意した「岐大通(サポーターが作るフリーペーパー)」は開門15分であっさりと無くなってしまいました。

クリックすると元のサイズで表示します
芝生広場で行われた「キッズパーク」は子ども連れの来場者が多かったため科大盛況。サッカーボールで遊ぶ子どもたちの楽しそうな声が響いていました。

クリックすると元のサイズで表示します
岐南町特産の「徳田ネギ」のアピールのためマスコットキャラクターの「ねぎっちょ」が来場。スタジアム外からメインスタンド、そしてゴール裏スタンドまで来て愛嬌を振りまいていました。

クリックすると元のサイズで表示します
マーチングバンド国際大会で優勝した県立岐阜商業高校吹奏楽部による演奏の披露。一糸乱れぬ演奏にスタンドからはたくさんの拍手が送られました。

クリックすると元のサイズで表示します
クリックすると元のサイズで表示します
メインスタンド裏インフォメーションブース横にて思い思いのメッセージを紙に書いてボードに張る「1万人のメッセージ」が行われていました。

クリックすると元のサイズで表示します
選手入場前にグラウンド上では、11月13日からメモリアルセンター内で開催される「全国伝統的工芸品まつり・ぎふ」に出展される大漁旗を披露。写真は裏面からなのでわかりませんが「子どもたちに夢を!」のスローガンにFC岐阜のエンブレム、そして緑の昇り龍が描かれています。(正面からの写真はコチラ

クリックすると元のサイズで表示します
試合前、両チームに「べーめん」が贈呈されました。べーめんは海津市で生産された「美濃ハツシモ米」を原料に作られた米うどん。FC岐阜ホームゲーム会場でも食べる事ができます。

この他にもFC岐阜オフィシャルチアダンスチーム「GREEN ANGELS(グリーンエンジェルス)」のお披露目もありました。幼稚園児から中学1年生までのチームを30過ぎたオッサンが一人で写真を撮るのは気が引けたため画像はありませんが…(苦笑)今シーズン最終戦となるホームゲーム・サガン鳥栖戦で正式デビューを予定しているそうです。こちらもお楽しみに!
0



コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ