2020/7/12

またサイン本を買ってしまった、THOR the WorthyとNew Mutants 25号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

相変わらず、アメコミの新刊が出ない。それを見越してサイン本を買い集めている。今回紹介するのはTHOR the WorthyとThe NEW MUTANTS (“NM”) 25号。

筋書をWalter Simonson、Tom DeFalco、 Kathryn Immonen、画をMike Hawthornem、Sal Buscema、Ron Frenz、Kieth Williams、Tom Reilly、表紙をKim Jacinto。サインはTHORの中興の祖Simonsonがしている。彼のサインだけのためにそこそこお金を払った。この時代の人が好きなんでしょうがないね。今の内にサイン手に入れないと。

ちょっと残念なのは表紙がSimonsonじゃないこと。実はこの本にはvariant coverがあって、そっちはSimonsonが画を描いている。どうせなら、そっちにサインをしてもらって売れば良かったじゃんて思う。

残念ながらTHORの方の中身は読んでいないので内容のレビューは割愛。
クリックすると元のサイズで表示します

NM 25号の筋書をChris Claremont、画をBill Sienkiewiczがそれぞれ担当。表紙もSienkiewicz。サインはClaremont。X-MENの中興の祖のサインを漸く手に入れた。ちゃんと彼がサインした証明書が入っている。因みにこのNM 25号、品質が良くないものでも$7と結構値が張る。何しろ、テレビシリーズLegionの初出号だから。(カメオ出演なので、一般的には次の26号を初出とする専門家もいる。)ただこちらの方の入手先はいつものご用達Mycomicbookshop.comなので、他のアメコミと一緒に送ってくれるから送料分は得した気分だ。

ゲストであるCloak & Daggerが漸くやる気を出して、RobertoとRhaneに憑依した力を取り除くことに成功した。倒すべき敵がいるわけでもなく、ワクワクは少ないが、良くも悪くもSienkiewiczの画が凄いから許せる作品。自分の画に自分でインクを入れてスッゴイ画になっている。これだけでもお得。特にIllyanaの後ろにX教授が描かれているコマが好き。もう黒インク使いまくり。

CloakことTyronの重たいお尻を上げたSamの一言を紹介して終わる。”You can’t let fear run your life. That’s the real shadow. That’s what’ll shrivel your soul if you let it.” 元々Cloakの力だった影。Tyronのその力に対する恐怖こそが本当の影でそれが彼の魂を食い物にするというような感じ。
0

2020/7/11

特製なみの価格だが、お値段以上の満足度、「むぎとオリーブ日本橋店」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

日本橋室町2-3-1コレド室町2B1
2020/07/01

この日はこの辺りに野暮用。お昼時に合わせたので用事の後は当然のラーメン。「蛤・鶏・煮干しのトリプルSOBA」 1,000 yenを注文した。基本のラーメンでこの価格は凄いなと思ったが、後述の豪華な具に納得。お値段以上の満足を得ました。

具は、白葱、ミツバ、ハマグリ×6個、チャーシュー×4枚。ハマグリはそりゃデカくないけどこれだけの数があれば良い。チャーシューは鶏3、豚肩ロース1。ハマグリの上に低音調理のチャーシューをのせたので、品質は最後まで保てたと思う。肉厚の豚は味付けが、アッサリしていて、オシャレ。

麺は、正方形に近い長方形の平打ちストレート麺。食べ応えあり。茹で時間の長いつけ麺より先に出て来て申し訳なかった。

スープは、少なくとも鶏、煮干し。蛤はわからない。最初の2つが強い。鶏の脂はあるが全然気にならない。ミツバのお陰もあるか。あと、店名のオリーブオイルも使っているんだろうな。バランスが良い。鶏が主張し過ぎないのが○(まる)。

秋葉原にある本店は昔並んでいて、いつ入店できるかわからない程だったので、今回この店で味わえて良かった。
0

2020/7/5

Secret Wars II と連携した話、1985年のNEW MUTANTS 37号、38号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します

引き続き昔のThe NEW MUTANTS (“NM”)を読み続けている。今回は37号、38号をレビュー。

筋書をChris Claremont、37号の画をMary Wilshire、38号の画をRick Leonardi、インクをBill Sienkiewiczがそれぞれ担当。添付画像は38号の表紙で、Arthur Adamsの作品。この頃のAdamsの作品は非常に良い。大好き。Leonardiも良いのだが、Sienkiewiczとの相性は良くないな。二人の力がうまくかみ合ったEmma Frostは例外的に非常に良い。

粗筋から。ValkyrieとなったDaniはRoberto以外のNMメンバーに死相が現れていることを発見する。彼等に死をもたらすのは、Beyonder。38号では彼との戦いで精神的に疲労困憊しているかに見えるNM達。これには裏があった。

そう37号は、1985年のMarvel のお祭りSecret Wars II (SW II)と連携した話。(tie-inと呼ばれている。) 元の話を読まないとよくわかんないからあまり好きじゃない。Beyonderは無茶苦茶強いので、Marvelのヒーロー全体を敵に回している。さらに酷いのは37号の続きはSW II 9号を読まないとわからないこと。

死相は、個人個人で違う。明らかにそれだとわかるのは、Dougのそれで、それ以外は宗教的な画で最初気が付かなかった。Dougの死相はreaper(鎌を持った骸骨ね)。その後の彼の死を暗示しているのかと勘違いした

次に台詞。NM 37号からト書き。”In Colorado William and Margaret Proudstar forget they ever had a daughter. In Manhattan Roberto DaCosta forgets his best friends.” このト書きはBeyonderがNMの存在を消し去った後のもの。Stephen Kingの小説みたいで怖い。それから、Daniの両親の名前。Wikiで念のため確認したんだけど間違っているよな。ProudstarはX-MENのTHUNDERBIRD兄弟の苗字だ。そもそも種族が違う。編集者Ann Nocetiしっかりやってくれい。

NM 38号は最初のページから混乱の極み。前号から話が続かなくてピンと来なかった。しかし、読み進めていくとわかってくる。

さて、アメコミのキャラの中でも好きなキャラの一人、EmmaことWhite QueenのMagnetoに対する台詞。”If my intentions were hostile, Magneto, you’d be dead.” こういう思い上がった台詞好きだな。

Beyonderとの戦いの後の精神的なダメージと思われたNMのやる気のなさ。実はEmmaが率いるHellionsの一人Empathのテレパシーの影響。面白い。メンバー一人一人の能力はもしかしたら、Hellionsの方が上かもしれない。
0

2020/7/4

冷やしでないとあり得ない生ハム使用、乃木坂「楽観」の「水晶」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

港区南青山1−15−19
2020/06/23

この日は梅雨の合間で曇り。歩くとちょっとあるので、暑くならないうちに、この店に行くことにした。最初は味噌ラーメンの「鼈甲」狙いだったのだが、どうも辛いらしく、断念。その代わりに季節限定メニューの「水晶」1,100 yenを注文することにした。ジャンルは「冷やし混ぜそば」らしい。なるほど色々皆さん考えるね。初挑戦。

具は、ルッコラ(自信なし。洋風の野菜はわからない。)グレープフルーツ、生ハム×2枚。生ハムは「風」じゃなくて本当のそれ。もう夏の食べ物。こういう冷やしじゃないと絶対無理な肉だな。もうヨーロッパに旅行したかのような具の組合せだ。

麺は、断面が細いストレート麺。ここの店はつけ麺がないので麺は細め。麺の量は結構ある。水でしめているので歯応え十分。

スープの味付けはわからん。バルサミコ酢を使っている。グレープフルーツの酸味と酢の酸味が売りらしいのだが、正直市販の冷やし中華より酸っぱくない。酸っぱいもの嫌いのおいらでも楽勝。香辛料も良い塩梅。夏バテ予防に良さげなラーメン。(否、もはやラーメンではないかもしれない。)

0

2020/6/28

誰も傷つかないサゲは良いが問題は解決してない、Amazing SPIDER-MAN 843(42)、844(43)号  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します

2ヶ月振りにAmazing SPIDER-MAN (“ASM”)を読んだ。ご用達からの5月の末に発送連絡は受けたが、6月21日の時点で到着せず、やむなく池袋のVERSE Comicsにて844(43)号を購入。読み終えたので、先月読んだ843(42)号と合わせてレビュー。(Legacy Numberとカッコ内はSpencer後の号数。)

筋書をNick Spencer、843号の画をRyan Ottley、インクをCliff Ruthburnが、844号のインクの一部にはOttleyも参加。前回に引き続きSPIDER-WOMAN Variantの表紙を添付することにした。BATMANを昔描いていたTony Daniel。やる。SPIDER-WOMANのコスチュームはこの昔のやつが良いな。SPIDER-MANの眼だけ嫌だ。

お次は粗筋の紹介。842号からの続きでKingpinが探し求める宇宙的な力を持つことのできる宝を探しているSPIDER-MANとBoomerangのコンビを怪物Gogが襲う。Gogは地表に出ても大暴れ。ニューヨーク市長としてふんぞり返っているKingpinが軍隊を率いて迎え撃つ。

Spencerが得意なのはユーモラスな会話。今回もBoomerangの台詞の後にSPIDER-MANが上手く乗っている。”He’s about to have two superhero deaths on his conscience.” “One and a quarter.” SPIDER-MANがBoomerangをヒーローと見做していないことは明らか。前者は英語の表現として参考になる。

843号の半分は何でGogが宝The Lifeline Tabletの破片と共に現れたかが語られる。光文社版の話や、その後Sinister Sixに利用された話なんかが紹介される。これで半分のページを使われ、話が先に進まない。最近のアメコミの悪い癖。

ただし、落語の三題話のように、Gogとお宝が何で一緒なのかという理由が楽しいかな。(悲しい話ではあるが…。)

844号。Ottleyの描くSPIDER-MANは好きではないが、蜘蛛糸は良いな。昔のMcFalaneが描いたそれのようだ。

前半分で、何でデカいGogが小さくなって、また大きくなったのか、ピンと来なかったが、Pym Particleのお陰なんだな。

SPIDER-MANがKingpinの軍隊を止めようとする台詞。”Gog’s just confused, he’s not trying to hurt anyo(ne)” ここで、SPIDER-MANはGogにぶん殴られて、遠くまで飛ばされちゃう。コマ割りを含め好き。

巨大化したGogを抑え込む方法を考え出したSPIDER-MANは良いな。結局誰も傷ついていない最後のサゲ(オチ)は大好き。

しかし、だ。お宝探しはどうなっちゃったんだ? Kingpinは納得したのかなど。中途半端な終了には納得していない。

最後の2ページのSin-eaterと閉じ込められている物凄い力のやつは気になる。
0

2020/6/27

てるてる坊主形なワンタンの歯応え良し、九段下「中華そば二階堂」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します
千代田区飯田橋2−3−7
2020/06/16

この日は、飯田橋辺りで野暮用。お昼は当然のラーメン。涼しそうな冷やしもあったんだが、良さげな店で「冷やし」を最初から注文するのは、それこそ野暮。考えた末「ワンタン麺」930 yenを注文した。

具は、メンマ、青葱、白葱、ワンタン×4個、チャーシュー×1枚。ワンタンの皮は噛み応えを意識した形なのかな。てるてる坊主形なのはカワイイ。豚挽きの味わいも良し。肩ロースのチャーシューも大きくて良かった。

麺は、断面が長方形の普通の太さの麺。メニューには細麺と書いてあるが、つけ麺の麺と比較してのことだろう。ワンタンの噛み応え良かったのだが、しっかりした噛み応えの良い麺。

スープは、丸鶏と醤油。シンプルな飽きがこないタイプ。ちょっと量が多かったので残したが、美味しくなかったわけじゃない。最初の一口は醤油の味が引き立っていたな。醤油が美味しい。

イリコ出汁の冷やしは本当に今でも気になる。
0

2020/6/21

MagnetoがNEW MUTANTS の先生になっちゃった1986年の珍事  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します

今回のThe NEW MUTANTS (“NM”)は御用達Mycomicbookshop.comが一時的に営業を停止していたため、やむなく新しい小売店から注文したもの。初めてであまり冒険しちゃいけないな。最初はNM 35号。

筋書をChris Claremont、画をMary Wilshire、インクをBill Sienkiewiczがそれぞれ担当。添付画像は中身と同じコンビによるもの。Sienkiewiczにかかるとインクでも鉛筆描きした人の力量を圧倒しちゃう。Wilshireがちょっと可哀そう。彼女はPower Packとか担当した人みたいだ。

本編に行く前に、この前の号の話をサラッと紹介。KARMAがShadow Kingに憑依されNMの面々を子分にして好き放題。Shadow KingはX-MENの敵としてはあまり好きじゃないのと、画の担当がSteve Leialohaって人で、好みから外れた人なのでレビューを飛ばした。Shadow Kingの話はいつも後味が悪い。

そして今回の粗筋。突然Magnetoが現れXavierに代りにNMを教える教師となると宣言する。元々悪人である彼を信用できないRobertoを筆頭とするNMのメンバー。そして、彼を受け入れることになるある事件が発生する。

Magnetoが、自分がNMの先生となることを納得させるために伝えた台詞。”Consider it in a sense that the path I walk to my redemption.” これまでの過ちへの贖罪らしい。ちょっと自分視点で相手から見た場合の視点が欠けている。そしてそう言っている割にはまた、この数年後に再び悪人になっちゃう。笑える。

Daniは1985年のSpecial Editionで、Valkyrieになっちゃっている。Special Editionを持っているのだが、昔読んだっきりなので内容を覚えていない。そのころのArt Adamsの画はそりゃ素晴らしかった。今の彼の画風より昔の方が好きだな。

そのValkyrieとしての彼女の一面が再度現れたのがこのNM 35号。Daniが暴漢に襲われた時に、どこからともなく現れたのが、彼女の愛馬。しかし、不意を突かれたからと言って、これまでのトレーニングで培われた運動能力を発揮できないのは納得できない。この馬の登場のための設定だとしたら渋々受け入れることはできる。

トレーニングで言えば、Dougが最初のトレーニングから外されるシーン。Daniだとて外面的なミュータントとしての能力があるわけじゃない。それなのに、Dougだけが外されるのはおかしい。

それから、Robertoに対してHellfire Clubの一員になっちゃえば的な軽口を叩くのだが、それは彼らしくない。

0

2020/6/20

インドで日本のラーメン屋さんが店を出したらこんな感じ、新宿御苑前「スパイスらぁめん釈迦」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

新宿区新宿1−32−15
2020/06/10

この日は梅雨入り前の最後の晴れの日。半休を取って新宿御苑のラーメン屋さんに向かった。本当は復活したあの店目当てだったのだが、水曜日は定休日だった。控えでお目当てと同じ女性店長のこの店を訪問した。「天空の極み」1,070 yenを注文した。

具は、メンマ、青葱、モヤシ、チャーシュー×3枚、味付玉子×1個。正直「極み」である必要はなかった。麺の量だけでも結構あって、チャーシューを食べ切るのが大変だった。このバラ肉の甘過ぎない味付けは好みだし、炙ってあって非常に美味しいのに。しかもデカい。

麺は、断面が長方形の極太縮れ麺。量が多い。200gはあるな。縮れているとボソボソしがちなんだけど、ここのはモッチリしていて好印象。さすが麺や庄のグループ。麺にも手を抜いていない。

手を抜いていないといったらスープもそうだ。複雑な味は沢山のスパイスが調合されているのであろう。かなりスパイシー。(辛いという意味でなく、沢山スパイスが入っている。)カレーとは一線を画す。カレーよりもっと健康に良さそうだし。インドで日本のラーメン屋さんが店を出したらこんな感じじゃないかな。

パクチーを入れて良いか聞いてくれて助かった。パクチーは絶対嫌だ。その辺押しつけがなくて、嬉しい。また来店したくなった。
0

2020/6/14

CLOAK and DAGGER登場篇、80年代のNEW MUTANTS 23号、24号  アメコミ タイムマシーン

クリックすると元のサイズで表示します


コロナの影響からアメリカでは新刊が発売されない。いよいよ読むアメコミがなくなってきて、緊急避難的に買ったThe NEW MUTANTS (“NM”) 23号、24号をレビュー。

筋書をChris Claremont、画をBill Sienkiewiczがそれぞれ担当。添付画像は24号のもので、同じくSienkiewiczの作品。今回は特に考えがなかったな。NMを襲う謎の敵とNMの図。

いつものように粗筋。Robertoに憑依する何者か。彼を屋敷に連れ帰ろうとしたCOLOSSUSとの間で戦いが始まり共倒れに。この事件にはRhaneの悪夢にも関連があった。夢遊病のRhaneの後を追ったDaniとSamは、力を失ったCLOCKとDAGGERに行き着いた。

次に気にいった台詞やシーン等を紹介。まずはCOLOSSUSことPeterがチェスが得意なこと。超ステレオタイプな設定で笑える。ロシア人はみんなチェスが好きなのか。もう一つステレオタイプな表現。バーでの喧嘩。酒も呑んでないのに喧嘩とは。

Daniを抱え空を飛んでいるSam。二人の会話。Daniの絶対的信頼を表す台詞、”I have faith in you, Sam.” それに対しいつも自信がないSamは、”That makes one of us.”と答える。英語の常套句、”That makes two of us.” を捩った言葉。

CLOAK and DAGGERの出現は読んだことがないMarvel Team Up Annual 6号から続いてらしい。そして、伏線のMagnetoの登場は読んだことのあるUncanny X-MEN #150の後日談。この号が発売されたころはいつも金欠だったので、NMまで手が回らなかった。買っていればもっと世界が広がったな。

NM 24号はそれ程進展なし。どうやら、Robertoに憑依していたのはCLOAKの力らしい。同じくRhaneにもDAGGERの力が宿っていて、それが顕在化すると彼女が大人の女性に変っちゃうのが良いな。

逃げ腰なCLOAKに対し力を失っていてもDAGGERは前向き。そもそもの本来の彼等の目的をCLOAKに説得しようとする台詞。”We say we champion kids in trouble. Yet we’re not doing a blessed things for the two who need us most!” “champion”は所謂チャンピオンじゃなくて、この場合は擁護するという意味の方。こっちの意味をわかっていると会話に使える。

0

2020/6/13

でかい油揚の甘過ぎない味付けが好き、芦花公園「中華蕎麦きつね」  ラーメン

クリックすると元のサイズで表示します

世田谷区南烏山3−3−1
2020/06/05

この日は、ワーキングフロムホーム。お昼ご飯は、前から狙っていた芦花公園のラーメン屋さんに直行。「濃厚中華蕎麦」850 yenを注文した。

具は、メンマ、青菜、玉葱、ナルト、油揚げ×1枚、チャーシュー×1枚。写真では沈んでいるので、よくわからないが、油揚げがでかい。お揚げの上と下でスープの温度が全然違う。期待通りに甘めの味付け。甘過ぎず好き。スープの味と対照的で楽しい。チャーシューは肩ロース。美味しいがお揚げのインパクトに敵わない。

麺は、三河屋製麺製。断面は長方形で、普通の太さか、やや太い麺。注文しなかったが、ここの売りのお稲荷さんとセットで食べると丁度お腹がいっぱいになる量なのかな。

スープは、鶏白湯に魚介。鰹の香りが濃い印象。確かに濃厚だった。しつこくないのが嬉しいね。そして、獣臭さなし。初回は本当だったら濃厚じゃない方を注文するんだろうな。その時の気分が「濃厚」だったんだから構わない。

三河屋製麺の麺を使った店にハズレなしの法則はまたも証明された。

しまった、この店のお稲荷さん、食べないと駄目っぽいな。また行くぜ。
0



teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ