2019/3/18

HULK登場 Acts of Vengeance 3ヶ月目のSPIDER-MAN 1989年  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します

Acts of Vengeance (AoV)の3ヶ月目のSPIDER-MAN姉妹誌をレビュー。The Amazing SPIDER-MAN (ASM) 328号、Spectacular (Spec) 160号、Web of (Web) 61号。

ASMの筋書をDavid Michelinie、画をTodd McFarlane、Specの筋書をGerry Conway、画をSal Buscema、Webの筋書をGerry Conway、画をAlex Saviukがそれぞれ担当している。添付画像はASMのもの。McFarlaneによるHULKを打ち負かすSPIDER-MANの図。

この月のSPIDER-MANの敵は、X-MENの敵、Sebastian Shawに唆されたHULK、Dr. Doomによって操られたSuper Soldierを殺すためのロボット、FANTASTIC FOURの敵Dragon Man。

McFarlaneの画は恐らくこの頃が全盛期かな。ASMの表紙の中でも添付画像の表紙はベスト10に入ると思う。インクも自分で入れているので、彼が描きたかったように表現されていると思う。デフォルメな遠近法も楽しい。

この頃のHULKは知性がある時代だな。そしてお金も好き。何に使うんだ。ところが、彼のもう一つの人格Bruce Bannerのことは大嫌いなのは変わらない。それはそれで面白いんだけど、知性のあるHULKには違和感がある。

いつものように気に入った台詞シーン等。ASMから。テロリストとSPIDER-MANの会話。T “What are you?” S “I ‘m Bat..Ahem. I’m SPIDER-MAN.” 明らかにBatの後はmanだと思うけど、こういう遊びは好き。

もう一つ。強力な力を偶然手に入れたSPIDER-MANの前ではHULKでもかなわない。パンチ一発で大気圏外まで飛ばされた。SPIDER-MANは彼を救うが、その後のHULKの台詞 “I won’t kill ya.” 助けてくれたお礼に殺さないってことなんだけど、知性を得ると見栄を張るようになるのかと笑う。

Spec 160号では、あまりの巨大な力を目の当たりにした一般市民がSPIDER-MANに対し恐怖を感じ、彼を非難し始める。そんな四面楚歌の状況で、奥さんのMary Jane (“MJ”)に八つ当たりしちゃうPeterはわかるけど、そうして欲しくなかったかな。

この頃から、新しく得た力の正体がだんだんと読者にもわかってくる。そしてPeterもその存在を意識する。あ、つまり彼の中にCAPTAIN UNVERSEってえらい強いヒーローが宿っているって話。ポイントはだからどうしたって感じかな。

前回も褒めたけど、Buscemaの画が最近好きになってきた。特に人物描写は凄い。ごろつき写真家のKatzenbergの悪そうな表情なんて凄い良い。あと、セクシーじゃないけど、MJの表情なんかも好きだな。

Webの中からはMary Jane (“MJ”)の台詞紹介。待ち合わせ時間に遅れているPeterを心配する彼女の台詞。”Hope he didn’t get trapped in rush hour.” いやーPeterの正体を知っている彼女だったら、帰宅ラッシュを心配しないでしょう。

あと、面白いのが、このAoVを裏で操っている黒幕LokiがDr. Doomの計画を妨害するシーン。結局悪者は協力し合えないってオチなんだけど、好き。

もう一つ、この頃のPeterの高校時代からの友達Liz Allen。凄く良い人に描かれている。最近のちょっと裏のある顔の設定とは大違いだな。
0

2019/3/17

オイラは騙されっぱなしだった、映画CAPTAIN MARVEL  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

アメリカでは先週公開となった映画Into the SPIDER-VERSEを観に行ったので早速レビュー。Into the SPIDER-VERSEと違って1週遅れだったら問題なし。

粗筋から、事故で大量のエネルギーを浴びたCarolはKree人によりCAPTAIN MARVELとして鍛え上げられた。彼女は最初の使命の果てに地球へと戻る。そこで、彼女の地球での師Lawson博士の遺志を引き継ぎ、Kree人の敵Skrull人を助けるため、Kree人と戦う。

いつものように気に入ったシーン、台詞等を順不同で紹介。この映画では1990年代の懐かしい記憶をふんだんに使っているのは嬉しかったな。Blockbuster VideosとかRadio Shackとか、アメリカで暮らしていなくても、よくテレビで見かける小売店だよね。Carolがそこで公衆電話機を使うのはナイス。また、当時はWindows 95が出たか出なかったの頃。CD Romを読み込むのにも時間がかかるシーンは笑えた。自分を含めみんなこんなのろい機械じゃイライラしちゃうよね。最後にその当時のインターネットの基本AOLへの言及も個人的な思いも含め最高。

あ、それから、CarolもFuryもタイピングが下手だったな。昔はそうそういう人いっぱいいた。アメリカ人でもね。

Feminism は女性のヒーローの映画なので、この映画の骨なのだが、全然気にならなかった。男であるとか、女であるとかそういう前に、Carolはヒーローなんだよね。倒れても倒れても立ち上がって、試練に立ち向かうところはまさにそう。

さて、騙されっぱなしの話。まずは、今回の敵はだれなのかってところかな。途切れ途切れのCarolの記憶だと、爆発事故の後に出て来るのはSkrull人だったの、本当はJude Law演じるKree人でCarolの師匠Yon-Roggだった。Carolの記憶が断片的でコマ切れになっているからなんだろうけど、そりゃないよ。

あ、それから重大な騙し。今まで、AVENGERS End Gameの予告編にCarolは出て来なかったじゃない。よくこの映画までそれを隠し続けていたな。信玄の死を隠し続けた武田の家臣のようだ。AVENGERS結成秘話みたいな位置付けだけがこれまで強調され続けていたけど、そういうことか。前回のAVENGERSのEnding Credit後に出てきたポケベルは単にギミックじゃなくて、ちゃんとストーリーを持っていたのは非常に素敵。

もう一つ、Lawson教授の飼い猫、伏線はあったけど、騙された。まさか宇宙怪獣だったなんて。笑えた。ま、Furyの眼をつぶした張本人というオチはオマケ程度。それからこの猫の重力がかかったシーンでの演出も出来栄えが良かったな。

騙されついでに、Skrull人の変装に気付くFuryのシーンも良いな。その前にCarolとの会話の中で、周りの人はみんな彼をFuryと読んで、他の名前で呼ばないと言っていたこと、それから、彼のスパイとしての任務はアイルランドのBelfast等Bで始まる場所だみたいなこと言っていた。ところが、その二つに反することを上司になりすましたSkrull人が言うんだよね。このシーンナイス。

気に入らないところ、Furyがこれまでの赴任地をペラペラ喋っちゃうこと。スパイなのにありえない。

Ronan the accuserはあんな簡単に引き下がらない。安っぽく扱い過ぎ。

Supreme Intelligenceはアメコミの中のあれじゃなかったな。ちょっと寂しい。

最後に、FuryにしろAgent Coulsonにしろ、メークで若っぽくなっているけど、演技も凄いんだけど、若い役者にやらせても良いんじゃないかな。関係ないけど、Samuel Jacksonは歌が上手ね。

楽しかったよ、絶対損はしない。勝手評価B++。

0

2019/3/16

ギトギトしていないがしっかり煮干し、「ととホンテン」の「責め煮干しらーめん」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
立川市曙町3−22−15
2019/03/07

この日は野暮用で午後から立川に行った。野暮用の前には当然のラーメン屋さんでの腹拵え。立川の名店を一歩一歩制覇中なのだが、今回は駅から少し離れたこの店を訪問した。初めての店ではメニュー選びに時間がかかる。迷った挙句ここの店の売り煮干しを存分に使った「責め煮干しらーめん」 850 yenを注文した。

具は、メンマ、玉葱、ホウレン草、チャーシュー×2枚。この店のメンマは珍しい。細切りで歯応え重視。青椒肉絲に入っているタケノコのイメージ。チャーシューはバラ肉。脂が程よくあって柔らかく好き。味付けがきつくないので、肉の旨味を堪能できる。

麺は、このメニューは細麺と決まってるらしい。断面が正方形のストレート麺。量が結構あるな。

スープには、煮干しを焦がしているものを使っているらしい。見た目よりギトギトしていないが、それでいて味はしっかり煮干し感タップリで濃厚。しょっぱ過ぎず誰でも食ベられる。
0

2019/3/11

日本での公開遅すぎ、映画Into the SPIDER-VERSE  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

漸く日本で公開した映画Into the SPIDER-VERSEを観に行ったので早速レビュー

粗筋から、Alechemax社の社長King Pinが次元の壁を越え事故で失った妻と息子を召喚させようとしている。次元の壁を崩す機械は地球の滅亡に繋がることから、SPIDER-MANことPeter Parkerはそれを止めようとするが、King Pinに殺される。その場にいたMiles Moralesは紆余曲折の末、多次元の蜘蛛の力を持つ者たちとともに、King Pinの計画を打ち砕こうとする。

いつものように気に入ったシーン、台詞を順不同で紹介。まずは、SPIDER-MANの映画を実現し成功へと導いたSam Raimi監督へのHomageシーンが数多く散りばめられていたのは嬉しかった。特にオイラの好きな高架鉄道上でのDoctor Octopus (“Doc Ock”)との戦いのシーンが取り上げられていたのが嬉しいね。また、3の変なPeterのシーンもあったのだが、ここはご愛嬌か。

もう一つ1960年代のTVアニメへのHomageも良かったな。Ending Credit後にSPIDER-MAN 2099がEarth 6799 (アニメシリーズの次元で、映画でもこの番号かは自信なし。)のSPIDER-MANと対峙したシーンなんて最高に面白かったね。

アニメで言えばPeter Porkerの台詞、”That’s all, folks.”は Warner BrosのアニメLoony Tunesの決め文句。その後彼は法律的にこの常套句を使っても大丈夫か誰にともなく聞いたのだが、この笑いのセンスは最高だ。

今回の話では二つの言葉が印象に残っていて、一つが”Leap of faith”。自分の力を信じて飛び立つ意味なのだが、SPIDER-MANだからこそ引き立つ言葉だね。

もう一つも伏線としては、結構面白くて、相手が喋っているのを聞いているだけじゃなくて、手の動きを見逃すなみたい感じの言葉は結構良かった。”Don’t watch the mouth. Watch the hands.” 最初は新人への教えなのだが、その新人Milesが経験をちょっと積み他の次元から来たPeterに対し、この言葉を使い機械を奪うシーンは楽しかった。

Milesが自分でコスチュームデザインするシーンは彼の自信の表れで象徴的。そして、そのデザインが凄く良い。

悪人は結構順当なやつらを採用している。ScorpionやTombstoneなんかね。この世界の女性版Doc Ockは結構子分キャラで良かったかな。残念なのはNorman OsbornことGreen GoblinやTombstoneがKing Pinの子分になっていることかな。TombstoneはともかくGoblinはそんな中途半端な存在じゃないでしょう。キャラ的にはTombstoneは好きなので、もう少し深い役にしてほしかったな。

これまでのSPIDER-MANの映画でKing Pinが悪役として出て来なかったので、順当なラスボスかな。Netflix版の彼のキャラが濃すぎてアニメでしか対抗できないな。もう映画版には出てほしくない。Hobgoblinだな採用してほしいキャラで残っているのは。

もう一つProwlerの正体が途中からバレバレなのは良いとし、Milesの部屋へ来ていながら、SPIDER-MANがMilesってわからないのはちょっと変だ。また、Milesがマスクをしたまま、警官である父親に抱きつくところも、親だったらわかるんじゃないって感じがして、ピンと来ないシーンだったな。

最大の欠点は日本での公開日が遅すぎ。ネタバレを聞いちゃったし。悔しい。

Ending Credit内でNicholas Cageの名前を発見した時は笑った。こいつどこまでアメコミ好きなんだ。ナイス。

昨年亡くなったStan LeeとSteve Ditkoへの賛辞も良いな。

アメコミ仲間の一人はMilesの携帯の電話帳にDCに移ったBrian M Bendisの名前を見つけたらしいのだが(オイラは見逃した)、オイラは最近のお気に入りアーティスト、Sara Pichelliの名前を見つけたよ。

Spider-Gwenは日本でも火が付くんじゃないか。

ちょっと気に入らないところもあるけど、全体的にワクワクドキドキで良い作品。勝手評価A-。

1

2019/3/10

祝 映画化記念、The New Mutantsのグラフィックノベル  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します

アメコミ元Milehighで時々60%割引セールを開催するのだが、今回はそのセールに便乗して買った作品。しかし、注文した時には既にかなりの割引されていて、割引対象外だった。がっかり。それでも、元々$4.95で売られていたものが、安売りで$45。この話が出版された1982年当時のMarvelのコミックブックの定価は40セント。このグラフィック・ノベルはそもそもその10倍の価格。それがいまや元の値段の10倍。高いな。日本で売られた当時でも2、3倍してたと思うけどね。

筋書をChris Claremont、画をBob Macleodが担当している。1982年当時のClaremontは超人気作家。New MutantsはX-MENの二匹目のドジョウなのだが、乗っているとこうも凄いのかという人気作品になってしまった。ちょっと昔の作品を全部集めるのは大変なので、買わないけど、買っておけば良かったなと後悔。一方のMacleod。昔はそれ程好きじゃなかったけど、今見てみると結構良い画を描いていたんだな。特にこの作品は上質紙に印刷されているから、彼の画が非常に映える。この添付画像の表紙一つとっても、完璧な構図だね。

さて、粗筋。初期メンバーのオリジン(如何に力を手に入れたか)の話が前半で語られ、後半は、Xavier教授と共に新しく集められた生徒が、彼らの命をつけ狙うDonald Pierceと戦いを繰り広げる。そう言えば、この流れ、Claremontと同じくX-MENの中興の祖Dave Cocrumの描いたFuturians もこんな流れだったような。

この間観たNetflix版TITANSのGarfieldもそうだったけど、変身能力があると元の人間に戻った時服が全部ないんだよね。当たり前だけど、WOLFSBANEことRhaneの変身シーンは妙に現実的だった。笑っちゃうのはそれじゃ大変なので、彼女のコスチュームは変身時にはなくなって、人間に戻ると着ているというわけのわからない設定になっていた。

設定でもう一つ面白いなと思ったのは、Moira MacTaggerdがRhaneが生まれた時に取り上げた医者だということ。医者だから不思議じゃないけど。

さらに、集められた生徒が血気盛んな若者だということ。当たり前だけど、上の世代の方が大人。例えばDanielle MoonstarやSUNSPOTなんて、肉親を死に追いやった犯人Pierceへの復讐がNew Mutants加入の動機だもんね。下っ端は任せるけど、Pierceの首は私のものみたいなMoonstarの台詞は凄みがあるね。とても十代の台詞とは思えない。

最後のページの一コマが良かった。”The laughter is infectious.”との作者の言葉の後にXavier教授が笑顔になっている。なんと珍しいんだろう。いつも気難しい顔しているもんね、彼は。

いただけないのは、Hellfire Clubの戦闘員のコスチューム。途中で色が青からオレンジに変っている。Pierceの部下は全部オレンジと思いきや、そうでなかったり。

冒頭高いと書いたけど、満足度は高い。買っただけのことはあった。映画化されたNew Mutantsの宣伝フィルムは結構ワクワクするし、早く観たいね。
0

2019/3/9

モチモチとした麺が推し、「揚州商人」赤坂店  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

新聞のウェブ版でここの白湯が旨いとの記事を読み、早速訪問。この店の前は結構通るけど、1年半振りに中に入った。「濃厚塩ラーメン」、ワンタントッピング追加で 1,210 yenを注文した。

具は、豚挽肉の餡とエビのワンタン。豚挽肉の餡には白葱とシイタケが入っている。これシンプルだけど美味しい。エビワンタンは余計だった。ちょっと予算オーバー。

麺は、細、中太、極太から中太麺を選択した。それがもちもちした食感で大正解。縮れているのも良し。チェーン店の麺にしては仕上がりが非常に良い。この感想は前回訪問した時と同じだ。

スープは、鶏の白湯。ウェブで紹介していた芸能人が誰だか忘れたけど、美味しい。臭みがないのも正解。ここの清湯も良かったけど、スープに関する品質は高いね。
0

2019/3/3

新シリーズが結構良いFriendly Neighborhood SPIDER-MAN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

短命に終わってしまったSpectacular SPIDER-MANが終わったと思いきや、新シリーズがいきなり開始。その名もFriendly Neighborhood SPIDER-MAN (FNS)。今回は25(1)号、26(2)号をレビュー。 FNSもLegacy Numberが付いているので、そちらをメインに書いていく。カッコ内が通常番号。

筋書きをTom Taylor、画をJuan Cabal、彩色をNolan Woodardがそれぞれ担当。1号のオマケの話をMarcello Ferreiraが担当。添付画像は25号のもので、またもやvariantを注文してしまった。Artgermというペンネームでアメコミの表紙を描いている人の作品。普通の表紙はちょっと子供っぽいので、こっちの方が好き。

Cabalの画はまずまずかな。凄いなと思ったのは、見開き2ページビルの壁面に映ったSPIDER-MANの過去が描かれたシーン。どちらかというと彩色のWoodardのお手柄だが、凄く綺麗。また、Netflixで観るような階段のシーンがカッチョ良かった。Peterが素早く階段を昇っていくシーンね。もう一つSpider-senseの表現が新しいな。面白い。一方のFerreira。彼の描くPeterとMary Janeのデートシーンが凄く良いな。

粗筋をさらっと。Peterが住むアパートの住人にお願いされLeilaniなる別の住人の様子を見にいったPeter。Leilani からスーパーヒーローを紹介してくれるよう依頼を受ける。Leilaniは双子の幼い姉弟を匿っていた。SPIDER-MANは彼を襲った悪人を追って廃墟となった大使館を訪れるが…。一方オマケではMay伯母さんが病院を訪問する。どうも乳癌が見つかったようだ。

いつものように、気に入った台詞やシーンを書いていく。まずはLeilaniの台詞。”Does he know better heroes?” Peterとしちゃーガックリだよね。

最初の活躍シーンで救った少女がSPIDER-MANの胸のロゴをつぶそうしたシーンも良いな。日本では蜘蛛は仏さまの使いだが、西洋では嫌われものだからね。

オマケの話で、ニューヨークの市長であるKing Pinと一緒に写真に写るよう促されたMay伯母さんがKing Pinをケチョンケチョンに非難するシーンはもの凄く気持ちが良い。

FNS 26号に移ると面白さは格段にアップする。幼い弟があまり喋らないと言われた後のSPIDER-MANの台詞。”That’s OK. I talk more than enough for both of us.”自分のことをわかってるね。

次に母親がいなくなったことを知った姉の質問とSPIDER-MANの答え。”Has your Mom ever left you?” “Yeah. She did once.” うーん。これはちょっと悲しい。Peterを置いて両親はいなくなったからね。

隣人のPeterの同居人Boomerangに対するクレーム。”I suggest enrolling your roommate in some kind of adult training course.” Boomerangがパンツ一丁で部屋を歩き回っていたからなんだけど、面白い。この隣人冗談のセンスだけでなく、とてつもない秘密を持っているのも良い。
0

2019/3/2

ちょっと肉増し、神泉「麺の坊 砦」の「肉もやしらぁめん」 950 yenを注文。  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

麺の坊 砦 渋谷区神泉町20−23
2019/02/24

この日は渋谷で野暮用、その後にプールで泳いでから当然のラーメン。神泉に行きたかったお店があったのだが、日曜日はお休みのようで、控えのこの店を訪問した。「肉もやしらぁめん」 950 yenを注文。

具は、青葱、キクラゲ、モヤシ、チャーシュー×3枚分くらい。肉もやしにすると1枚分くらいのチャーシューが刻まれて出て来る(写真の上の方参照)。肩ロースのチャーシューへの味付けは結構濃いめ。ご飯と一緒に食べたら美味しいだろうな。ちょっと肉増し的な価格設定と量に満足。

麺は、普通1 mmと 太麺2 mmから後者を選択。正解。替玉を前提にしているので、麺の量はそれ程多くない。あまり考えずすすっていたら、あっという間に終わってしまった。

スープは、博多豚骨。一昨日に食べたラーメンのスープに力強さがなかったのだが、こちらはしっかりとまとまっていて満足度が高い。ただし、豚骨の癖は気になった。博多のラーメン屋さんらしく辛い高菜が備え付けてあってこれをスープに投入するとさらに美味しくなる。

場所は山手通沿い。運転手さんなんかもターゲットなのだろうが、日曜日の昼過ぎで、近くに住んでいる人なのか家族連れ多数。餃子やおにぎり等家族向けメニューも充実しているね。
0

2019/2/24

救いがほとんどないな、Uncanny X-MEN 627〜629号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

今月はUncanny X-MENが3冊到着したので、まとめてレビュー。627〜629号(引き続きLegacy Numberで紹介。表紙には8〜10号とだけ書いてある。)について。今回もJohn Tyler Christopherの3冊の表紙を繋げてみた。

本編筋書をEd Brisson、Matthew Rosenberg、Kelly Thompson、画を627号R.B. Silva、628号Yildiray Cinar、629号Pere Perezがそれぞれ担当。

粗筋。前号の終わりはLegionが神気取りのNateを自分の心の中に閉じ込めただけだった。BISHOPもLegionの心の中に飛び込み年若いX-MEN達を救ったのだが、今度はNateがLegionを操り大暴れ。STORMも彼の配下に置く。最後はJean GreyがNateの心の中に入り説得するのだが、Nateは聞かん坊。昔Scarlet Witchがほとんどのミュータントを無力化したように、彼はX-MENを地球上から消して去ってしまった。

今回も気に入った台詞等を紹介。X-23に対するBlobの台詞から。”What kind of damage can a bootleg WOLVERINE with only four claws manage?” ばったもんのWOLVERINEだけじゃなくて、爪の数が足りないところでX-23をバカにしているのが好き。

この話の最初の方で、政府が開発しているミュータントを治す薬の元がBEASTの研究室から奪われたことがわかっていたのだが、犯人は若きX-MENの一人Anoleだった。彼の思いが台詞に出ている。”I’ve given them a chance.” themは他のミュータントのこと。自分の醜い姿を悲観して、他のミュータントが彼のような醜い姿から解放されるという機会を与えたということ。これをBEASTに話すところにこの台詞の良さがある。彼もAnoleと同じ悩みを抱えているからね。

最後のページで漸くCYCLOPSが登場。X-MENがいなくなってしまったことを知る。遅過ぎ。

何か救われない最後だったのだが、一つだけ救われたのはミュータント嫌いのAllen上院議員が、宗旨替えしたこと。その前のNate相手に劣勢の中、Kittyが彼を救ったシーンも良かったな。ヒーローかくあるべき。

もう一つ救いがあるとすれば、結構この作戦に参加しなかったX-MENもいるわけで、これから彼等が登場するのかな。例えば戦線を離脱したCANNON BALLとかJaimieとかね。

わからないことが多いな。MeganはX-MENじゃないよね。ゲストとしてこれまで出てきたことは多数あるけどね。それから、じゃーNateは死んじゃったんだっけ?

ようやくこの話の続きはAge of X-MANになるとわかったが、今さら注文しないね。

0

2019/2/23

お店の儲けは少ないんじゃないか、渋谷「渋谷 吉法師」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

渋谷区神南1−11−5 ダイネス壱番館渋谷102
2019/02/11

この日は、渋谷でアメリカのアーティストの小さな個展を見に行った。その前にラーメンで腹拵え。渋谷の二つの店を候補に選んだ。最初の店の開店時間まで30分あり、寒過ぎて外では待ち切れずタワーレコード近くにあるこの店へ向かった。冬季限定メニュー、「ホタテ塩バター ホタテをなめるなよ」1,000 yenを注文した。

具は、白葱、玉葱、わからない野菜(画面中央)、バター、鶏チャーシュー×4個、ホタテ×4個、味付玉子×1個。このメニューの主役はホタテなのだが、鶏も柔らかくて結構イケる。贅沢かつ具沢山で、このメニューの原価は結構高くて、儲けが少ないんじゃないかな。

麺は、断面が正方形のストレート麺。お腹が空いていたのかサラッと食べてしまった。

スープは、鶏の清湯にホタテ。バターが溶ける前は非常に淡麗な鶏とホタテのスープが味わえる。時間が経過するとバターが溶けて濃厚な味が広がり、一杯で美味しさ2倍。

ひょうきん族を観たことがない人はこのメニュー名ピンと来ないだろうな。それからこの店名、織田信長の幼少期の名前だね。この店、昔は浅草の方にあったらしい。青いスープのメニューが話題になっていたのを覚えている。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ