2017/11/5

二人の小悪党の演技が良かった、THOR Ragnarok  アメコミ

クリックすると元のサイズで表示します
THORの新作を三連休の初日に観てきたので、レビュー。アメリカと同時公開のため、ネタバレを気にしなくて良いので嬉しい。

まずは、粗筋から。死を司る邪神HelaはAsgardを乗っ取り、他の世界も征服しようと企む。彼女に追い払われたTHOR とLokiは仲間と共に再度Asgardへと向かい、再びHelaの軍団と戦う。

他のMarvel Cinematic Universe (MCU)の作品と同じく、全般に明るく、冗談が多かったのが良いか。比喩で使っているが、肛門がAsgardへの近道ってのは笑える。

MCUのTHORは明るくて良いな。HULKとBruce Banner両人格のご機嫌を取るための方便は楽しい。HULKとどちらが強いかということに拘りを見せる彼は可愛くもある。AVENGERSの飛行機のコンピュータへの認証パスワードをStrongest Avengerと素直に言うシーンは好き。そして、Bannerがその言葉を使ったら認証されてしまうオチも良し。何度となく、Lokiが実体かどうかを確かめるため、THORがものを投げるシーンが伏線だと後で気づかされるのも好き。

また、Jane Fosterとの恋が上手くいかなかった点についても、強がって、お互いの意思で別れたかのように言い訳するシーンも良いね。

勿論、Hela役のCate Blanchettも良かったのだが、小悪党のGrand MasterとLokiを演じた俳優の演技が飛び抜けて良かった。前者の外見は悪そうに見えないし、印象の悪い言葉を使わせないようと気にしているが、やっていることは奴隷を使った興行主だもんね。最後の最後のシーンの反乱軍に、「引き分け」と抜け抜けと言うシーンは凄い。

後者は、今回もお決まりの裏切りを平然と繰り返す。HULKと再会したときの彼の表情、THORが足を掴まれ床に叩きつけられた後の演技は見ていて楽しい。(最初の映画AVENGERSを忘れていない人は、このシーンが好きなはず。 )

最後にHelaを倒すため、Surturの王冠を取りに行く途中、LokiがCosmic Cube (Tesseract)を発見し、喜ぶシーンは次回作への伏線か。彼は、くすねているでしょう。

Mjolnirを失ったことが、恋人を失ったと例えられたことをTHOR自身もが認めている。Mjolnirとは一体何なのかのOdinの解釈は面白い。これはTHORとは一体何なのかの問いの裏返しでもある(この問は、漫画の中では何度となく繰り返されている。)雷神の力の源はなんなのか。

Led ZepのImmigrant Songは劇中二度使われているのだが、やっぱ戦闘シーンに合い過ぎてるな〜。聞きながらノリノリだった。

疑問な点。HULKが長いことHULKのままどうしてなんだろう。また、今度HULKになったら、Bannerに戻れないという説明がされていなくてわからない。

それから、バトルロイヤルは日本だけの副題と思いきや英語サイトでも使っている。Ragnarokとどっちが正しいんだ。

Mjolnirが壊れっぱなしはどうかな。

Helaはunworthy(Mjolnirを持つに値しない)でしょう。何でかつてMjolnirを掲げることができたの。

Lady Sifの登場がなかったのが残念。Valkyrieを演じていた女優さんが悪いわけじゃないんだけどね。

勝手評価B-。
0



2017/11/8  21:17

投稿者:アメコミとラーメン

ビートルさん:コメントをいつもありがとうございます。
Walt Simonsonさんがこの映画を観て、出典が頭によぎって気が殺がれてたと言っていました。(だけど凄く楽しんだらしいです。)ビートルさんがおっしゃるように面白いですよね。最近のMarvelの映画は楽しさを前面に出しています。

2017/11/8  11:38

投稿者:ビートル

新旧コミックネタを織り交ぜた上にプラネットハルクまでブチ込んだモジョバースみたいな空間だなと思いました。(小並感)
なんかコズミック系の方が事態は深刻なはずなのにオモシロイオジさんと男前なお姐ちゃん達だけで宇宙は回っているカンジ、いや面白いからいいンだけど


※投稿されたコメントは管理人の承認後反映されます。

コメントを書く


名前
メールアドレス
コメント本文(1000文字まで)
URL




teacup.ブログ “AutoPage”
AutoPage最新お知らせ