2016/11/27

登場人物の台詞が良いね、Extraordinary X-MEN  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
Extraordinary X-MEN (“ExX”) 14号〜15号をレビュー。筋書をJeff Lemire、画をVictor Ibanezがそれぞれ担当。添付画像は、図案が面白いからExX 14号の表紙を採用。Humberto Ramosの作品。

粗筋さらっと紹介。Apocalypseの僕となってしまったCOLOSSUSは、その後を追ったICE MANとNIGHT CRAWLER (“NC”)と対決。STORM、MAGIKは、次元から次元へと移動し、ミュータントの子供Sapnaの後を追う。行く手を遮るのは自分たちの故郷を奪われた生存者たち。そして、Sapnaに出会ったのも束の間、彼女にMAGIKは剣を奪われてしまう。

毎度おなじみ、気に入ったシーンや台詞等を紹介。このLemire、相変わらず台詞回しが上手で楽しいな。まずは、COLOSSUSのNCに対する台詞。”Your blind faith always was your great weakness.”。優しかったCOLOSSUSが悪人となると非情になる。そんなことが伺える台詞とその後の行動。その後のNCの台詞の中ではこのfaithを使って昔のCOLOSSUSに戻すことへの信念を表現している。

15号でのMAGIKの台詞。散々泣いた後に、意を決しリンボに戻ろうと決心したMAGIK。”Tell anyone I cried, and I will dismember you.” (誰かに泣いたことを言ったら切り刻んでやる。)dismemberは手や足を切り離すという意。その後のSTORMの台詞が温かい。”That’s my girl.”(それでこそ、我が娘ね。よく親子の間で使われる言葉だけど、X-MENは家族みたいなものだから、全然違和感なし。)

14号での一番楽しいシーン。ApocalypseがFORGEに、自分の僕になるよう語り掛けるシーン。わざわざ、檻の扉を開けダクトテープでApocalypseの口をふさぐ。アニメでよく使う手だけど、大人がこれを使うと楽しいね。

15号でもしきりに、Apocalypseは自分を解放するようFORGEに語り掛けている。その中の一つ。”It is only a matter of time until you start begging.”囚われの身であるはずなのにも関わらずApocalypseの自信が感じられる台詞だな。

World Eaterなるものに憑依されたSapna。いずれにせよ、MAGIKの剣が狙いだったのか。この剣ってMAGIKとその兄COLOSSUS以外は使えなかったんじゃなかったっけ?(うろ覚え。)

Ibanezの画にだんだん慣れてきた。結構良い画がある。ExX 15号2ページ目のMAGIKを気遣うSTORMの表情が非常に良い。
0




※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ